渡辺啓助とは? わかりやすく解説

渡辺啓助(わたなべ・けいすけ)

本名渡辺圭介。1901年(明34)、秋田市生まれ中学校教師をしていたが、教え子中薗英助がいる。「幻影城」にイラスト描いている画家である渡辺東は娘。新青年編集部所属していた渡辺温実弟
九州大学法文学部史学科卒。同人誌科学小説主宰日影丈吉阿部主計とともに東横線グループ形成。「薔薇愛す悪魔派詩人」と称される
1928年(昭3)、江戸川乱歩名義でポー短編渡辺温とともに翻訳し、「世界大衆文学全集」に掲載
1929年(昭4)、俳優岡田時彦名義で、「偽眼のマドンナ」を「新青年」に発表
1929年(昭4)から、筆名変えながら、「復讐芸人」(圭介名義1929年(昭4))、「血笑婦」(啓介名義1930年(昭5))、「変身術師」(啓助名義1931年(昭6))を「新青年」に発表
1937年(昭12)には「新青年」にて連続短編掲載
1937年(昭12)、「決闘記」を「新青年」に発表
1940年(昭15)、「新青年」に発表した北極第五番街」は読者投稿第一位選出される
1941年(昭16)、「砂漠地下廊」を「新青年」に発表
1942年(昭17)、美川きよと共に北支蒙古への報道班員となる。
1942年(昭17)、「新青年」に掲載した密林医師」により、1942年(昭17)に第15回直木賞の候補となる。
1942年(昭17)、「新青年」に発表したオルドスの鷹」は、1942年(昭17)に第16回直木賞候補となった
1943年(昭18)、「新青年」に発表した西北撮影隊」(のちに洞窟女学生)は、1943年(昭18)に第17回直木賞候補となった
終戦後から群馬県渋川疎開し、同人誌「B」を刊行
1947年(昭22)に「ロック」に発表した桃色食欲」が、探偵作家クラブの「探偵小説年鑑1948年版」に収録される。
1948年(昭23)に「ロック」に発表した「毒薔薇」が、探偵作家クラブの「探偵小説年鑑1949年版」に収録される。
1949年(昭24)に「クラブ」に発表した浴室殺人事件」が、探偵作家クラブの「探偵小説年鑑1950年版」に収録される。
1950年(昭25)、「宝石」に発表したモンゴル怪猫伝」が1951年(昭26)に第4回探偵作家クラブ賞短編賞の候となった同時に探偵作家クラブの「探偵小説年鑑1951年版」に収録される。
1951年(昭26)に「宝石」に発表した「白い拷問」が、探偵作家クラブの「探偵小説年鑑1952年版」に収録される。
1952年(昭27)に「宝石」に発表した聖ジョン学院の悪魔」が、1953年(昭28)に第6回探偵作家クラブ賞候補作となる。また、探偵作家クラブの「探偵小説年鑑1953年版」に収録される。
1953年(昭28)に「宝石」に発表した美し青春」が、探偵作家クラブの「探偵小説年鑑1954年版」に収録される。
1954年(昭29)、「宝石」に発表した「キュラサオの首」が1955年(昭30)に第8回日本探偵作家クラブ賞の候補となる。また、日本探偵作家クラブの「探偵小説年鑑1955年版」に収録される。
1955年(昭30)、「宝石」に発表したクレオパトラサロメ」が1956年(昭31)、第9回日本探偵作家クラブ賞候補作となる。また、日本探偵作家クラブの「探偵小説年鑑1956年版」に収録される。
1957年(昭32)、都筑道夫矢野徹星新一とともにSF同人誌科学雑誌」を発行発行団体は「おめがクラブ」。
1956年(昭31)に「宝石」に発表した「血笑島にて」が1957年(昭32)に第10回日本探偵作家クラブ賞候補作となる。同時に日本探偵作家クラブの「探偵小説年鑑1957年版」に収録される。
1958年(昭33)、「宝石」に発表した吸血鬼考」が1958年(昭33)、第11回日本探偵作家クラブ賞の候補となる。同時に日本探偵作家クラブの「探偵小説年鑑1958年版」に収録される。
1958年(昭33)、「宝石」に発表した寝衣ネグリジェ)」が1959年(昭34)、第12回日本探偵作家クラブ賞の候補となる。同時に日本探偵作家クラブの「探偵小説年鑑1959年度版」に収録される。
1959年(昭34)に「宝石」に発表したクムラン洞窟」は日本探偵作家クラブの「推理小説ベスト15 1960年版」に収録される。
1960年(昭35)に「宝石」に発表した恐山」は日本探偵作家クラブの「1961 推理小説ベスト20」に収録される。
1960年(昭35)、第四代日探偵作家クラブ会長に就任。
1961年(昭36)に「宝石」に発表した「島」は日本探偵作家クラブの「1962 推理小説ベスト20」に収録される。
1962年(昭37)に「宝石」に発表した金魚」は日本推理作家協会の「推理小説ベスト24 1963年版」に収録される。
2001年(平13)、満100歳迎え自らが主宰するの会」の主催で、「ギャラリーオキュルス」「書肆 啓祐堂」にて「渡辺啓助100歳記念展」を開催
2002年(平14)、肺炎により死去



渡辺啓助

下の映画渡辺啓助関連してます。
 


渡辺啓助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/09 15:42 UTC 版)

(わたなべ けいすけ、1901年1月10日(1900年末?) - 2002年1月19日)[1]は、日本推理作家。本名は渡辺 圭介。渡辺伊太郎・渡辺ツネの次男で、画家の渡辺東は娘、推理作家の渡辺温は実弟である。秋田県秋田市生まれ。


  1. ^ 日本人名大辞典+Plus デジタル版. “渡辺啓助とは”. コトバンク. 2021年12月9日閲覧。


「渡辺啓助」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

渡辺啓助のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



渡辺啓助のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち
この記事は「探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち」の記事を転載しております。
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの渡辺啓助 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS