佐野洋とは?

佐野洋(さの・よう)

本名丸山一郎1928年(昭3)、東京生まれゴルフの会の這会会員折り鶴を足の指で折ることができることでも有名。麻雀が強いことでも知られる。
一高時代には、同人誌「サンジュペール」、東京大学心理学科在学中は、日野啓三大岡信らと同人誌現代文学」、また同人誌ヴァンテ」を発刊後輩大江健三郎がいる。
1958年(昭33)、「週刊朝日」「宝石共催懸賞募集に「銅婚式」が二席入選し、「宝石」に掲載
1958年(昭33)、多岐川恭が代表となり、河野典生樹下太郎竹村直伸星新一水上勉結城昌治とともに探偵作家団体の「他殺クラブ」を結成
1959年(昭34)に刊行した「一本の鉛」が、1960年(昭35)に第13日本探偵作家クラブ賞候補となる。
1959年(昭34)に「宝石」に発表した「不運な旅館」は日本探偵作家クラブの「推理小説ベスト15 1960年版」に収録される。
1960年(昭35)に「宝石」に発表した「金属音病事件」と、同年刊行した「透明な暗殺」が1961年(昭36)に第14日本探偵作家クラブ賞候補となる。同時に「透明な暗殺」が1961年(昭36)に第42直木賞候補となる。「金属音病事件」は日本探偵作家クラブの「1961 推理小説ベスト20」に収録される。
1961年(昭36)に刊行した「秘密パーティ」が、1962年(昭37)に第15日本探偵作家クラブ賞候補となる。
1961年(昭36)に「小説新潮」に発表した「尾行」は日本探偵作家クラブの「1962 推理小説ベスト20」に収録される。
1962年(昭37)に「小説新潮」に発表した「冷えた茶」は日本推理作家協会の「推理小説ベスト24 1963年版」に収録される。
1963年(昭38)に「日本」に発表した「贈られた女」は日本推理作家協会の「推理小説ベスト24 1964年版」に収録される。
1963年(昭38)に刊行した「蜜の巣」が、1964年(昭39)に第17日本推理作家協会賞候補となる。
1964年(昭39)に刊行した「華麗なる醜聞」により、1965年(昭40)、第18日本推理作家協会賞受賞
1964年(昭39)に「日本」に発表した「崩れる」は日本推理作家協会の「推理小説ベスト24 1965年版」に収録される。
1965年(昭40)に「オール読物」に発表した「賭け」は日本推理作家協会の「推理小説ベスト24 1966年版」に収録される。
1965年(昭40)、「透明受胎」を刊行
1966年(昭41)に「小説現代」に発表した「重い街」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1967年版」に収録される。
1967年(昭42)に「小説新潮」に発表した「盗難車」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1968年版」に収録される。
1968年(昭43)に「小説宝石」に発表した「ヘドロ」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1969年版」に収録される。
1969年(昭44)に「小説現代」に発表した「満月様顔貎」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1970年版」に収録される。
1970年(昭45)、「轢き逃げ」を刊行
1970年(昭45)に「小説サンデー毎日」に発表した「大使夫人誘拐事件」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1971年版」に収録される。
1971年(昭46)に「小説現代」に発表した「直線大外強襲」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1972年版」に収録される。
1972年(昭47)に「オール讀物」に発表した「証言」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1973年版」に収録される。
1973年(昭48)に「オール讀物」に発表した「お連れの方」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1974年版」に収録される。
1973年(昭48)、日本推理作家協会第四代理事長に就任
1974年(昭49)に「小説宝石盛夏号」に発表した「赤い点が光った」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1975年版」に収録される。
1975年(昭50)に「小説新潮」に発表した「証拠なし」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1976年版」に収録される。
1976年(昭51)、「小説推理」に「推理日記開始
1976年(昭51)に「野性時代」に発表した「心霊写真」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1977年版」に収録される。
1977年(昭52)、「七色密室」が「週刊文春」の77年傑作ミステリーベスト10」の8位に選ばれる
1977年(昭52)に「小説新潮冬季号」に発表した「見ている前で」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1978年版」に収録される。
1978年(昭53)に「オール讀物」に発表した「声の通路」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1979年版」に収録される。
1979年(昭54)に「オール讀物」に発表した「最後の夜」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1980年版」に収録される。
1980年(昭55)に「小説現代」に発表した「暗い窓」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1981年版」に収録される。
1980年(昭55)に「小説新潮」に発表した「父の筆跡」は日本文藝家協会の「ザエンターテインメント 1981」に収録される。
1981年(昭56)に「小説現代」に発表した「死者の電話」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1982年版」に収録される。
1981年(昭56)に「小説新潮」に発表した「無事永眠」は日本文藝家協会の「ザエンターテインメント 1982」に収録される。
1982年(昭57)に「小説現代」に発表した「折れた鉛筆」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1983年版」に収録される。
1982年(昭57)に「小説現代」に発表した「満ち足りた生活」は日本文藝家協会の「ザエンターテインメント 1983」に収録される。
1983年(昭58)に「小説宝石」に発表した「嫉妬深い犬」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1984年版」に収録される。
1984年(昭59)に「小説新潮」に発表した「防衛創」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1985年版」に収録される。
1983年(昭58)に「小説現代」に発表した「誇り高い女」は日本文藝家協会の「ザエンターテインメント 1984」に収録される。
1984年(昭59)に「オール読物」に発表した「放火した犬」は日本文藝家協会の「ザエンターテインメント 1985」に収録される。
1985年(昭60)に「オール讀物」に発表した「さよならの意味」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1986年版」に収録される。
1986年(昭61)に「小説新潮」に発表した「禁煙の日」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1987年版」に収録される。
1987年(昭62)に「小説新潮」に発表した「一瞬の通過」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1988年版」に収録される。
1987年(昭62)に「小説宝石」に発表した「知っている人」は日本文藝家協会の「現代小説 1988」に収録される。
1988年(昭63)に「オール讀物」に発表した「しかし、ふたたび…」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1989年版」に収録される。
1988年(昭63)に発表した「嘘よ、そんなの嘘」は日本文藝家協会の「現代小説 1989」に収録される。
1989年(平1)に「週刊小説」に発表した「好きなように」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1990年版」に収録される。
1990年(平2)に「小説現代」に発表した「こわい伝言」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1991年版」に収録される。
1990年(平2)に「オール讀物」に発表した「虫の命」は日本文藝家協会の「現代小説 1991」に収録される。
1991年(平3)に「小説宝石」に発表した「いい人なのに」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1992年版」に収録される。
1991年(平3)に「小説新潮」に発表した「黒い枠」は日本文藝家協会の「現代小説 1992」に収録される。
1992年(平4)に「小説新潮」に発表した「密室の職権」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1993年版」に収録される。
1993年(平5)に「小説中央公論」に発表した「相撲好きの女」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1994年版」に収録される。
1994年(平6)に「オール読物」に発表した「移動指紋」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1995年版」に収録される。
1995年(平7)に「小説宝石」に発表した「目撃者が描いた」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1996年版」に収録される。
1996年(平8)に「小説新潮」に発表した「わざわざの鎖」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1997年版」に収録される。
1996年(平8)に「小説現代」に発表した「逃げたあと」は日本文藝家協会の「現代小説 1997」に収録される。
1997年(平9)、第1回日本ミステリー文学大賞受賞
1998年(平10)に「小説宝石」に発表した「嘘つきの足」は日本推理作家協会の「推理小説年鑑 ザベストミステリーズ1999」に収録される。
1999年(平11)に「小説宝石」に発表した「先生の裏わざ」は日本推理作家協会の「推理小説年鑑 ザベストミステリーズ2000」に収録される。
短編名手であり、日本探偵作家クラブの「探偵小説年鑑」(日本推理作家協会推理小説年鑑)には1960年(昭35)から1997年(平9)まで連続して採択される。掲載回数40回に達する。



佐野洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/03 16:10 UTC 版)

佐野 洋(さの よう、1928年5月22日 - 2013年4月27日)は、日本推理作家評論家。本名は丸山一郎。


注釈

  1. ^ 「第一期の府立八中(現在の小山台高校)を落ち、二期校の東京中に拾われた」[2]と、みずから書いている。
  2. ^ 最相葉月 『星新一〈下〉―一〇〇一話をつくった人』 新潮文庫 ISBN 978-4101482262、365p。それを聞いた星新一は、「ぼくなんてそんな影響ないよ」と答えた。実際、星の文庫本は売れていた。同書369pには、昭和63年2月15日に新潮文庫の総発行部数が2千万部を突破し、松本清張司馬太郎に次ぐ総発行部数である旨の記述がある。

出典

  1. ^ 卒業生紹介東京高等学校公式サイト
  2. ^ 「高松先生のこと」(『別冊文藝春秋』1963年)[要ページ番号]
  3. ^ マスコミ九条の会(よびかけ人はだれですか)
  4. ^ 佐野洋氏死去 推理小説界の重鎮 Archived 2013年4月28日, at the Wayback Machine. 産経新聞2013年4月28日閲覧
  5. ^ 尾関章 (2010年9月30日). “ベスト・オブ…で佐野洋を読む”. BOOK.asahi.com. 2014年5月5日閲覧。
  6. ^ 40年書き続けられたミステリー評論の金字塔、完結”. 「週刊文春」編集部 (2013年2月10日). 2014年5月4日閲覧。


「佐野洋」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「佐野洋」の関連用語

佐野洋のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

画像から探す

シュピオ

密室

ぷろふいる

宝石

黒猫

ぷろふいる

探偵文芸

ロック





佐野洋のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち
この記事は「探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち」の記事を転載しております。
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの佐野洋 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS