愛知揆一とは?

愛知揆一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/20 07:00 UTC 版)

愛知 揆一(あいち きいち、1907年10月10日 - 1973年11月23日[2])は、日本大蔵官僚政治家。初め参議院議員、後に衆議院議員に転じ、外務大臣大蔵大臣などを歴任。




注釈

  1. ^ ともに第25回卒業生。ただし岡原は、小学校・中学校でそれぞれ1年ずつ飛び級しており、愛知よりも実年齢では2歳年下になる。
  2. ^ 中島『巨星墜つ』によれば、愛知急逝の報を受けて慶應病院に駆けつけた二階堂進内閣官房長官は、「22日(11月22日、入院・死去の前日)の閣議では補正予算案を説明したが、その前に開いた緊急石油対策推進本部の会議ではひとことも発言しなかったので、問題を深刻に考えているんだろう、ぐらいに考えていた。しかし今から思えば、あの時既に疲れ切っていたんだろう。」と述べ、激務に斃れた愛知を思いやったという。
  3. ^ 現職閣僚の死亡は、1945年(昭和20年)の阿南惟幾陸軍大臣の死亡(自決)以来28年ぶりのことだった。

出典

  1. ^ 上田正昭、津田秀夫、永原慶二、藤井松一、藤原彰、『コンサイス日本人名辞典 第5版』、株式会社三省堂、2009年 2頁。
  2. ^ a b c 愛知揆一(あいちきいち)とは”. コトバンク. 2019年8月3日閲覧。
  3. ^ a b c d e 中島信吾『巨星墜つ:百年の逸材:仙台二高』。
  4. ^ 『日本官僚制総合事典』東京大学出版会、2001年11月発行、285頁
  5. ^ a b c d e f 愛知 揆一(アイチ キイチ)とは”. コトバンク. 2019年8月3日閲覧。
  6. ^ 「故愛知外相の通訳です 女性から渡仏費用搾取」『朝日新聞』昭和49年9月9日夕刊、3版、9面


「愛知揆一」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「愛知揆一」の関連用語

愛知揆一のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



愛知揆一のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの愛知揆一 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS