追跡とは? わかりやすく解説

追跡

読み方:ついせき

後を追うこと。逃げる人追いかける人物の素行調査するために行動状況を追う、あるいは、事の成り行き順を追って辿ること、などを意味する表現

つい‐せき【追跡】

読み方:ついせき

[名](スル)

逃げる者のあとを追いかけること。「逃亡者を—する」

物事経過たどって調べること。「失敗の原因を—する」


追跡

作者長沢文治

収載図書脳の復讐
出版社日本図刊行
刊行年月1989.1
シリーズ名トレビ文庫


追跡

作者梅田千津

収載図書瀬戸際オンナたち
出版社熊本日日新聞社
刊行年月2005.11


追跡

作者星新一

収載図書星新一ちょっと長めショートショート 4 とんとん拍子
出版社理論社
刊行年月2006.1

収載図書ごたごた気流 改版
出版社角川書店
刊行年月2007.9
シリーズ名角川文庫


追跡

作者竹靖衞

収載図書はめ殺しの窓人間存在根本問いかける
出版社上毛新聞社出版局
刊行年月2006.7


追跡

作者冨沢カオル

収載図書水晶硝子の夜―空想小説短編集
出版社新風舎
刊行年月2006.9


追跡

作者鵜川正博

収載図書みおつくし物語
出版社新風舎
刊行年月2007.3
シリーズ名新風舎文庫


追跡

作者小谷野

収載図書暑い日のミステリー
出版社レーヴック
刊行年月2007.6


追跡

作者渡辺啓助

収載図書クムラン洞窟
出版社出版芸術社
刊行年月1993.11
シリーズ名ふしぎ文学館


追跡

作者折原一

収載図書101号室の女
出版社講談社
刊行年月1997.2

収載図書101号室の女
出版社講談社
刊行年月2000.7
シリーズ名講談社文庫


追跡

作者手塚真

収載図書ファントム・パーティ
出版社幻冬舎
刊行年月1997.7


追跡

作者池波正太郎

収載図書完本 池波正太郎大成 5 鬼平犯科帳
出版社講談社
刊行年月1998.7

収載図書鬼平犯科帳 10 新装版
出版社文芸春秋
刊行年月2000.7
シリーズ名文春文庫


追跡

作者笹沢左保

収載図書女を見て死ね
出版社光文社
刊行年月2000.10
シリーズ名光文社文庫


追跡

作者イタロ・カルヴィーノ

収載図書柔かい月
出版社河出書房新社
刊行年月2003.9
シリーズ名河出文庫


追跡

作者谷口雅宣

収載図書神を演じ人々
出版社日本教文社
刊行年月2003.11


追跡

作者喜安幸夫

収載図書木戸隠れ裁き
出版社広済堂出版
刊行年月2005.5
シリーズ名広済堂文庫


追跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/12 02:24 UTC 版)

追跡(ついせき)は、あとを追いかけること。軍事においては、敵部隊の足跡や痕跡などを辿り、敵を追尾して監視する行動をいう。




「追跡」の続きの解説一覧

追跡!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/19 16:08 UTC 版)

追跡!(ついせき)は、TOKYO FMキーステーションJFN全国ネットで放送されていたクロノス内のコーナー。






「追跡!」の続きの解説一覧

追跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/22 08:04 UTC 版)

奈良県大和郡山市警察官発砲致死事件」の記事における「追跡」の解説

奈良県警本部機動捜査隊橿原署の捜査員が、当該セドリック見つけ追跡するセドリックは、一旦停止するものの職務質問のために降りた警察官振り切逃走し逃走中信号無視器物破損繰り返し)、国道24号時速100km/h以上で走行北上する

※この「追跡」の解説は、「奈良県大和郡山市警察官発砲致死事件」の解説の一部です。
「追跡」を含む「奈良県大和郡山市警察官発砲致死事件」の記事については、「奈良県大和郡山市警察官発砲致死事件」の概要を参照ください。


追跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/03 05:58 UTC 版)

1797年1月13日の海戦」の記事における「追跡」の解説

ペリューまた、ロバート・カーテュー・レイノルズ(英語版艦長指揮下のアマゾン伴ってインディファティガブルブレストに戻る途中だった。この2隻以外の海峡艦隊の艦は、フランス軍の追跡に失敗したが、ファルマス修理させ、補給されていたインディファティガブルと、アマゾンとは海峡艦隊十分な仕事しており装備万全で戦闘の準備完璧だった1月13日13時濃霧の中をイギリス艦隊ウェサン島接近し前方の暗がり中に敵艦見い出した。この艦はフランス艦のドロワ・ド・ロムで、インディファティガブルアマゾンのいずれよりも大型だった。ほぼ時を同じくしてドロワ・ド・ロム見張り番イギリス艦を見つけラクロスは、戦うべきか否か葛藤直面したラクロスは、自艦が敵艦のいずれよりもはるかに大型であるのを知っていたがそれよりも先に西の方角に見つけた帆影イギリス艦のものと信じており、そのため、劣性であるドロワ・ド・ロム敵艦包囲されるだろうと考えていた。イギリス記録によればその時間帯に、ドロワ・ド・ロム近辺インディファティガブルアマゾン以外のイギリスはおらずラクロス目にしたのは、バントリー湾からブレストへ戻るレヴォルシオン英語版)とフラテルニテであったとされている加えて、風が強さ増してくるのと、風下海岸が岩だらけなのがラクロス気がかりの種だった。乗員多く搭載したドロワ・ド・ロムにとって、この2つ大きな脅威で、さらに、冬場強風の中の航海で、船体傷んでいた。また、ユンベール将軍配下陸軍兵乗せており、些細な海戦で、彼らを危険な目に遭わせることもなかった。 ラクロス交戦避けるため、ドロワ・ド・ロムの向き南東に変え大きな帆に風を受けて航行し強風の中で敵をかわせるように望んだペリューは、ドロワ・ド・ロムフランス沿岸着岸できないように策を弄したが、この時はまだ、敵艦が何であるかあやふやだった。追跡が進むにつれて、ここひと月ほど荒れ模様だった天候が、さらにひどくなった。大西洋強風ウェサン島吹き荒れ、その強風東の方向に吹雪もたらし、風がたたきつけた海は荒れ狂っていて、この状況で舵を切り、相手照準を合わせることは難しくなって行った16時15分ドロワ・ド・ロムのトップマストが強風折れ動きが非常に遅くなった。相手フランス戦列艦であることを知ったペリューは、その戦列艦速度鈍ったおかげで接近することができた。

※この「追跡」の解説は、「1797年1月13日の海戦」の解説の一部です。
「追跡」を含む「1797年1月13日の海戦」の記事については、「1797年1月13日の海戦」の概要を参照ください。


追跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/06 02:03 UTC 版)

ゲーベン追跡戦」の記事における「追跡」の解説

ゲーベン速力27ノットであったボイラー損傷のため24ノットしか出せなかった。スションにとって幸運なことにイギリスの2隻の巡洋戦艦ボイラー問題抱えておりゲーベン速度ついてくることができなかった。ただし、ゲーベンではフル回転ボイラーへの給炭続けたためボイラー室船員4人が過労殉職している(彼らは本戦闘での唯一の犠牲者である)。インドミタブルインディファティガブルは遅れ、軽巡洋艦ダブリン接触続けたが、および日没のためシチリア島北岸のサン・ヴィト岬沖でダブリンドイツ艦隊見失ったゲーベンブレスラウ8月4日深夜メッシーナ到着したまた、ドイツイギリス戦争状態になった。スションは、メッシーナからの出港支援のためにオーストリア軍艦の出動を駐ウィーンドイツ大使館付武官軍令部要請した一方イギリス海軍省はミルンに、イタリア中立尊重しイタリア領海内侵入しないよう命じた。これはメッシーナ海峡通過不可能であることを意味したそのため、ミルン海峡出口部隊配置した未だスションが輸送船団攻撃大西洋に向かう予想していたため、ミルンは2隻の巡洋戦艦、インフレクシブルとインディファティガブル海峡の北に配置し南側軽巡洋艦グロスター1隻のみであった。その上ミルンインドミタブルチュニジアビゼルト給炭向かわせた。 スションにとってメッシーナ避難所とはならなかった。イタリア彼に24時間以内出港要求し石炭補給拒絶したドイツの汽船から石炭手作業集められたが、集まったのは8月6日夕刻までで1500トンであり、コンスタンティノープルに行くのには不十分であったティルピッツ提督からの新たなメッセージがさらにスションを窮地追い込んだ。スションは、オーストリア海軍地中海で支援行わず、またトルコ未だ中立あるためコンスタンティノープルに向かうべきではない、と知らされた。おそらく戦争終わりまで閉じ込められるであろうポーラ避難するという選択もあった。だが、スションはコンスタンティノープルへ向かうことを決めた。スションの意図トルコロシア開戦させるというものであった8月6日ゲーベンブレスラウ地中海東部現れた。そこで2隻はグロスター遭遇したグロスタードイツ艦隊追跡を開始したミルン巡洋戦艦西に残したままにし、ダブリン派遣してトラウブリッジの巡洋艦戦隊に加えた。ミルンはこれでドイツ艦隊阻止できる考えた。 トラウブリッジ戦隊は4隻の装甲巡洋艦ディフェンスブラック・プリンスウォーリア、デューク・オブ・エジンバラからなっていた。 装甲巡洋艦の9.2インチ砲とゲーベン11インチ砲ではトラウブリッジ戦隊アウトレンジ攻撃されるため、トラウブリッジは唯一のチャンス夜明けゲーベン彼の部隊東に位置している時だと考えた8月7日午前4時彼はそのような配置位置することに失敗し有利な条件攻撃をかけることが不可となった優勢な敵との交戦避けろというチャーチルあいまいな命令のため、トラウブリッジは退却したミルングロスター交戦しないよう命じたミルン未だにスションが西へ向かうと考えていた。だが、グロスター艦長にとってはゲーベン逃走しているのは明らかであったブレスラウグロスターへの攻撃試みた。スションはギリシャ沖に石炭船待機させており、合流するために追跡者振り切る必要があったためであるグロスターゲーベン引き返させようとブレスラウに対し砲火開いた戦果はなく、最終的にミルンマタパン岬で追跡を中止するようグロスター命じた8月8日夜中過ぎ、ミルンは3隻の巡洋戦艦軽巡洋艦ウェイマス東に向かわせた。午後2時海軍省からミルンに、イギリスオーストリア戦争になったという誤った情報届いた。そして、ゲーベン捜索よりアドリア海警備選択した8月9日ミルンゲーベンを追跡せよとの明白な命令受けたミルンこの時点でもスションがダーダネルス目指しているとは考えておらず、エーゲ海出口警備決心した8月9日デヌーサ島沖でスションは石炭補給8月10日午後5時彼はダーダネルス到着通過許可待った国際信号旗水先案内人要求したに対しトルコ水雷艇はこれに応じたため彼らに先導されて二隻はダーダネルス海峡通過したこの他ゲーベン通信補助した客船「ゲネラル」、貨物船「ロドスト」なども通過している)。午後8時30分近くにいたイギリス副領事から、二隻がダーダネルス通過したためダーダネルス封鎖すべき、とイギリスへ打電されたが、ロンドンへ14時間、さらにミルンへは6時かかってようやく届いたためもはや手遅れだった。翌11日夕方になってようやくウェイマスダーダネルス到着し通過要求したトルコ側から拒絶された。 ドイツトルコの間で交渉が行われ、8月16日ゲーベンブレスラウコンスタンティノープル到着した

※この「追跡」の解説は、「ゲーベン追跡戦」の解説の一部です。
「追跡」を含む「ゲーベン追跡戦」の記事については、「ゲーベン追跡戦」の概要を参照ください。


追跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/19 14:35 UTC 版)

氷河末端」の記事における「追跡」の解説

氷河末端位置変遷追跡することは、氷河動きモニタリングする方法でもある氷河末端位置は、近く基盤岩に場所を固定して定期的かつ経時的計測される。そしてインターバルをおいて同じ場所から計測され氷河末端位置違いが、氷河そのもの変化記録を示すのである。同じ場所から違う時に撮影され写真比べて同様に氷河変化を追跡・記録できる。 氷河末端形状は、様々な要素によって決まる。氷河後退している場合は、大抵ゆるい斜面になっている理由は、融けていく氷はこのような形になりやすからである。しかし、この独特な形状変える条件は多い。熱場の存在や、融解ひび割れ引き起こす様々な圧力などである。これらのフィードバック受けた結果氷河崩れたり分離したり、他の様々な形態をとったりする。

※この「追跡」の解説は、「氷河末端」の解説の一部です。
「追跡」を含む「氷河末端」の記事については、「氷河末端」の概要を参照ください。


追跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/05 03:03 UTC 版)

ラ・ド・サンの海戦」の記事における「追跡」の解説

4月20日、レリティエは「エルキュール」の処女航海をするように命じられブレストの、ジュスタン・ボナヴァンテュール・モラール・ド・ガレ(英語版中将指揮下の主力艦隊に合流すべく、海岸に沿って北西に短い航海をして、ブレスト乗員増員し定員いっぱいにする予定だった。艦上には戦列艦用の艤装含めた余剰物資があった、この月始めにロリアン火災遭った「キャトルズ・ジュイユ(英語版)」のものだった 。「エルキュール」の乗員海に不慣れで艦長のレリティエ自身は交戦をしようという意思がなく、最初の日は一日中海岸線張り付いていた。「エルキュール」がオーディエルヌ湾の、ポワン・パンマール(英語版)とラ岬の間を横切った時、その時北西帆影見えた。 その帆影ブリッドポート艦隊のうち3隻の軍艦のものだった4月21日11時イギリス艦隊はイロニーズ海を航海していて、東方向12海里22キロ)の所に2隻の艦が見えたフッド艦隊の中で最も東にいた3隻を派遣してその2隻を調べるように命じた。この3隻はフッド指揮する74戦列艦の「マーズ」とヘンリー・インマン英語版艦長の「ラミリーズ」、そしてチャールズ・スターリング艦長38フリゲートジェイソン英語版)」だった。見知らぬ艦を追うイギリス大型戦列艦に、強風味方した。この艦はフランスのものだとわかり、14時までには追いついたが、その時南東15海里28キロ)の所に3隻目が見えた。この艦は岸に接近して航海していた。 この3隻目は、午前中に発見されたものよりもはるかに大きくフッド指揮下の3隻は、それまでの2隻のフランス艦の追跡をやめて、こちらの方を追うことにした。この艦は「エルキュール」だった。17時45分には、「エルキュール」は背後広がったイギリス戦隊から大慌て逃げ出したそれ以外フッド艦隊ははるか西にいた。「ジェイソン」は「マーズより速く、「マーズ」はじきに「ジェイソン」の陰になったが、「ラミリーズ」の艦長インマン前方のトップマストを失って落伍した経験豊富な士官であり、ブリッドポートの甥でもあるフッドは、艦を前に進めてジェイソンエルキュール追い上げた 。レリティエは、開放水域ではイギリス艦につかまって圧倒されることに気付いており、それよりも狭くて危険な水路であるラ・ド・サンを探して逃げることにした。この水路サン島ラ岬間にあって岩が多かったアイルランド遠征際には、フランス戦列艦「セデュイサン(英語版)」が、680人の乗員乗せたまま難破していた。 「エルキュール」が英仏海峡近づいたため、フッドは「マーズ」を右舷方向下手回し操舵させ、ジェイソン追いついてフランス艦を圧倒した20時30分、レリティエは、ラ・ド・サンをうまく航海するには、潮の流れが「エルキュール」には強すぎることに気づき代わりに錨綱につけた控え綱海峡入り口投錨した、この控え綱は主錨を止めておくためのもので、これによって安定感がまし、レリティエは停泊していた敵艦の方向にエルキュールの艫側を回すことができた。ここはラ岬南西約2海里(3.7キロ)で、レリティエが目指すブレストにはおよそ21海里39キロ)の地点だった。

※この「追跡」の解説は、「ラ・ド・サンの海戦」の解説の一部です。
「追跡」を含む「ラ・ド・サンの海戦」の記事については、「ラ・ド・サンの海戦」の概要を参照ください。


追跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/26 18:30 UTC 版)

パブロ・エスコバル」の記事における「追跡」の解説

エスコバル脱走したのち、アメリカ合衆国統合特殊作戦司令部(DEVGRUSEAL Team Six〉と特殊作戦部隊隊員構成される)とアメリカ陸軍諜報支援活動部隊(Intelligence Support Activity)が、エスコバル捜索参加した。彼らは、コロンビア警察傘下特殊部隊エスコバル見付け出す目的で結成された「Bloque de Búsqueda」(「ブロッケ・デ・ボスケダ」)に訓練施し助言与えたその後アメリカ連邦政府およびコロンビア政府エスコバルとの対立長引きエスコバル敵対者増えていくにつれて、「ロス・ペペス」(Los Pepes)と呼ばれる自警団結成された。これは「Los Perseguidos por Pablo Escobar」(「ロス・ペルセギードス・ポル・パブロ・エスコバル」)の頭文字から取ったもので、その意味は「パブロ・エスコバル苦しめられ人々」である。この集団には、1980年代エスコバルの元を離れたカリ・カルテル(Cali Cartel)やカルロス・カスターニョ(Carlos Castaño)率い右派準軍事組織(のちにコルドバウラバ小作農自衛部隊資金提供した)が資金提供しており、エスコバル敵対者や、かつて彼の仲間だった人物属していた。自警団の「ロス・ペペス」はエスコバルに対する復讐心燃やして血腥い闘争展開し300人を超えるエスコバル仲間弁護士親族殺していき、メデジン・カルテル財産の大半毀損した。 エスコバル捜索部隊「ブロッケ・デ・ボスケダ」およびコロンビアアメリカ諜報機関は、「ロス・ペペス」と共闘したり、「ブロッケ・デ・ボスケダ」と「ロス・ペペス」の役割同時に兼任する形でエスコバル捜索努めた。この連携は、「ロス・ペペス」がエスコバル残された数少ない同盟者仕留める目的で情報の共有を通じて進められとされているが、「ブロッケ・デ・ボスケダ」の一部人間が「ロス・ペペス」内の暗殺部隊作戦任務直々に参加した、という報告もある。「ロス・ペペス」の頭目1人にディエゴ・モリーヨ・ベハラノ(Diego Murillo Bejarano)がおり、かつてメデジン・カルテル属していた。彼はエスコバル対立した麻薬売人であり、のちにコロンビア自衛軍連合(Las Autodefensas Unidas de Colombia)の内部で影響力が強い派閥一つ幹部となった

※この「追跡」の解説は、「パブロ・エスコバル」の解説の一部です。
「追跡」を含む「パブロ・エスコバル」の記事については、「パブロ・エスコバル」の概要を参照ください。


追跡(空港ステージ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/27 07:51 UTC 版)

ラッシング・ビート修羅」の記事における「追跡(空港ステージ)」の解説

見えない絆」をクリアすると来ることのできるステージ前半空港を、後半輸送機内部進んでいく。ボス登場しないが、最後に登場するロボデータ×2一定時間内に破壊きたかどうかにより次のステージ分岐する

※この「追跡(空港ステージ)」の解説は、「ラッシング・ビート修羅」の解説の一部です。
「追跡(空港ステージ)」を含む「ラッシング・ビート修羅」の記事については、「ラッシング・ビート修羅」の概要を参照ください。


追跡(ワールドマップからは選択不可、クリア時の評価なし)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/13 09:03 UTC 版)

ニード・フォー・スピード ライバルズ」の記事における「追跡(ワールドマップからは選択不可クリア時の評価なし)」の解説

フィールド上のレーサー追跡する他のプレイヤー逮捕した場合同等のスピードポイントを獲得できる

※この「追跡(ワールドマップからは選択不可、クリア時の評価なし)」の解説は、「ニード・フォー・スピード ライバルズ」の解説の一部です。
「追跡(ワールドマップからは選択不可、クリア時の評価なし)」を含む「ニード・フォー・スピード ライバルズ」の記事については、「ニード・フォー・スピード ライバルズ」の概要を参照ください。


追跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/25 17:29 UTC 版)

コスモス1号」の記事における「追跡」の解説

この宇宙船は、地球上のほとんどの場所から裸眼観測することができる。予定された軌道軌道傾斜角は約80°である。そのため、南北緯度が約80°までの範囲観測することができる。 モスクワ南120kmのタルサ駅、カリフォルニア大学バークレー校宇宙科学研究所等の世界中機関から構成される追跡ネットワークミッション間中接触保とう試みたミッションコントロールは、モスクワのラーボチキン宇宙船設計局置かれた

※この「追跡」の解説は、「コスモス1号」の解説の一部です。
「追跡」を含む「コスモス1号」の記事については、「コスモス1号」の概要を参照ください。


追跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/21 01:20 UTC 版)

ジョーカー・ゲーム」の記事における「追跡」の解説

在日新聞記者アーロン・プライスは、愛妻ベルギー人エレン仲睦まじく暮らしていた。しかし、その裏アーロン10年前より英国からのスパイとして活動しており、現在はD機関結城中佐について調べていた。町山という人物から入手した明治33年以降5年分の陸軍幼年学校記録から、首席入学したのにも関わらず退学している有崎晃という人間結城であると睨み、その有崎家の執事をしていた里村という老人の元を尋ねる。

※この「追跡」の解説は、「ジョーカー・ゲーム」の解説の一部です。
「追跡」を含む「ジョーカー・ゲーム」の記事については、「ジョーカー・ゲーム」の概要を参照ください。


追跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/21 01:20 UTC 版)

ジョーカー・ゲーム」の記事における「追跡」の解説

アーロン・プライス 英国秘密情報部スパイ新聞記者偽装し、親日家として日本友好的に紹介する記事書きつつ、裏では密かに結城について調べていたが、D機関の罠にはまり情報網奪われ引退する里村さとむら) 有崎家の家令アーロン訪問取材を受け、有崎子爵と晃について教える。しかし、彼がアーロン話した経歴は、晃の診療所斡旋治療費肩代わりのため、結城があらかじめ吹き込んでおいた偽装経歴だった。後に憲兵捕まったアーロン身元引受け人となる有崎 晃(ありざき あきら) 有崎子爵が突然連れて帰って来た子供子爵から一身英才教育を受けて育ち優秀な成績陸軍幼年学校入学するが、生徒間の喧嘩原因で退学するその後欧州まわった後、戦場訪れた際、敵側毒ガス攻撃巻き込まれ昏睡状態となる。 最初結城正体だと思われていたが、結局は彼の素性隠れ蓑使われいただけだった。 有崎 直哉(ありざき なおちか) 元帝陸軍少将子爵称号を持つ、武家上がり勲功華族一人ある日連れ帰た少年に、晃と名付け熱心な英才教育施し育てるが、最後まで自分の戸籍に入れる事はないまま死去し爵位返還されるエレン・プライス アーロンの妻。29歳ベルギー人年齢離れているせいか甘やかし気味であり、子供っぽい言動が多い。夫がスパイである事は知らないマンスフィールド・カミング 海軍大佐英国秘密情報部初代機関長(スパイマスター)。 晃の後見人かつアーロン師匠

※この「追跡」の解説は、「ジョーカー・ゲーム」の解説の一部です。
「追跡」を含む「ジョーカー・ゲーム」の記事については、「ジョーカー・ゲーム」の概要を参照ください。


追跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 14:41 UTC 版)

能登半島沖不審船事件」の記事における「追跡」の解説

11時30分海上保安庁新潟航空基地飛び立ったS-76Cヘリコプターらいちょう1号」は、不審船写真撮影するとともに船舶電話使って呼びかけ朝鮮語、英語、日本語による)を行ったが、不審船からは何の反応もなかった。海上保安庁では、特殊警備隊SST)を大阪からヘリコプターで「ちくぜん」に搬送し待機させた。日没前には「はるな」艦載ヘリ不審船撮影し航空自衛隊小松基地着陸して防衛庁画像伝送。これが初めての画像伝送装置実戦使用になった日本海側の各警察出されていた「KB参考情報」は、さらに重要度が高い「KB情報例の不審船明らかに北朝鮮工作船である。警察沿岸地域厳重に警戒せよ。の意)」に変更される警察は、人気のない海岸での工作員密入国や、「土台人」が工作員待ち受けたりないよう海岸沿い警戒強化した

※この「追跡」の解説は、「能登半島沖不審船事件」の解説の一部です。
「追跡」を含む「能登半島沖不審船事件」の記事については、「能登半島沖不審船事件」の概要を参照ください。


追跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/07 19:42 UTC 版)

サンフランソワの襲撃」の記事における「追跡」の解説

襲撃知った総督ヴォードルイユは、レンジャーズを追跡中の400人の兵に加え300人援軍出したロジャーズ来た道とは違う経路で退却した。サンフランソワの集落からの略奪物が重かったが、1週間で サンフランソワからメムフレマゴグ湖を8日踏破した現在のシャーブルックのあたりで、ロジャーズ重大な判断下した。隊を10人から20人の小隊分けそうすることで食物探し狩り効率よくできるようにした。しかし、追跡者からは狙われやすくなった。 いくつかの小隊は、頑強なフランス軍追われた。あるフランス兵証言によると、40人ばかりのロジャーズの兵が殺され10人が捕虜としてサンフランソワへ連れ戻された。サンフランソワでは、捕虜何人かが、フランス系カナダ人救おうとしたにもかかわらずインディアン女性激しい怒り犠牲となった。しかし、歴史家のフランク・マクリンによれば、この遠征での死者捕虜は、士官3人そのほか46となっている 。 レンジャーズ約束していたクーズ・インターヴァル(ムース・メドウ)に着いた。しかしそこに食糧はなかった。アマースト命令によって、サミュエル・スティーヴンズが食糧運んだが、銃声聞いて、敵が近づいた思い込み食糧もろとも退却したのであるレンジャーズ着いたのはその2時間後でたき火がまだくすぶっており、合図に銃を何発か撃ったむなしかったこの後ロジャーズは、アマーストの手紙にこの時のつらさ、失望感と、川を下って、ナンバーフォー砦まで自ら食糧を得るために行ったことを記している彼は痩せ衰えた兵たちに、10日以内食物を持って戻ると約束して3人の兵とコネチカット川をいかだで下り10月31日にやっと思いでナンバーフォー砦に到着した。すぐに食糧上流に送られロジャーズ10日後に飢えた仲間ところに戻ってきた。また、他の小部隊いくつか飢え疲れとでクラウンポイントにほうほうのていで帰還した

※この「追跡」の解説は、「サンフランソワの襲撃」の解説の一部です。
「追跡」を含む「サンフランソワの襲撃」の記事については、「サンフランソワの襲撃」の概要を参照ください。


追跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/01 10:22 UTC 版)

トーリー島の海戦」の記事における「追跡」の解説

日が暮れるまでに、フランス艦の何隻かはドニゴール湾で、カナダ、メランパス、フードロイアントになおも追跡されていた。両軍闇の中で追いつ追われつし、カナダもう少しで座礁するところだった。戦いの場に戻ると、ウォーレンロバストに、ラフ・スウィリーにオッシュ引っ張って行くように命じた後にこの命令批判呼んだロバストはかなり損失受けた態でその前の週に吹き荒れた嵐がまだ弱まっていなかったからである10月13日、この2隻は強風を受け、オッシュマストを何本か折り牽引していたロープ切れたが、ロバスト乗員オッシュ乗員との協力浸水による沈没だけは免れた結局10月15日になってドリスやって来て、オッシュ牽引し、ラフ・スウィリーに到着したその後数日間何事もなかった。その間エタリオンは港内にベローヌが無事でいるのを発見しマグナニムアメリアは、それぞれコキーユとエムビュスカードを連行した

※この「追跡」の解説は、「トーリー島の海戦」の解説の一部です。
「追跡」を含む「トーリー島の海戦」の記事については、「トーリー島の海戦」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「追跡」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

追跡

出典:『Wiktionary』 (2014/04/25 12:30 UTC 版)

名詞

ついせき

  1. 逃げるを追うこと。

動詞

活用

サ行変格活用
追跡-する

「追跡」の例文・使い方・用例・文例




固有名詞の分類


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



追跡のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの追跡 (改訂履歴)、追跡! (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの奈良県大和郡山市警察官発砲致死事件 (改訂履歴)、1797年1月13日の海戦 (改訂履歴)、ゲーベン追跡戦 (改訂履歴)、氷河末端 (改訂履歴)、ラ・ド・サンの海戦 (改訂履歴)、パブロ・エスコバル (改訂履歴)、ラッシング・ビート修羅 (改訂履歴)、ニード・フォー・スピード ライバルズ (改訂履歴)、コスモス1号 (改訂履歴)、ジョーカー・ゲーム (改訂履歴)、能登半島沖不審船事件 (改訂履歴)、サンフランソワの襲撃 (改訂履歴)、トーリー島の海戦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの追跡 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS