出会い系サイト規制法とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 出会い系サイト規制法の意味・解説 

であいけいサイト‐きせいほう〔であひケイ‐キセイハフ〕【出会(い)系サイト規制法】


インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律

(出会い系サイト規制法 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/23 14:53 UTC 版)

インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律(インターネットいせいしょうかいじぎょうをりようしてじどうをゆういんするこういのきせいとうにかんするほうりつ、平成15年法律第83号)は、日本の法律。目的は、出会い系サイトなどによる年少者福祉の阻害の防止である。2003年平成15年)6月13日公布され、3か月後の9月13日から順次施行された[1]




「インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律」の続きの解説一覧

出会い系サイト規制法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/16 22:48 UTC 版)

出会い系サイト」の記事における「出会い系サイト規制法」の解説

出会い系サイトは「面識のない異性との交際希望する同士相互に連絡」できる という特殊性に鑑み他のインターネットコミュニティーにはない規制課されている。 インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律(出会い系サイト規制法・出会い系サイト被害防止法)として、2003年平成15年6月13日公布され2003年9月13日施行された。18歳未満児童性行為目的で誘い出す書き込みインターネット上で行なう行為などを禁じ罰則化した。さらに、2009年2月1日施行され同法では営業公安委員会への届け出義務や、利用者未成年ではないことを証明するために、運転免許証クレジットカードなど本人確認義務化され、日本国内運営されている無料もしくはオープンな掲示板式の出会い系サイトは、事実上消滅した2009年頃には、ソーシャル・ネットワーキング・サービス (SNS) も出会い系サイトとして利用されるようになっている

※この「出会い系サイト規制法」の解説は、「出会い系サイト」の解説の一部です。
「出会い系サイト規制法」を含む「出会い系サイト」の記事については、「出会い系サイト」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「出会い系サイト規制法」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「出会い系サイト規制法」の関連用語

出会い系サイト規制法のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



出会い系サイト規制法のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2023 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ出会い系サイト規制法の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのインターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの出会い系サイト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS