マンモグラフィーとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 原子力政策用語 > マンモグラフィーの意味・解説 

マンモグラフィー

X線撮影による乳がん検診法。

マンモグラフィー


マンモグラフィー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/15 16:31 UTC 版)

マンモグラフィー(mammography)は、乳癌の早期発見のために人の乳房X線撮影する手法、またそのための乳房X線撮影装置のこと。 mammographyとは、「乳房」+「画像」から作られた造語である。 近年では乳房の撮影に陽電子断層撮影 (PET) の技術を用いる陽電子放射マンモグラフィー (Positron Emission Mammography、PEM) という手法もアメリカなどで普及し始めており日本でも数か所の病院で導入されている。ただし、X線マンモグラフィーと陽電子放射マンモグラフィーは手法としても診断方法としても全く異なる手段である。本記事では基本的にX線マンモグラフィーについて扱う。




「マンモグラフィー」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「マンモグラフィー」の関連用語

マンモグラフィーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



マンモグラフィーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
内閣府原子力委員会内閣府原子力委員会
Copyright (C) 2019 Atomic Energy Commission of Japan. All Rights Reserved.
花王ロリエ花王ロリエ
Copyright © 1994-2019 KAO CORPORATION. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマンモグラフィー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS