青島幸男とは?

青島幸男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/21 22:58 UTC 版)

青島 幸男(あおしま ゆきお、1932年7月17日 - 2006年12月20日)は、日本作家作詞家タレント俳優放送作家映画監督政治家




注釈

  1. ^ 1995年の都知事選ではそれ以外に選挙ポスター貼りは行っているが、組織不足及び慣れていないため選挙終了まで全部を貼りきれなかった。
  2. ^ 旧制高等学校と新制高等学校の入れ替え時期と重なり、特例にて無試験入学。
  3. ^ ただし、日本共産党生活者ネット・自治市民'93などは青島の政策に一定の肯定的評価を示しており、都政を革新する会は青島を全面的に支持していた。
  4. ^ 1970年の青島幸男自身が主演した同名映画とは別作品。元は小松政夫のために書き下ろした喜劇の脚本で、長いこと陽の目を見ないままであったが、小松が2011年に日本喜劇人協会会長に就任したため、小松の会長就任記念作品として2011年に初めて舞台化された。
  5. ^ 火野と天童のカヴァー版は、タイトルの「来い」の部分が平仮名になっているほか、歌詞の「銭のない奴は」の部分が「金のない奴は」に変わっている。
  6. ^ 青島自身により新たに歌詞が追加された。

出典

  1. ^ 植木等 その他『植木等のみなさんおそろいで』植木等デラックス 編、ファンハウス、1992年、17頁。ISBN 4594009980
  2. ^ a b 植木等 1992, p. 18
  3. ^ 植木等 1992, p. 12
  4. ^ 佐藤利明(編著)『植木等ショー! クレージーTV大全』洋泉社、2010年、189頁。ISBN 9784862486240
  5. ^ 植木等 1992, p. 19
  6. ^ 青島幸男 参議院議員としての軌跡 (第3回) (PDF) 」 『第二院クラブ連載』、青島利幸、2017年11月29日閲覧。
  7. ^ 佐高信『タレント文化人150人斬り』毎日新聞社、2002年、[要ページ番号]ISBN 4620315931
  8. ^ 平成16(2004)年 第20回参議院議員通常選挙 政見放送再録”. 2017年11月29日閲覧。
  9. ^ a b 史上初の大調査 著名人100人が最後に頼った病院 あなたの病院選びは間違っていませんか(5)”. 現代ビジネス (2011年8月17日). 2020年1月15日閲覧。
  10. ^ 史上初の大調査 著名人100人が最後に頼った病院 あなたの病院選びは間違っていませんか(6)”. 現代ビジネス (2011年8月17日). 2020年1月15日閲覧。
  11. ^ 青島幸男『わかっちゃいるけど… シャボン玉の頃』文藝春秋、1988年、[要ページ番号]ISBN 4163426205
  12. ^ TV・映画”. 青島幸男ミュージアム. 2017年11月29日閲覧。
  13. ^ 『週刊プレイボーイ』(1981年8月18日号)「キミはどちらを支持する!?青島幸男vs石原慎太郎」
  14. ^ asahi.com:死去前夜、長女に「ビールでも飲もうか」 青島幸男さん - 芸能一般 - 文化芸能” (日本語). www.asahi.com. 朝日新聞 (2006年12月20日). 2018年11月23日閲覧。
  15. ^ 矢崎泰久『変節の人 かつての同志が告発する青島幸男の正体』飛鳥新社、1997年、[要ページ番号]ISBN 4870312956
  16. ^ “青島幸男さんの長男、利幸氏が肺がんのため死去 テレビ番組の構成作家”. サンスポ. (2017年11月9日). https://www.sanspo.com/geino/news/20171109/geo17110905100002-n1.html 2020年2月15日閲覧。 
  17. ^ 岸川真 (2013年3月29日). “こんな僕がインタビュー術を語っていいんですかっ? 第15回 出版中止になる”. WEB本の雑誌. 本の雑誌社. 2017年11月29日閲覧。


「青島幸男」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「青島幸男」の関連用語

青島幸男のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



青島幸男のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの青島幸男 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS