ネットいじめとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > ネットいじめの意味・解説 

サイバーいじめ

別名:ネットいじめ,ネット上のいじめサイバーブリーングサイバーブーリング
【英】cyberbullying

サイバーいじめとは、インターネット上(いわゆるサイバースペース)で行われるいじめ行為のことである。

サイバーいじめは、Web上のブログプロフ電子掲示板、あるいは携帯メールなどを使用して、特定個人対象誹謗中傷を行ったり、顔写真個人情報などを勝手に公開する(晒す)といった形で行われることが多い。インターネット匿名性不特定多数公開されるといった特性が、陰湿ないじめを助長しやすいと言われている。

日本では2000年代半ばから「学校裏サイト」の存在問題視されている。米国でもサイバーいじめは深刻な問題となっており、ミズーリ州ではサイバーいじめを禁止する州法成立している、2011年には「cyberbullying」の語が「Oxford English Dictionary」第12版に新語として追加されている。


参照リンク
stopcyberbullying.org - (英語)
ネットいじめの対処法 - (「ネット上のいじめに関する対応マニュアル事例集)

ネットいじめ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/03 13:28 UTC 版)

ネットいじめサイバーいじめ: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。一定の人間関係のある者から、パソコン携帯電話スマートフォン等を含む)などのネット端末を経由して、物理的・心理的な攻撃が加えられ、被害者が精神的苦痛を感じていることである。いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第二条第一項および第四条にて、通常のいじめに加えてネットいじめ、サイバーいじめも禁止されており、同法第十九条第三項において、発信者情報の開示についても明記されている。




  1. ^ 平成23年版 情報通信白書
  2. ^ サイバーリンチ - ネットで増幅する悪意
  3. ^ Josh Alston (2012年3月13日). “Students say no to bullying” (英語). The Australian. http://www.theaustralian.com.au/news/students-say-no-to-bullying/story-e6frg6n6-1226297951918 2014年3月21日閲覧。 
  4. ^ 『ネットいじめ(現代のエスプリ no. 526)』ぎょうせい(2011) ISBN 978-4-324-09026-8
  5. ^ 犯罪“加害者” 家族たちの告白 - NHK『クローズアップ現代』第2872回
  6. ^ 記者の目:神戸・いじめ自殺を取材して - 毎日新聞、2007年10月31日
  7. ^ 田代光輝・服部哲 『情報倫理 ―ネットの炎上予防と対策―』 共立出版、2013年11月22日。ISBN 4320123387
  8. ^ 荻上チキ 『ネットいじめ――ウェブ社会と終わりなき「キャラ戦争」』 PHP研究所、2008年、143-145頁。ISBN 978-4-569-70114-1
  9. ^ 衆院青少年問題に関する特別委員会議録 第4号 2007年12月11日 - 石井郁子衆議院議員(2008年5月15日時点のアーカイブ
  10. ^ 「誰でも加害者に」 ネットいじめで専門家に聞く - 産経新聞、2007年10月16日(2007年11月17日時点のアーカイブ
  11. ^ いじめ18万件余 PCや携帯使用が増加 - NHKWEB、2014年10月16日
  12. ^ 加納寛子『いじめサインの見抜き方』 金剛出版 2014年7月8日 ISBN 4772413731
  13. ^ 少年少女が利用する質問交流サイト「Ask.fm」で自殺事件 -バッシングで広告主撤退も YahooJapanニュース 2013年8月9日
  14. ^ 「ネットいじめ」防止キャンペーン、英政府が立ち上げ - ITmedia、2007年9月22日
  15. ^ ネットのいじめビデオめぐり、伊当局がGoogle幹部訴追へ - ITmedia、2008年7月25日(2008年7月31日時点のアーカイブ
  16. ^ 「ネットいじめが急増=法整備に遅れ - 米」 - 時事通信、2007年12月5日付配信。
  17. ^ "Death by cyber-bully"(英語) 2005年8月17日。
  18. ^ ネットいじめ禁止の州法成立、少女の自殺きっかけに - CNN、2008年7月2日(2008年7月2日時点のアーカイブ
  19. ^ ネットいじめが日常化する米国のティーンエージャー――UCLA調査”. ITmedia. 2008年10月7日閲覧。
  20. ^ “米国の自殺率、1999年以降で24%増 政府統計”. AFPBB News. (2016年4月22日). http://www.afpbb.com/articles/-/3084983 2016年4月23日閲覧。 
  21. ^ “動画でネットいじめ告白し自殺、15歳少女めぐり国民的議論 カナダ”. AFPBB News. (2012年10月19日). http://www.afpbb.com/articles/-/2907905 2014年3月8日閲覧。 
  22. ^ “カナダ人少女がユーチューブでいじめ告白、自殺”. CNN. (2012年10月13日). http://www.cnn.co.jp/world/35023021.html 2014年3月8日閲覧。 
  23. ^ “カナダ 深刻化するネットいじめ”. NHK. (2013年12月12日). オリジナルの2014年3月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140308180100/http://www.nhk.or.jp/worldwave/marugoto/2013/12/1210.html 2014年3月8日閲覧。 
  24. ^ a b c “ネットいじめで自殺 17歳の少女に何が”. NHK海外ネットワーク. (2013年11月17日). http://www.nhk.or.jp/worldnet/archives/year/detail20131117_402.html 2014年4月6日閲覧。 
  25. ^ 週刊アジア、電脳社会(4) - 朝日新聞 2008年7月1日
  26. ^ "「インターネット実名制」導入の可否で揺れる韓国、サイバー暴力への対応案" - マイコミジャーナル、2005年6月27日。
  27. ^ [1] 2007年1月22日 10時25分 中央日報
  28. ^ 新教育の森 : 日常化する「ネットいじめ」 匿名の闇に泣く子ども - 毎日新聞、2007年9月3日(2008年5月21日時点のアーカイブ
  29. ^ 三戸 雅弘 (2017). 中学生によるネットいじめの対策プログラムの在り方――観衆・傍観者から仲裁者への変容を促す実践を通して――. 授業実践開発研究, 10, 39-47.
  30. ^ a b “ネットいじめ対策 カナダで本格化”. NHK海外ネットワーク. (2013年11月17日). http://www.nhk.or.jp/worldnet/archives/year/detail20131117_403.html 2014年8月26日閲覧。 


「ネットいじめ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ネットいじめ」の関連用語

ネットいじめのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ネットいじめのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリサイバーいじめの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのネットいじめ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS