広田弘毅とは?

廣田弘毅

廣田弘毅
総理在職期間
     昭11. 3. 9~昭12. 2. 2331
総理就任時年齢:58歳

広田弘毅 ひろた こうき

広田弘毅の肖像 その1
明治11年2月14日昭和23年12月23日 (1878~1948)

福岡県生まれ。外交官、政治家。父が石屋養子となり、広田姓を名乗る第一高等学校東京帝国大学卒業後、外務省に入る。大正12年(1923)欧米局長その後オランダ公使ソ連大使等を歴任し、昭和8年(1933)斎藤内閣内田外相後任として入閣岡田内閣では留任11年(1936)3月2・26事件後の組閣で首相に就任するが、翌年1月には総辞職した。同年貴族院議員となる。第1次近衛内閣外相就任戦後A級戦犯となり極東国際軍事裁判文官としてはただ一人死刑となった。

キーワード 外交官, 政治家, 首相

(注:この情報は、国立国会図書館ホームページ内の「近代日本人の肖像」の内容を転載しております掲載内容の複製については、国立国会図書館の許諾を得る必要があります。)

広田弘毅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/28 04:10 UTC 版)

広田 弘毅(ひろた こうき、旧字体:廣田1878年明治11年)2月14日 - 1948年昭和23年)12月23日)は、日本外交官政治家勲等勲一等。旧名は丈太郎(じょうたろう)。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 広田弘毅伝記刊行会編『広田弘毅』などでは正式な社員とならなかったとしており、『落日燃ゆ』などでも踏襲されているが、服部龍二は玄洋社記念館の館報『玄洋』第2号の記述から広田が正式な社員になったとしている(服部、4-6、16p)。また東京裁判開廷前のキャルプーン・フェルプス大尉による尋問では「イギリスから帰ったとき青年教育のために入社するよう求められ、改めて社員になった」と供述している(服部、229-230p、『国際検察局尋問調書』第28巻よりの引用)。
  2. ^ 伊藤博文原敬を代表するように、明治以降は業績主義が徹底していたが、首相は士族や富農の出がほとんどである。
  3. ^ 当時は貴族院改革が問題となっており、華族議員の削減が議論となっていた。服部龍二は天皇の発言をこの問題をふまえたものではないかとしている。服部、190-191p
  4. ^ 総辞職直前の閣議前に、「閣議で陸海軍大臣が論争するようなことがあっては面白くない」と西園寺の秘書原田熊雄に語っている。(服部、145p、原田熊雄『西園寺公と政局』よりの引用)
  5. ^ 広田弘毅の訓電を受けた日高信六郎は7月17日夜、王寵恵外交部長を訪ねて公文を手渡し「日支間の平和を維持するためには、何はともあれ7月11日の現地停戦協定を実行して事件の拡大を阻止することが最緊要である。また現地におげる日支両軍の兵力は、日本側が比較にならぬほど少ない(支那駐屯軍・5774名)ものであるから、事件の勃発以来、現地の事態が切迫したために日本側では居留民の保護を十分にするためだけ ではなく、駐屯軍の安全のためにも増援部隊を送る必要に迫られているのである。従ってまず、現地で停戦協定を実行して空気を緩和することが重要である。こういう時に当たって南京政府が北支に増兵することは事態拡大の危険性をもっとも多く含むものである。ゆえに現在、盛んに北上しつつある国民政府・中央軍を速やかに停止して欲しい」と述べた。これは英訳して「在南京の英米大使」にも送られた。
  6. ^ この時有田に対し「黙っていても、上海に来ている、南京側の者をはじめ、いろいろな人が、自然君に接近してくるだろう。そんなところから蒋介石との交渉の端緒をつかみたいと思っている」と語っている。服部、164p(有田八郎『馬鹿八と人はいう』より引用)
  7. ^ 広田とディルクセンは同時期に駐ソ大使を務めており、両者の間には交友があった。
  8. ^ 尋問調書が米国の国立公文書館に保存されている。以下、内容については2007年8月13日放送のNHKスペシャル「A級戦犯は何を語ったのか ~東京裁判・尋問調書より~」による。尋問調書は英文で180ページに及ぶ。
  9. ^ 当時駐華大使館の参事官であった日高信六郎は閣議に持ち出すことは「逆効果であったろう」として、広田が最も有効な手段をとったとしている。服部、184-185p(広田弘毅伝記刊行会編『広田弘毅』よりの引用)
  10. ^ 木戸は裁判で終身刑になっている。ただし、木戸が弁明に努めた背景には、「天皇側近の木戸に対する判決は天皇への判決に等しい意味を持つ」と木戸らが見ていたこともある。
  11. ^ 特に多かったのが郷里である福岡での7万2千、東京での3万人。
  12. ^ 広田自身は息子を通して、嘆願書は絶対に出してはいけないという声明を出した。
  13. ^ 東條英機の孫娘・東條由布子も「東條英機は不当な東京裁判の犠牲者であり、英霊として靖国神社に祀られるべき。分祀には絶対反対」と述べている。
  14. ^ 広田は閣議で「犠牲を多く出したる今日、斯くの如き軽易なる条件を以ては之を容認し難き」と述べている。175-176p(『支那事変戦争指導史』よりの引用)。
  15. ^ トラウトマン工作提示の際に、広田は戦争が継続される場合にはこの条件ははるかに加重されるであろうと強調した(「日独伊三国同盟の研究」85・86ページ)。
  16. ^ 長らく、「天満宮」の扁額が広田11歳の筆になるものと言い伝えられてきた。水鏡天満宮外の説明板には小学校1年生の時に「天満宮」の扁額を書いたと記されている。
  17. ^ 当時の宮内省は内閣から独立していた。
  18. ^ 言語学的には「B」と「M」は共に口唇音であり、「さびしい」が「さみしい」へと変化したように混同しやすいとされている。

出典

  1. ^ 服部、13-14p
  2. ^ 服部、16p
  3. ^ 服部、17p
  4. ^ 服部、17-19p
  5. ^ 服部、22-23p
  6. ^ 服部、75-80頁
  7. ^ 服部、93-94p
  8. ^ 服部、96-97p
  9. ^ 外務省『日中歴史共同研究』http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/china/rekishi_kk.html 戸部良一「第2部第1章:満洲事変から日中戦争まで 」http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/china/pdfs/rekishi_kk_j-2.pdf
  10. ^ 昭和19年10月6日『毎日新聞』7面「国事に尽くした90年、無官の国士逝く」広田弘毅
  11. ^ 服部、137-139p
  12. ^ 『官報』第3121号、昭和12年6月1日。
  13. ^ 服部、156-160p
  14. ^ 服部、161p
  15. ^ 服部、175p「北平大使館記録」よりの引用
  16. ^ 服部、190-191p
  17. ^ 服部、201-202p
  18. ^ 服部、204p(原田熊雄『西園寺公と政局』第八巻よりの引用)
  19. ^ 服部、
  20. ^ 服部、211-212p(昭和天皇の発言は『昭和天皇独白録 寺崎英成・御用掛日記』よりの引用)
  21. ^ 「泰へ同盟慶祝答礼使節 特派大使、広田弘毅氏 補佐に矢田部全権大使 近く出発」『大阪毎日新聞』1942年6月21日付。神戸大学経済経営研究所「新聞記事文庫」収録
  22. ^ 服部、215p(『玄洋』14号、末永信夫『広田先生と浩々居時代の私』よりの引用)
  23. ^ 長谷川毅『暗闘(上)』中公文庫、2011年、p225 - 227
  24. ^ 服部、225p(『昭和天皇独白禄 寺崎英成・御用係日記』よりの引用)
  25. ^ 服部、232-233p(『国際検察局尋問調書』第28巻よりの引用)
  26. ^ 服部、256-262p
  27. ^ 服部、259-265p
  28. ^ 竹内正浩『「家系図」と「お屋敷」で読み解く歴代総理大臣 昭和・平成篇』(実業之日本社、2017年)p.57
  29. ^ “東京裁判で処刑された唯一の文官、広田弘毅元首相の孫・弘太郎さん語る 「評価は歴史がする」”. 産経新聞 (産経新聞社). http://www.sankei.com/life/news/151230/lif1512300011-n3.html 
  30. ^ 服部、155p(石射猪太郎『外交官の一生』よりの引用)
  31. ^ 服部、194-195p(『猪木正道著作集』第四巻、岩見隆夫『陛下の御質問 昭和天皇と戦後政治』よりの引用)
  32. ^ ベルト・レーリンク『レーリンク判事の東京裁判―歴史的証言と展望 』1996年
  33. ^ 『巣鴨日記』(「文藝春秋昭和27年8月号掲載)より。
  34. ^ 『官報』第8454号「叙任及辞令」1911年8月25日。
  35. ^ 『官報』第1846号「叙任及辞令」1918年9月27日。


「広田弘毅」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「広田弘毅」の関連用語

広田弘毅のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

画像から探す

熊谷直彦

柴山五郎作

大山捨松

五代友厚

津田梅子

平沼騏一郎

加藤高明

豊田佐吉





広田弘毅のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
首相官邸首相官邸
Copyright (C) 2018 首相官邸 All rights reserved.
内閣制度と歴代内閣
国立国会図書館国立国会図書館
Copyright (C) 2018 National Diet Library, Japan. All Rights Reserved.
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2018 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの広田弘毅 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS