三好徹とは?

三好徹(みよし・とおる)

本名河上雄三。1931年(昭6)、東京生まれ。兄は第一実業社長だった河上敏雄。負けず嫌いと、碁、麻雀が強いことでも知られる。他殺クラブ会員ゴルフの会の「這会」会員シングル腕前
早稲田文学」に作品発表
1959年(昭34)、三好名義で、「遠い声」が第8回文学界新人賞の次席となる。
1960年(昭35)、書き下ろし探偵小説光と影」を刊行
1962年(昭37)に刊行した「乾いた季節」の内容一部が、当時公開だった黒澤明映画天国と地獄」と似ているとの指摘新聞掲載されたが、盗作指摘事実無根であったため、1963年(昭38)、告訴をおこなう。
1963年(昭38)に刊行した「風は故郷に向かう」が、1964年(昭39)に第17日本推理作家協会賞候補となる。
1963年(昭38)に「オール読物」に発表した「ナポレオンの遺髪」は日本推理作家協会の「推理小説ベスト24 1964年版」に収録される。
1964年(昭39)に「小説新潮」に発表した「存在の痕跡」は日本推理作家協会の「推理小説ベスト24 1965年版」に収録される。
1965年(昭40)に刊行した「野望猟犬」が1966年(昭41)、第19日本推理作家協会賞候補となる。
1965年(昭40)に「小説現代」に発表した「緋の街」は日本推理作家協会の「推理小説ベスト24 1966年版」に収録される。
1966年(昭41)、「風塵地帯」を刊行し、1967年(昭42)、第20日本推理作家協会賞受賞
1966年(昭41)に「宝石」に発表した「底のない運河」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1967年版」に収録される。
1967年(昭42)に「オール讀物」に発表した「風の弾痕」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1968年版」に収録される。
1967年(昭42)に刊行した「閃光遺産」が、1967年(昭42)に第57直木賞候補となる。
1967年(昭42)、「文芸春秋」に「聖少女」を掲載し、1968年(昭43)、第58直木賞受賞
1968年(昭43)に「オール讀物」に発表した「蕩す」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1969年版」に収録される。
1969年(昭44)に「オール讀物」に発表した「天使弔鐘」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1970年版」に収録される。
1970年(昭45)に「小説サンデー毎日」に発表した「不道徳天使」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1971年版」に収録される。
1970年(昭45)に「小説現代」に発表した「真説平手造酒」は日本文藝家協会の「代表作時代小説 昭和46年度」に収録される。
1971年(昭46)に「問題小説」に発表した「天使の棄児」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1972年版」に収録される。
1971年(昭46)に「小説サンデー毎日」に発表した「人斬り彦斎」は日本文藝家協会の「代表作時代小説 昭和47年度」に収録される。
1972年(昭47)に「小説宝石」に発表した「不確か証人」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1973年版」に収録される。
1973年(昭48)に「小説宝石」に発表した「目撃者消えた」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1974年版」に収録される。
1974年(昭49)に「小説サンデー毎日」に発表した「砂漠と花と銃弾」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1975年版」に収録される。
1977年(昭52)に「オール讀物」に発表した「迷路の街」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1978年版」に収録される。
1978年(昭53)に「小説宝石秋季号」に発表した「悪の配当」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1979年版」に収録される。
1979年(昭54)、第10期日推理作家協会理事長就任
1979年(昭54)に「小説現代」に発表した「魔の時間」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1980年版」に収録される。
1980年(昭55)に「小説宝石」に発表した「暗黒の祭り」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1981年版」に収録される。
1981年(昭56)に刊行した「コンピュータ身代金」が「週刊文春」の81年傑作ミステリーベスト10」の7位に選ばれる
1980年(昭55)に「中央公論」に発表した「単色の虹」は日本文藝家協会の「ザエンターテインメント 1981」に収録される。
1981年(昭56)に「オール讀物」に発表した「夜の印画」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1982年版」に収録される。
1983年(昭58)、「モナリザ身代金」が「週刊文春」の83年傑作ミステリーベスト10」の6位に選ばれる
1984(昭59)に「小説宝石」に発表した「八郎、仆れたり」は日本文藝家協会の「代表作時代小説 昭和60年度」に収録される。
1986年(昭61)に「小説宝石」に発表した「刑事課長の災難」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1987年版」に収録される。
1987年(昭62)に「小説宝石」に発表した「競馬必勝法の殺人」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1988年版」に収録される。
1988年(昭63)に「小説現代」に発表した「見えない復讐」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1989年版」に収録される。
1989年(平1)に「オール讀物」に発表した「赤い半月」は日本文藝家協会の「現代小説 1990」に収録される。



三好徹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/01 13:51 UTC 版)

三好 徹(みよし とおる、1931年1月7日 - )は、日本ジャーナリスト作家東京生まれ。推理小説スパイ小説歴史小説、実録小説などで活躍。




  1. ^ a b 「読書と創作」(『殺しの招待状』徳間文庫 1987年)
  2. ^ 『NEWSポストセブン』(2013年1月11日)「三好徹氏 “自衛隊”という勇ましくない名前が日本の良い点
  3. ^ 日本人は、根本的に戦争には向いていない ―作家・西村京太郎が経験した戦争と戦後―(2/3)東洋経済新報2017年9月3日
  4. ^ a b 「歴史の謎を解く 作品ノート」(『龍馬暗殺異聞』徳間文庫 1985年)
  5. ^ 『独裁者の密使』双葉社 1991年
  6. ^ 権田萬治(『天使の唄』講談社文庫 1977年)
  7. ^ 郷原宏(『誰が龍馬を殺したか』2010年 光文社)
  8. ^ あとがき(『夕日と怒涛』1980年)
  9. ^ 権田萬治(『天使の祈り』講談社文庫 1977年)
  10. ^ 権田萬治(『オリンピックの身代金』光文社文庫 1988年)
  11. ^ 藤井正義(『五人の棋士』講談社文庫 1982年)
  12. ^ 当初日本テレビ東宝によりテレビドラマ化が企画されたが、放送枠がNHK大河ドラマの真裏となることから、時代劇の競合を避けたい日テレ上層部による判断で製作中止となりドラマ化は幻に終わった。代わりに、出演予定だった俳優陣をそのまま起用してオリジナルの現代劇『俺たちは天使だ!』が製作された。


「三好徹」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「三好徹」の関連用語

三好徹のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



三好徹のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち
この記事は「探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち」の記事を転載しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの三好徹 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS