公務執行妨害とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 妨害 > 公務執行妨害の意味・解説 

公務執行妨害

読み方:こうむしっこうぼうがい

公務員職務遂行暴行脅迫などにより妨げること。および、その罪。

公務執行妨害は刑法第2編第5章・第95条において次のように規定されている。

(公務執行妨害及び職務強要
第九十五条   公務員職務執行するに当たり、これに対して暴行又は脅迫加えた者は、三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金処する
2   公務員に、ある処分をさせ、若しくはさせないため、又はその職を辞させるために、暴行又は脅迫加えた者も、前項と同様とする。
同第5章は「公務の執行を妨害する罪に関する規定であり、第5章の規定(第95条から第96条の6まで)を広義の公務執行妨害として扱う場合少なくない

関連サイト
刑法 - e-Gov

公務執行妨害(こうむしっこうぼうがい)

暴行脅迫によって公務員職務執行妨害する犯罪

公務員職務を行っているときに、わざとその執行をじゃますると刑法犯罪公務執行妨害罪成立する。このとき、暴行または脅迫加えることが要件となっている。

事件容疑者警察官から現行犯逮捕求められたときに抵抗すると、容疑者身柄拘束という警察官職務執行妨害することになるので、公務執行妨害罪成立する。また、警察官から職務質問を受けたとき、警察官制止振り切って逃げ出そうとしただけでも、そのとき暴行認められれば犯罪成立する。

このほかにも、裁判所執行官による差し押さえや、税務署員の立ち入り調査なども公務範囲内とされている。

公務員社会秩序維持任務ひとつとしているため、その職務執行は、国家的法益として法律手厚く保護されている。その結果として、国家権力適正な作用保障されるわけだ。

ちなみに公務執行妨害罪法定刑は、3年以下の懲役または禁固で、罰金刑はない。したがって、犯罪成立すると、罰金では済まない刑罰を科されることになる。

(2001.08.28更新

掲載情報の更新について(2010年07月30日)
上記の掲載内容には、一部古い情報がございます。最新の情報は下記の通りです。
▼ 法定刑

× 罰金刑はない。

 平成18年度の法改正により罰金刑も設けられています。


公務の執行を妨害する罪

(公務執行妨害 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/11 07:49 UTC 版)

公務の執行を妨害する罪(こうむのしっこうをぼうがいするつみ)は、刑法に定められた国家的法益に対するで、国家作用に対する罪のうち公務に対する罪の総称[1]




  1. ^ 林幹人 『刑法各論 第二版 』 東京大学出版会(1999年)426頁
  2. ^ 林幹人 『刑法各論 第二版 』 東京大学出版会(1999年)426頁
  3. ^ 最判昭和28・10・2刑集7巻10号1883頁
  4. ^ 最決昭和33年3月28日刑集12巻4号708頁
  5. ^ 林幹人 『刑法各論 第二版 』 東京大学出版会(1999年)437頁
  6. ^ 最高裁判所判決昭和32年12月13日刑集11巻13号3207頁
  7. ^ 最判昭和32年1月22日刑集11巻1号5頁
  8. ^ 最決昭和28年12月10日刑集7巻12号2418頁
  9. ^ 最判昭和32年1月22日刑集11巻1号5頁
  10. ^ 最判昭和32年1月22日刑集11巻1号5頁


「公務の執行を妨害する罪」の続きの解説一覧



公務執行妨害と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「公務執行妨害」の関連用語

公務執行妨害のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



公務執行妨害のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2020 時事用語のABC All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの公務の執行を妨害する罪 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS