尾行とは? わかりやすく解説

び‐こう〔‐カウ〕【尾行】

読み方:びこう

[名](スル)相手行動探ったり監視したするために気づかれないようにあとをつけて行くこと。「―をまく」「容疑者を―する」


尾行

作者安田二郎

収載図書黒い兜町
出版社天山出版
刊行年月1988.5
シリーズ名天山文庫


尾行

作者紫郎

収載図書土曜日のマドンナ―ある少女たちの物語
出版社文芸社
刊行年月2001.10


尾行

作者T.S.ストリブリング

収載図書ポジオリ教授冒険
出版社河出書房新社
刊行年月2008.11
シリーズ名KAWADE MYSTERY


尾行

作者鮎川哲也

収載図書葬送行進曲
出版社集英社
刊行年月1988.9
シリーズ名集英社文庫

収載図書白馬館九号室鮎川哲也コレクション 挑戦篇 2
出版社出版芸術社
刊行年月2006.8


尾行

作者星新一

収載図書エヌ氏の遊園地
出版社講談社
刊行年月1989.8
シリーズ名講談社語文

収載図書星新一ショートショートセレクション 13 クリスマスイブの出来事
出版社理論社
刊行年月2003.11


尾行

作者イッセー尾形

収載図書イッセー尾形人生カタログ
出版社朝日新聞社
刊行年月1991.3

収載図書イッセー尾形人生カタログ
出版社朝日新聞社
刊行年月1994.5
シリーズ名朝日文庫


尾行

作者手塚真

収載図書ブラックモーメント
出版社幻冬舎
刊行年月1996.7


尾行

作者小林信彦

収載図書少女物語
出版社朝日新聞社
刊行年月1998.5

収載図書侵入者
出版社文藝春秋
刊行年月2004.12
シリーズ名文春文庫


尾行

作者寺井よう

収載図書グルグル
出版社ストーク
刊行年月1999.4


尾行

作者ソフィ・カル

収載図書本当の話
出版社平凡社
刊行年月1999.10


尾行

作者吉村昭

収載図書遠い幻影
出版社文芸春秋
刊行年月2000.12
シリーズ名文春文庫


尾行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/03 18:52 UTC 版)

尾行(びこう)は、対象人物に気付かれないよう、後をつけ、行動などを監視すること。並行し、記録撮影などを行うことがある[1][2]警察では「行確」(行動確認)と呼ばれる[3]




「尾行」の続きの解説一覧

尾行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/01 04:55 UTC 版)

テストドライブ アンリミテッド 2」の記事における「尾行」の解説

男性自分のガールフレンド運転する車を尾行するように頼まれる

※この「尾行」の解説は、「テストドライブ アンリミテッド 2」の解説の一部です。
「尾行」を含む「テストドライブ アンリミテッド 2」の記事については、「テストドライブ アンリミテッド 2」の概要を参照ください。


尾行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 02:58 UTC 版)

JUDGE EYES:死神の遺言」の記事における「尾行」の解説

特定人物の後をつける際に用いられる看板や車などの陰に身を隠しながらターゲット尾行する。尾行中のアクションに対し警戒ゲージ」が設定されており、警戒ゲージ最大まで上昇するターゲット気付かれたことになり、尾行失敗となる。また、尾行中にターゲット見失うカウントダウン表示されカウントゼロになる前に再びターゲット視界捉える必要があるカウントゼロになった場合は、ターゲット完全に見失ったことになり、これも尾行失敗となる。

※この「尾行」の解説は、「JUDGE EYES:死神の遺言」の解説の一部です。
「尾行」を含む「JUDGE EYES:死神の遺言」の記事については、「JUDGE EYES:死神の遺言」の概要を参照ください。


尾行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 01:28 UTC 版)

LOST JUDGMENT 裁かれざる記憶」の記事における「尾行」の解説

特定の人物尾行する際に用いられる前作よりもターゲットAI大幅に進化しており、警戒度合いに応じて走って逃げる近寄って観察してくる・物陰身を隠すなど、臨機応変に行動変化させる

※この「尾行」の解説は、「LOST JUDGMENT 裁かれざる記憶」の解説の一部です。
「尾行」を含む「LOST JUDGMENT 裁かれざる記憶」の記事については、「LOST JUDGMENT 裁かれざる記憶」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「尾行」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「尾行」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「尾行」の関連用語

尾行のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



尾行のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの尾行 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのテストドライブ アンリミテッド 2 (改訂履歴)、JUDGE EYES:死神の遺言 (改訂履歴)、LOST JUDGMENT 裁かれざる記憶 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS