肺炎とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 疾患 > 肺炎 > 肺炎の意味・解説 

はい えん [0] 【肺炎】

肺炎球菌などの細菌やマイコプラズマ・ウイルスなどの感染により、肺に起きる炎症発熱・咳・喀痰胸痛呼吸困難などを呈する化学物質アレルギーによって起こる場合もある。

肺炎

読み方はいえん

肺に炎症が起きている状態の総称一般的に肺の急性感染症のことを指す。

 細菌ウイルス感染などさまざまな理由で肺に炎症が起こっている状態で、一般的に急性の感染症場合をいいます。死亡原因占め順位全体で4位ですが、高齢多くなっています。
 喫煙はそれ自体肺の組織ダメージ与えることはもちろん、あらゆる肺炎の危険因子となります。特に喫煙との強い関連明らかになっている肺炎として、急性好酸球性肺炎剥離性間質性肺炎などがあります


肺炎

【仮名】はいえん
原文pneumonia

肺胞空気の入る微小な袋)の中が液体満たされる肺の重度炎症。この病態では、肺に吸引された空気から血液中に吸収される酸素の量が減少することがある。肺炎は感染原因で起こるのが通常であるが、放射線療法アレルギー吸引された物質による肺組織への刺激などが原因となることもある。肺の一部分のみが侵される場合もあれば、肺全体が侵される場合もある。

肺炎、肺臓炎

【仮名】はいえん
原文pneumonitis

肺の炎症原因としては、種々の疾患感染放射線療法アレルギー、吸い込んだ物質による肺組織への刺激などが挙げられる。

肺炎

作者フェルナンド・ナモーラ

収載図書たったひとつのオレンジ
出版社彩流社
刊行年月1986.6


肺炎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/22 15:12 UTC 版)

肺炎(はいえん、: Pneumonia)とは、の炎症性疾患の総称である。


  1. ^ Other Names for Pneumonia”. NHLBI (2011年3月1日). 2016年3月2日閲覧。
  2. ^ How Can Pneumonia Be Prevented?”. NHLBI (2011年3月1日). 2016年3月3日閲覧。
  3. ^ a b What Is Pneumonia?”. NHLBI (2011年3月1日). 2016年3月2日閲覧。
  4. ^ a b How Is Pneumonia Treated?”. NHLBI (2011年3月1日). 2016年3月3日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l Ruuskanen, O; Lahti, E; Jennings, LC; Murdoch, DR (2011-04-09). “Viral pneumonia”. Lancet 377 (9773): 1264–75. doi:10.1016/S0140-6736(10)61459-6. PMID 21435708. 
  6. ^ a b c Lodha, R; Kabra, SK; Pandey, RM (4 June 2013). “Antibiotics for community-acquired pneumonia in children.”. The Cochrane database of systematic reviews 6: CD004874. doi:10.1002/14651858.CD004874.pub4. PMID 23733365. 
  7. ^ Osler, William (1901). Principles and Practice of Medicine, 4th Edition. New York: D. Appleton and Company. pp. 108. http://mcgovern.library.tmc.edu/data/www/html/people/osler/PPM4th/OP400067.htm. 
  8. ^ George, Ronald B. (2005). Chest medicine : essentials of pulmonary and critical care medicine (5th ed.). Philadelphia, PA: Lippincott Williams & Wilkins. pp. 353. ISBN 9780781752732. https://books.google.com/books?id=ZzlX2zJMbdgC&pg=PA353. 
  9. ^ a b Eddy, Orin (Dec 2005). “Community-Acquired Pneumonia: From Common Pathogens To Emerging Resistance”. Emergency Medicine Practice 7 (12). https://www.ebmedicine.net/topics.php?paction=showTopic&topic_id=118. 
  10. ^ a b Nair, GB; Niederman, MS (November 2011). “Community-acquired pneumonia: an unfinished battle”. The Medical clinics of North America 95 (6): 1143–61. doi:10.1016/j.mcna.2011.08.007. PMID 22032432. 
  11. ^ 厚生労働省>統計情報・白書>各種統計調査>厚生労働統計一覧>人口動態調査>人口動態統計(確定数)の概況>平成22年(2010)人口動態統計(確定数)の概況>人口動態統計年報 主要統計表(最新データ、年次推移)>14ページ 第7表 死因順位(第5位まで)別にみた死亡数・死亡率(人口10万対)の年次推移
  12. ^ 厚生労働省>人口動態統計>平成23年度>第6表 死亡数・死亡率(人口10万対),死因簡単分類別
  13. ^ 厚生労働省>人口動態統計>平成23年度>第7表 死因順位(1~5位)別死亡数・死亡率(人口10万対),性・年齢(5歳階級)別
  14. ^ 厚生労働省>人口動態統計>平成25年度>第6表 死亡数・死亡率(人口10万対),死因簡単分類別
  15. ^ 厚生労働省>人口動態統計>平成25年度>第7表 死因順位(1~5位)別死亡数・死亡率(人口10万対),性・年齢(5歳階級)別
  16. ^ a b 厚生労働省>人口動態統計>平成27年度>第6表 死亡数・死亡率(人口10万対),死因簡単分類別
  17. ^ a b 厚生労働省>人口動態統計>平成27年度>第7表 死因順位(1~5位)別死亡数・死亡率(人口10万対),性・年齢(5歳階級)別
  18. ^ “Pneumonia - management in the developing world”. Paediatric Respiratory Reviews 12 (1): 52–9. (March 2011). doi:10.1016/j.prrv.2010.09.011. PMID 21172676. 
  19. ^ “Global, regional, and national causes of child mortality: an updated systematic analysis for 2010 with time trends since 2000”. Lancet 379 (9832): 2151–61. (June 2012). doi:10.1016/S0140-6736(12)60560-1. PMID 22579125. 
  20. ^ “Epidemiology and etiology of childhood pneumonia”. Bulletin of the World Health Organization 86 (5): 408–16. (May 2008). doi:10.2471/BLT.07.048769. PMC: 2647437. PMID 18545744. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2647437/. 
  21. ^ “The magnitude of mortality from acute respiratory infections in children under 5 years in developing countries”. World Health Statistics Quarterly. Rapport Trimestriel De Statistiques Sanitaires Mondiales 45 (2-3): 180–91. (1992). PMID 1462653. 
  22. ^ “Pneumococcal vaccines. WHO position paper”. Releve Epidemiologique Hebdomadaire 74 (23): 177–83. (June 1999). PMID 10437429. 
  23. ^ Overview of Emergency Department Visits in the United States, 2011”. HCUP Statistical Brief #174. Rockville, MD: Agency for Healthcare Research and Quality (2014年6月). 2018年9月5日閲覧。
  24. ^ a b Sharma, S; Maycher, B; Eschun, G (May 2007). “Radiological imaging in pneumonia: recent innovations”. Current Opinion in Pulmonary Medicine 13 (3): 159–69. doi:10.1097/MCP.0b013e3280f3bff4. PMID 17414122. 
  25. ^ Anevlavis S; Bouros D (February 2010). “Community acquired bacterial pneumonia”. Expert Opin Pharmacother 11 (3): 361–74. doi:10.1517/14656560903508770. PMID 20085502. 
  26. ^ a b Murray and Nadel (2010). Chapter 31.
  27. ^ Figueiredo LT (September 2009). “Viral pneumonia: epidemiological, clinical, pathophysiological, and therapeutic aspects”. J Bras Pneumol 35 (9): 899–906. doi:10.1590/S1806-37132009000900012. PMID 19820817. 
  28. ^ a b Behera, D. (2010). Textbook of pulmonary medicine (2nd ed.). New Delhi: Jaypee Brothers Medical Pub.. pp. 391–394. ISBN 8184487495. https://books.google.com/books?id=0TbJjd9eTp0C&pg=PA391. 
  29. ^ Tintinalli, Judith E. (2010). Emergency Medicine: A Comprehensive Study Guide (Emergency Medicine (Tintinalli)). New York: McGraw-Hill Companies. pp. 480. ISBN 0-07-148480-9. 
  30. ^ Shah, Vaishali P.; Tunik, Michael G.; Tsung, James W. (2013). “Prospective Evaluation of Point-of-Care Ultrasonography for the Diagnosis of Pneumonia in Children and Young Adults”. JAMA Pediatrics 167 (2): 119. doi:10.1001/2013.jamapediatrics.107. ISSN 2168-6203. 
  31. ^ Darge, Kassa; Chen, Aaron (2013). “Ultrasonography of the Lungs and Pleurae for the Diagnosis of Pneumonia in Children”. JAMA Pediatrics 167 (2): 187. doi:10.1001/2013.jamapediatrics.409. ISSN 2168-6203. 
  32. ^ 進藤有一郎、長谷川好規:医療ケア関連肺炎. 『化学療法の領域』27(4)、p117-124、2011.
  33. ^ Hemilä H, Louhiala P (August 2013). “Vitamin C for preventing and treating pneumonia”. Cochrane Database Syst Re (8): CD005532. doi:10.1002/14651858.CD005532.pub3. PMID 23925826. http://cochranelibrary-wiley.com/doi/10.1002/14651858.CD005532.pub3/full.  肺炎の予防と治療に対するビタミンC
  34. ^ Saito A. et al: J Infect Chemother 12 (2): 63, 2006
  35. ^ 猪狩淳: 順天堂医学 50 (2): 124, 2004
  36. ^ Vaughn VM et al. Excess antibiotic treatment duration and adverse events in patients hospitalized with pneumonia: A multihospital cohort study. Ann Intern Med 2019;171:153. (https://doi.org/10.7326/M18-3640)
  37. ^ Spellberg B and Rice LB. Duration of antibiotic therapy: Shorter is better. Ann Intern Med 2019;171:210. (https://doi.org/10.7326/M19-1509)
  38. ^ 過敏性肺炎 MSDマニュアル プロフェッショナル版
  39. ^ 稲瀬直彦、過敏性肺炎の最近の動向 日本内科学会雑誌 105巻 (2016) 6号 p.991-996, doi:10.2169/naika.105.991


「肺炎」の続きの解説一覧

肺炎

出典:『Wiktionary』 (2012/02/22 15:35 UTC 版)

名詞

はいえん

  1. 炎症起きる病気

発音

は↗いえん

翻訳




肺炎と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「肺炎」の関連用語

肺炎のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



肺炎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
厚生労働省厚生労働省
(C)2019 Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.
e-ヘルスネット
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2019 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの肺炎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの肺炎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2019 Weblio RSS