詐欺罪とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 犯罪 > > 詐欺罪の意味・解説 

さぎ ざい [2] 【詐欺罪】

他人錯誤に陥れ、その財物をだまし取り、またそれにより財産不法利益を自ら得るか他人に得させることによって成立する罪。

詐欺罪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/21 22:28 UTC 版)

詐欺罪(さぎざい)とは、人を欺いて財物を交付させたり、財産上不法の利益を得たりする行為(例えば無銭飲食や無銭宿泊を行う、無賃乗車するなど、本来有償で受けるべき待遇やサービスを不法に受けること。また債務を不法に免れたりすること)、または他人にこれを得させる行為を内容とする犯罪のこと。刑法第246条に規定されている。未遂も罰せられる(250条)が、予備行為は処罰されない。




  1. ^ 日本弁護士連合会消費者問題対策委員会(編)『宗教トラブルの予防・救済の手引―宗教的活動にかかわる人権侵害についての判断基準』(教育史料出版会 1999年10月) ISBN 978-4876523702
  2. ^ 虐待目的隠し、猫引き取る 詐欺容疑で男再逮捕[リンク切れ] 産経新聞 2012年1月25日
  3. ^ 横浜地裁川崎支部平成24年5月23日判決・判例時報2156号144頁


「詐欺罪」の続きの解説一覧



詐欺罪と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「詐欺罪」の関連用語

詐欺罪のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



詐欺罪のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの詐欺罪 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS