アスピリン喘息とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 疾患 > 喘息 > アスピリン喘息の意味・解説 

アスピリン喘息

成人喘息患者さんのう10人に1人ぐらいは解熱鎮痛薬喘息発作起こりアスピリン喘息と呼ばれている。この様な患者さんはアスピリン様の効果を持つすべての解熱鎮痛薬熱冷まし痛み止め風邪薬など)を服用したり,座薬使用したり,塗布すると使用直後から1時間程度の間で大きな発作が起こる。時に意識がなくなるほどの大発作死亡する場合もあり注意が必要である。過去にその様なエピソードある患者さんは絶対エピソードがなくても解熱鎮痛薬使用したことがない方はできれば使用しない方が安全である。

気管支喘息

(アスピリン喘息 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/12 05:51 UTC 版)

気管支喘息(きかんしぜんそく、bronchial asthma)または喘息(ぜんそく、asthma)は、慢性の気道炎症(好酸球性炎症が典型的であるが、好酸球以外の炎症性細胞が主体の表現型も存在する)、気流制限(典型例では、通常、可逆性あり)、気道過敏性の亢進を病態の基盤に有し、発作性に、呼吸困難、喘鳴、などの呼吸器症状をきたす症候群である。




  1. ^ [1]、社団法人日本アレルギー学会ホームページ
  2. ^ Hosseini B, Berthon BS, Wark P, Wood LG (2017). “Effects of Fruit and Vegetable Consumption on Risk of Asthma, Wheezing and Immune Responses: A Systematic Review and Meta-Analysis”. Nutrients 9 (4). doi:10.3390/nu9040341. PMC 5409680. PMID 28353635. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5409680/. 
  3. ^ Seyedrezazadeh E, Moghaddam MP, Ansarin K, Vafa MR, Sharma S, Kolahdooz F (2014). “Fruit and vegetable intake and risk of wheezing and asthma: a systematic review and meta-analysis”. Nutr. Rev. 72 (7): 411–28. doi:10.1111/nure.12121. PMID 24947126. 
  4. ^ Nurmatov U, Devereux G, Sheikh A (2011). “Nutrients and foods for the primary prevention of asthma and allergy: systematic review and meta-analysis”. J. Allergy Clin. Immunol. 127 (3): 724–33.e1–30. doi:10.1016/j.jaci.2010.11.001. PMID 21185068. 
  5. ^ Nagel G, Weinmayr G, Kleiner A, Garcia-Marcos L, Strachan DP (2010). “Effect of diet on asthma and allergic sensitisation in the International Study on Allergies and Asthma in Childhood (ISAAC) Phase Two”. Thorax 65 (6): 516–22. doi:10.1136/thx.2009.128256. PMID 20522849. 
  6. ^ Bartley J, McGlashan SR (2010). “Does milk increase mucus production?”. Med. Hypotheses 74 (4): 732–4. doi:10.1016/j.mehy.2009.10.044. PMID 19932941. 
  7. ^ Takkouche B, González-Barcala FJ, Etminan M, Fitzgerald M (2008). “Exposure to furry pets and the risk of asthma and allergic rhinitis: a meta-analysis”. Allergy 63 (7): 857–64. doi:10.1111/j.1398-9995.2008.01732.x. PMID 18588551. 
  8. ^ Linehan MF, Nurmatov U, Frank TL, Niven RM, Baxter DN, Sheikh A (2014). “Does BCG vaccination protect against childhood asthma? Final results from the Manchester Community Asthma Study retrospective cohort study and updated systematic review and meta-analysis”. J. Allergy Clin. Immunol. 133 (3): 688–95.e14. doi:10.1016/j.jaci.2013.08.007. PMID 24084077. 
  9. ^ Lambert KA, Bowatte G, Tham R, et al. (2017). “Residential greenness and allergic respiratory diseases in children and adolescents - A systematic review and meta-analysis”. Environ. Res. 159: 212–221. doi:10.1016/j.envres.2017.08.002. PMID 28803150. 
  10. ^ Gruzieva O, Gehring U, Aalberse R, et al. (2014). “Meta-analysis of air pollution exposure association with allergic sensitization in European birth cohorts”. J. Allergy Clin. Immunol. 133 (3): 767–76.e7. doi:10.1016/j.jaci.2013.07.048. PMID 24094547. 
  11. ^ 岡山大学医学部検査部/輸血部インフォメーションIgE[2]
  12. ^ Beasley R. "The global burden of asthma report. Global initiative for ashma(GINA)" 2004
  13. ^ 平成8年度厚生省長期慢性疾患総合研究事業
  14. ^ 日本アレルギー学会喘息ガイドライン専門部会監修『喘息予防・管理ガイドライン2006』協和企画、2006年、22頁。
  15. ^ [3]、社団法人日本アレルギー学会ホームページ
  16. ^ 気管支ぜんそく/咳ぜんそく 日本医科大学呼吸ケアクリニック
  17. ^ せき(咳)・たん・ぜんそく(気管支ぜんそく)について アスゲン製薬
  18. ^ Busse WW, and others. Combined Analysis of Asthma Safety Trials of Long-Acting β2-Agonists. N Engl J Med 2018; 378:2497-2505 DOI: 10.1056/NEJMoa1716868
  19. ^ 長屋宏、「日本のアレルギー診療は50年遅れている」、メディカルトリビューン社。ISBN 978-4-89589-336-7
  20. ^ Bousquet J, Lockey R, Malling HJ. (Oct 1998). “Allergen immunotherapy: therapeutic vaccines for allergic diseases. A WHO position paper”. J Allergy Clin Immunol. 102 (4 Pt 1): pp.749-794. PMID 9802362
  21. ^ Jenkins, C; Costello, J; Hodge, L (2004), “Systematic review of prevalence of aspirin induced asthma and its implications for clinical practice”, BMJ 328: 434-439, PMID 14976098 full text
  22. ^ Marketos SG, Ballas CN. Bronchial asthma in the medical literature of Greek antiquity. J Asthma. 1982;19(4):263-9. PMID 6757243





アスピリン喘息と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アスピリン喘息」の関連用語

アスピリン喘息のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アスピリン喘息のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
リウマチ・アレルギー情報センターリウマチ・アレルギー情報センター
Copyright (c) 2019 The Rheumatism & Allergy Information Center All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの気管支喘息 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS