発作とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 保健 > 発作 > 発作の意味・解説 

ほっ‐さ【発作】

読み方:ほっさ

[名](スル)病気症状急激に起こること。ふつう短時間でおさまる。

右膝に疾を得て、時々—しければ」〈中村訳・西国立志編


発作

読み方:ホッサ(hossa)

病気症状突発的に起こること


発作


発作

作者アントン・チェーホフ

収載図書チェーホフ全集 4 発作・退屈な話
出版社筑摩書房
刊行年月1987.11

収載図書チェーホフ全集 5
出版社筑摩書房
刊行年月1993.12
シリーズ名ちくま文庫


発作


発作

作者中井紀夫

収載図書山手線のあやとり娘
出版社書房
刊行年月1992.5


発作

作者松本清張

収載図書松本清張傑作総集 1
出版社新潮社
刊行年月1993.10

収載図書誤差松本清張短編全集 9
出版社光文社
刊行年月2003.3
シリーズ名カッパ・ノベルス

収載図書潜在光景
出版社角川書店
刊行年月2004.10
シリーズ名角川文庫

収載図書共犯者
出版社新潮社
刊行年月2008.11
シリーズ名新潮文庫


発作

作者石上玄一郎

収載図書石上玄一郎作品集 第3巻
出版社日本図書センター
刊行年月2004.2

収載図書石上玄一郎小説作品集第3巻
出版社未知谷
刊行年月2008.5


発作

読み方:ホッサ(hossa)

作者 葛西善蔵

初出 大正6年

ジャンル 小説


発作

読み方:ホッサク(hossaku)

所在 千葉県印西市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

発作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/05 23:00 UTC 版)

発作(ほっさ、: paroxysmal attack)とは、痙攣Spasm)や痙攣発作Seizure)等の症状が突然再発したり、強まったりする事を指す[1]。このような短時間で頻発する症状は、様々な臨床症状で見られる。通常、多発性硬化症百日咳と関連してるが、脳炎頭部外傷脳卒中喘息三叉神経痛、憤怒痙攣、てんかんマラリア、脊髄癆、ベーチェット病発作性夜間ヘモグロビン尿症(PNH)などの他の疾患でも観察される事がある。また、子供の満足障害英語版の症状としても指摘されている[要出典]




「発作」の続きの解説一覧

発作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/03 01:27 UTC 版)

ベンゾジアゼピン」の記事における「発作」の解説

持続的な痙攣性てんかん発作は、救急医療必要とされる態であり、通常は強い抗てんかん薬である即効性ベンゾジアゼピン投与によって効果的に対処できる病院環境では、クロナゼパムロラゼパムジアゼパム静脈投与第一選択薬剤となり、クロナゼパムには他より強い抗痙攣作用があり、ロラゼパム作用開始速くジアゼパム作用時間長い。(日本においてはジアゼパムにのみ注射薬存在する通常の環境では、静脈内投与実用的はないため、坐剤による直腸からのジアゼパム投与や、(最近ではミダゾラム鼻腔あるいは口腔粘膜吸収用いられミダゾラムのほうが投与たやすく社会的に許容されやすい。 ベンゾジアゼピン最初に導入されたとき、それはすべての種類てんかん治療に対して積極的に採用された。しかし、眠気耐性継続使用のための問題となり、現在では長期的なてんかん治療の一次選択ではない。クロバザムは、オランダベルギーフランス一般的であり、国際的にてんかん専門病棟において広く使用されているアメリカでは2011年使用承認された。イギリスでは、クロバザムクロナゼパム両方多くの種類てんかん治療の二次選択薬剤である。クロバザムはまたごく短期的な発作の予防と、月経てんかん英語版)において有用であるてんかん治療に対する長期間の使用後の薬については、反跳性(リバウンド)の発作のリスクがあるため注意が必要である。従って、投与量を6か月上かけ徐々に漸減すべきである

※この「発作」の解説は、「ベンゾジアゼピン」の解説の一部です。
「発作」を含む「ベンゾジアゼピン」の記事については、「ベンゾジアゼピン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「発作」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

発作

出典:『Wiktionary』 (2021/09/06 13:55 UTC 版)

名詞

(ほっさ)

  1. 病気症状などが急激発して、短い期間去ること[1]

「発作」の例文・使い方・用例・文例




発作と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

発作のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



発作のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
環境再生保全機構環境再生保全機構
Copyright, 2022 Environmental Restoration and Conservation Agency. All rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの発作 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのベンゾジアゼピン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの発作 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS