アスペルギルス症とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 病気・健康 > 病気・けが > 病気 > 人獣共通感染症 > アスペルギルス症の意味・解説 

アスペルギルス症


アスペルギルス症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/18 06:18 UTC 版)

アスペルギルス症 (: aspergillosis) とはアスペルギルス属真菌を原因とする種々の真菌症疾病の総称で胞子の吸入と体内での増殖が原因の日和見感染症。アスペルギルス属の胞子は環境中に広く存在することから、ほとんどのヒトが毎日吸入しており、免疫に障害のあるヒトや家畜ではアスペルギルス症に進行する事がある。一般的な原因菌はアスペルギルス・フミガタス(Aspergillus fumigatus)であるが、A.flavusA. nigerでも発生することがある。発症には、原因菌により生産されるマイコトキシンの一種のグリオトキシンが関与していると考えられる[1]




  1. ^ 亀井克彦、落合恵理「住宅環境に生息する病原性カビ, 特にマイコトキシン産生カビによる真菌症について」、『マイコトキシン』第58巻第1号、日本マイコトキシン学会、2008年1月31日、 47-51頁、 doi:10.2520/myco.58.47NAID 10021920382


「アスペルギルス症」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アスペルギルス症」の関連用語

アスペルギルス症のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アスペルギルス症のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2019, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2019 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアスペルギルス症 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS