クレブシエラ・ニューモニエとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > その他の生物 > 真正細菌 > クレブシエラ・ニューモニエの意味・解説 

クレブシエラ・ニューモニエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/15 05:49 UTC 版)

クレブシエラ・ニューモニエKlebsiella pneumoniae)とは、グラム陰性桿菌で、日本では肺炎桿菌とも呼ばれる。口腔腸管における常在菌で、環境中からも検出される[1]。しばしば呼吸器感染症、尿路感染症などを引き起こす。弱毒菌であるが、菌交代現象を起こし、感染症を引き起こし問題となる[2]


  1. ^ 高畑薫,橋田修志,藤居敏 ほか、「東京都内の自家用井戸水における大腸菌群汚染状況」 日本食品微生物学会雑誌 1995年 12巻 2号 p.141-145, doi:10.5803/jsfm.12.141
  2. ^ 中家歩美、山﨑勝利、近藤孝美 ほか、「【原著】日本赤十字社和歌山医療センターでアウトブレイクが疑われた ESBL およびプラスミド性 AmpC 同時産生Klebsiella pneumoniaeに関する解析 (PDF) 」 日本臨床微生物学雑誌 2014年 Vo.24 No.2 p.131─137


「クレブシエラ・ニューモニエ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「クレブシエラ・ニューモニエ」の関連用語

クレブシエラ・ニューモニエのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



クレブシエラ・ニューモニエのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクレブシエラ・ニューモニエ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS