踵とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 部分 > の意味・解説 

きびす【×踵】

かかと。くびす。

履物の、かかとにあたる部分

「沓(くつ)の—を、刀にて切りたるやうに」〈宇治拾遺・二〉

踵の画像

しょう【×踵】

[音]ショウ(漢) [訓]かかと くびす きびす

かかと。「接踵旋踵


くびす【×踵】

足の裏後部。かかと。きびす。


かかと【×踵】

足の裏後部足首の下にあたる部分。くびす。きびす。「踵を上げる」

靴など、履き物後部。「踵がすり減る」「踵を踏んで履く」

踵の画像

あくと【踵】

〔名〕 (「あぐと」とも) かかと。くびす。あくつ。

名語記(1275)八「馬の足のあくと如何、答あしくほとろあしくほたるの反歟」


かかと【踵】

〔名〕 (「かがと」とも)

足の裏後部踵骨(しょうこつ)と、それをおおう厚い丈夫な皮膚がある。くびす。きびす。

書言字考節用集(1717)五「踵 カカト

西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉六「そんなものはござらねへがうらがかかとの皮じゃアどうだんべイ」

② (かかとのように厚いの意から) 面(つら)の皮が厚いこと。ずうずうしいこと。あつかましいこと。

歌舞伎四天王産湯玉川(1818)五立「イヤ余っ程皮の厚い飛んだ踵(カカト)だ」

履物の裏の後部また、履物後部ヒール

今川大双紙(15C前)馬に付て式法之事「主人乗り沓めさすべき事〈略〉其後の手にては、沓のかかとをおさへべし」

[語誌]カカト近世に入って東国系の語として文献登場する。関西ではキビス


きびす【踵】

〔名〕

① かかと。くびす。きひひす。

大智度論天安二年点(858)「足跟(キヒス)広く具足して満ち

*虎明本狂言丼礑室町末‐近世初)「かかる者はおとがいをきられ、にぐる者はきびすをきらるるものもあり」

はきもので、かかとが当たる部分

宇治拾遺(1221頃)二「ひきとどめんとて、手をさしやりたりけるに、〈略〉片足すこしさがりたりけるきびすを、沓加へながらとらへたりければ」

[語誌]上代のクヒビス(ないしクビヒス)がクビスやキヒヒスなどの形を経てキビス変化した。中古以降クビスと並んで用いられるが、クビス規範的な形、キビス日常的な形であったらしい。→くびひす


くびす【踵】

〔名〕 足の裏後部の地につく部分。かかと。きびす。くびひす

正倉院文書天平一二年(740越前国江沼郡山背計帳「弟江沼臣族堅牛 年参拾陸 正丁 右足久比須疵」

曾我物語南北朝頃)四「御前舞人は雞婁(けいろう)をうって舞行のくびすをそばたつ


くびひす【踵】

〔名〕 =くびす(踵)

書紀720仁徳六五年(前田本訓)「其れ膝(ひさ)有りて膕踵(久比婢須)無し

[語誌]→「きびす」の語誌


かがと

がと【踵】[名] かかと。〈全〉

かがと【踵】

方言味・解
かがと【踵】名詞)かかと。

かかと

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/30 18:45 UTC 版)

かかと)は、の裏の最も後(背中側)の部分である。きびすとも言う。ではかかとの下の靴底を厚くするのが普通で、英語の heel からヒールとも言う。靴のこの部分を指してかかとと言うこともある。




「かかと」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2021/07/22 16:39 UTC 版)

発音(?)

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



踵と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「踵」の関連用語

踵のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



踵のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
北海道方言辞書北海道方言辞書
Copyright © 1997-2022 by akaringo. All rights reserved.
博多弁推進会博多弁推進会
©1999-2022 博多弁推進会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのかかと (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS