レジオネラ肺炎とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > レジオネラ肺炎の意味・解説 

レジオネラ肺炎

読み方:レジオネラはいえん

レジオネラレジオネラ菌)を肺に吸い込むことで発症する肺炎一種循環利用する銭湯などで繁殖しやすく、空調設備により空気中に散布されて肺に到達する。免疫力低下している高齢者などが罹りやすい。

レジオネラ肺炎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/11/25 15:33 UTC 版)

2 - 10日潜伏期間経て高熱、咳、頭痛筋肉痛悪感等の症状が起こる。進行すると呼吸困難を発し胸の痛み下痢意識障害等を併発する。死亡率15% - 30%と高い。

※この「レジオネラ肺炎」の解説は、「レジオネラ」の解説の一部です。» 「レジオネラ」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「レジオネラ肺炎」の関連用語

レジオネラ肺炎のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



レジオネラ肺炎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのレジオネラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS