インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 方式・規則 > 法令・規則 > 法令 > 日本の法律 > インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律の意味・解説 

出会い系サイト規制法

読み方であいけいサイトきせいほう
別名:インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律

出会い系サイト規制法とは、2003年施行された出会い系サイト通じ児童買春などの犯罪防止するための法律である。

2003年施行された出会い系規制法では、出会い系サイト利用して児童性交相手金銭目的異性交際相手方となるよう誘引する行為禁止し、これに抵触した者に対して6ヶ月以下の懲役あるいは100万円以下の罰金科すことを定めている。

出会い系サイト規制法は、出会い系サイト側に起因する犯罪防止するため、2008年一部改正された。これにより、出会い系サイト運営者は公安員会への届出義務と、利用者児童でないことの確認義務定められた。


参照リンク
出会い系サイト規制法の解説 - (警察庁:あぶない!出会い系サイト
ネット社会のほかの用語一覧
ネット社会:  _nomap  タダヤサイドットコム  待機電力  出会い系サイト規制法  出会い系サイト  テキスティング  データ改ざん

インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/01 01:53 UTC 版)

インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律(インターネットいせいしょうかいじぎょうをりようしてじどうをゆういんするこういのきせいとうにかんするほうりつ、平成15年法律第83号)は、日本の法律。目的は、出会い系サイトなどによる年少者福祉の阻害の防止である。2003年平成15年)6月13日公布され、3か月後の9月13日から順次施行された[1]




「インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律」の続きの解説一覧



固有名詞の分類

日本の法律 無限連鎖講の防止に関する法律  公債特例法  インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律  海上交通安全法  私立学校教職員共済法

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律」の関連用語

インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ出会い系サイト規制法の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのインターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS