田中耕太郎とは?

田中耕太郎

以下の映画田中耕太郎関連しています。


田中耕太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/02 17:58 UTC 版)

田中 耕太郎(たなか こうたろう、1890年明治23年)10月25日 - 1974年昭和49年)3月1日)は、日本法学者法哲学者。東京帝国大学大学法学部長、第1次吉田内閣文部大臣、第2代最高裁判所長官国際司法裁判所判事日本学士院会員。日本法哲学会初代会長。文化勲章勲一等旭日桐花大綬章を受章。大勲位菊花大綬章を没後叙勲[1]正二位を追贈された。




  1. ^ 日本国憲法施行後、皇族内閣総理大臣経験者を除き、唯一の大勲位菊花大綬章受章者である。また、生前に勲一等旭日桐花大綬章文化勲章を受章したのは、田中と横田喜三郎のみである。なお、栄典制度改革後は井深大が生前に文化勲章、没後に勲一等旭日桐花大綬章を受けている。
  2. ^ 最高裁判所裁判官就任後に閣僚に就任した例は高辻正己1973年から1980年まで最高裁判所裁判官に在任し、1988年法務大臣に就任した例がある
  3. ^ 管賀江留郎「道徳感情はなぜ人を誤らせるのか」(洋泉社)368頁
  4. ^ 野村二郎「日本の裁判史を読む事典」(自由国民社)26頁
  5. ^ 『思想検事』(荻野富士夫、岩波新書、2000年9月) P194、P201
  6. ^ 『「米軍違憲」破棄へ米圧力 59年の砂川裁判 一審判決直後 解禁文書で判明 駐日大使 最高裁長官と密談』しんぶん赤旗
  7. ^ 『砂川裁判:米大使、最高裁長官と密談 破棄判決前に』毎日.jp 2008年4月30日
  8. ^ 最高裁長官「一審は誤り」 砂川事件、米大使に破棄を示唆 共同通信2013年1月17日
  9. ^ 砂川事件:米に公判日程漏らす 最高裁長官が上告審前(1/2) 毎日新聞2013年4月8日
  10. ^ 例として、不法に入国した外国人であっても、国内に在留する限りは生命・自由・財産等は保障されなければならないことを挙げている。
  11. ^ 最高裁昭和34年12月16日大法廷判決
  12. ^ 『憲法判例百選II[第5版]』210事件有斐閣
  13. ^ 山本祐司「最高裁物語(下)」(講談社a文庫)425頁
  14. ^ 野村二郎「日本の裁判史を読む事典」(自由国民社)27頁
  15. ^ 砂川事件 再審請求 元被告ら「公平な裁判侵害」 東京新聞2014年6月17日
  16. ^ 「筆洗」2013年4月10日付け
  17. ^ 飯守重任』 - コトバンク


「田中耕太郎」の続きの解説一覧



田中耕太郎と同じ種類の言葉


固有名詞の分類

東京大学の教員 大串和雄  原広司  田中耕太郎  城塚登  長神悟
日本の法学者 高窪利一  松本恒雄  田中耕太郎  植松正  井上孚麿
貴族院勅選議員 永山武四郎  藤村紫朗  田中耕太郎  秋山源兵衛  藤沼庄平
日本の内務官僚 白根竹介  有松英義  田中耕太郎  藤沼庄平  古賀廉造
日本の文部官僚 佐々木正峰  内田晋斎  田中耕太郎  阿部泰蔵  橋本伸哉
日本の最高裁判所裁判官 河村又介  藤林益三  田中耕太郎  竹崎博允  才口千晴
法哲学者 ゲオルグ・イェリネック  菅野喜八郎  田中耕太郎  江木衷  イマヌエル・カント
鹿児島県の政治家 市来乙彦  仙波敏郎  田中耕太郎  米沢隆  和泉照雄
国際司法裁判所 レオニド・スコトニコフ  田中耕太郎  小田滋  田岡良一  小和田恆

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「田中耕太郎」の関連用語

田中耕太郎のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



田中耕太郎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの田中耕太郎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS