葛根湯とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 医薬品 > > 漢方薬 > 葛根湯の意味・解説 

かっ こんとう -たう [0] 【葛根湯】

漢方薬の一。葛根主材料にし、麻黄桂枝生姜しようきよう)・甘草かんぞう)・芍薬やくやく)・大棗たいそう)を煎(せん)じた風邪などの際に発汗とし、また止瀉(ししやとして用いる。

葛根湯

読み方:カッコントウ(kakkontou)

の根を主要材料とした漢方薬


葛根湯

作者橘外男

収載図書橘外男ワンダーランドユーモア小説
出版社中央書院
刊行年月1995.12


葛根湯

読み方:カッコントウ(kakkontou)

作者 高村光太郎

初出 明治44年

ジャンル


葛根湯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/04 22:08 UTC 版)

葛根湯(かっこんとう)は、葛根麻黄などを原料とする漢方方剤の一種[1]。出典は中国の古典医学書籍[2]である『傷寒論』・『金匱要略』。


  1. ^ ショウガやクズから漢方薬『葛根湯』をつくる”. 福山大学. 2019年9月4日閲覧。
  2. ^ 葛根湯とは2019年5月22日
  3. ^ a b 「医薬品各条 生薬等 葛根湯エキス」『第十五改正日本薬局方』p1191 (PDF) 、厚生労働省公式webページ、2009年2月4日閲覧
  4. ^ Hsi-Ya Huang (1997). “Determination of puerarin, daidzein, paeoniflorin, cinnamic acid, glycyrrhizin, ephedrine, and [6]-gingerol in Ge-gen-tang by micellar electrokinetic chromatography”. Anal. Chim. Acta 351 (1–3): 49–55. doi:10.1016/S0003-2670(97)00349-8. 
  5. ^ Inotsume N, ukushima S, Goto N, Hayakawa T, Imai S, Inotsume N, Toda T, Yanaguimoto H (2009). “Pharmacokinetics of Ephedrine and Pseudoephedrine after Oral Administration of Kakkonto to Healthy Male Volunteers”. 臨床薬理 40 (3): 79-83. doi:10.3999/jscpt.40.79. 
  6. ^ 大塚敬節『漢方医学』創元社〈創元医学新書〉、1990年2月1日(原著1956年7月25日)、第3版、p.p.208。ISBN 4-422-41110-1
  7. ^ 合田幸広「第15改正日本薬局方に漢方エキス収載される:葛根湯、加味逍遙散、苓桂朮甘湯、補中益気湯、柴苓湯、大黄甘草湯の6処方」『漢方医薬学雑誌』2006年、14巻、1号、p162-163
  8. ^ McGregor NR (2007). “Pueraria lobata (Kudzu root) hangover remedies and acetaldehyde-associated neoplasm risk”. Alcohol 41 (7): 469-478. doi:10.1016/j.alcohol.2007.07.009. PMID 17980785. 
  9. ^ 矢​久​保​修​嗣​、木​下​優​子​、荒​川​泰​行、島​袋​宏​明、北​中​進「葛根湯の自律神経作用に対する心拍変動による検討」第43巻第4号、2006年、 NAID 10018387738
  10. ^ 入船 賢司「アリナミンFと葛根湯が除菌に有効であった緑膿菌性慢性気道感染症の1例」『日本呼吸器学会雑誌』第47巻第3号、2009年、 218-221頁、 PMID 19348269
  11. ^ Yamamoto T, Fujiwara K, Yoshida M, Kageyama-Yahara N, Kuramoto H, Shibahara N, Kadowaki M (2009). “Therapeutic effect of kakkonto in a mouse model of food allergy with gastrointestinal symptoms”. Int. Arch. Allergy Immunol. 148 (3): 175-185. doi:10.1159/000161578. PMID 18849609. 
  12. ^ 古村和子「矢数道明先生生誕百年記念原稿 漢方薬の効き目の根拠(EBM)(下)」『漢方の臨床』、2006年、53巻、2号、p351


「葛根湯」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「葛根湯」の関連用語

葛根湯のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



葛根湯のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの葛根湯 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS