生検とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 保健 > 生検 > 生検の意味・解説 

生検

Biopsy

【概要】 診断の目的で、生体の組織ひとかけらほど取り出し検査をすること。顕微鏡検査にしたり、病原体見つけたりする。エイズでは特異的炎症(サイトメガロウイルス結核非定型抗酸菌など)や、悪性腫瘍(悪性リンパ腫カポジ肉腫)を診断するために、生検が必要になる場合がある。 

【詳しく】 問題はタイミング痛みや危険を伴うので、できるだけしないで確定診断を得たい。しかし躊躇した結果患者容態悪化して診断と適切な治療の機会を失ったり、間違った治療でもっと悪い状態を迎えることはさけなければならない

《参照》 非定型抗酸菌症


生検

【仮名】せいけん
原文biopsy

病理医による検査のために細胞または組織採取すること。病理医はその組織顕微鏡調べたり、その細胞または組織に対して他の検査実施したりする。生検の手技には様々な種類がある。最も一般的なものとしては以下のものがある:(1)切開生検組織サンプルだけを採取する方法;(2)摘出生検、しこりや疑わしい領域全体摘出する方法;(3)針生検組織体液サンプルを針を用いて採取する方法。太い針を使用する場合は、コア生検呼ばれる。細い針を使用する場合は、穿刺吸引生検呼ばれる

生検(せいけん)

マンモグラフィー超音波検査などの画像診断で異常が疑われた乳房のしこりや組織一部、あるいはすべてをとってがん細胞がどうか診断することをいいます。しこりが触れやすい場合嚢胞が疑われる場合は、穿刺吸引細胞診、また乳頭からの分泌物がある場合には、分泌物採取して細胞診行いますが、この場合にはしこりの細胞採取することになり、外来短時間行われます。穿刺吸引細胞診分泌物中の細胞診診断確定できなかった場合、さらに手術によってしこりの一部またはすべてを切除調べますが、これを生検といいます。
細胞診では、細胞バラバラのまま取れてきますが、生検の場合にはまとまった組織の状態で採取でき、腫瘍立体構造推定できます。生検には、太めの針をしこりに刺し組織一部採取する針生検と、メス切開してしこりの組織切り取る外科生検があり、外来または入院手術で行なわれます。組織診組織学診断法)ともいいますが、生検という場合には、手術前に確定診断をつける意味合いが、組織診という場合には、手術摘出した組織病理検査という意味合いがあるようです

穿刺吸引細胞診針生検組織診組織学診断法)、 病理


生体組織診断

(生検 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/06/20 02:59 UTC 版)

生体組織診断(せいたいそしきしんだん)は、病変部位の組織を採取し顕微鏡で病変部位を観察することによって、病気の診断または病変の拡大の程度を調べるために有用な臨床検査の一つである。生検(せいけん)・バイオプシーとも呼ばれる。




「生体組織診断」の続きの解説一覧





生検と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「生検」の関連用語

生検のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

画像から探す

岡谷 三男

4004

ぶどう種子油

チロル

SR400

φ2.5 モノラルプラグ

Jetta

SUS304





生検のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2017, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2017 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
VOL-NetVOL-Net
Copyright(C) 2002-2017 声を聴き合う患者たち&ネットワーク「VOL-Net」. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの生体組織診断 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS