強要罪とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 強要罪の意味・解説 

きょうよう‐ざい〔キヤウエウ‐〕【強要罪】

本人または親族生命身体・自由・名誉・財産に害を加えると脅迫し、または暴行によって人に義務のないことを行わせ、もしくは権利行使妨害する罪。刑法223条が禁じ、3年以下の懲役に処せられる。


きょうよう‐ざい キャウエウ‥ 【強要罪】

〔名〕 人に危害加えと言って脅したり、暴行加えたりして無理やり義務のないことをやらせ、また、権利行使妨げたりすることによって成立する罪。刑法第二二三条に規定強制罪


強要罪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/19 23:59 UTC 版)

強要罪(きょうようざい)とは、刑法で規定された個人的法益に対する犯罪権利の行使を妨害し、義務なきことを強制することで成立する。保護法益は、意思の自由。「刑法 第二編 罪 第三十二章 脅迫の罪」に、脅迫罪とともに規定されている。


  1. ^ 『デイリー六法2016 平成28年版 』三省堂、2015年10月16日。1856頁。ISBN 4-3851-5959-9
  2. ^ 昭和28年11月26日 最高裁判決
  3. ^ 「しまむら店員に土下座強要」で「炎上」した女性が逮捕 Huffington Post Japan
  4. ^ 平成27年3月18日 大津地方裁判所


「強要罪」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「強要罪」の関連用語

強要罪のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



強要罪のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの強要罪 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS