のう胞とは?

Weblio 辞書 > ヘルスケア > 乳がん用語 > のう胞の意味・解説 

のう胞(のうほう)

乳腺良性の病気一つで、乳管が袋状に膨らんで中に黄色液体や、濃縮した乳汁などが溜まった状態のことです。一つだけのこともあれば、両側の乳房多発することもあります痛みがあれば、中の液体を針で吸引することで症状改善します。超音波検査マンモグラフィ診断できますが、のう胞の中にがんが隠れている場合もあり、針で吸引した液体細胞診することもあります

乳腺症超音波検査エコー)、 マンモグラフィMMG)、 穿刺吸引細胞診


のう胞(のうほう)

膿(うみ)の袋。あごの骨の中にできることが多い。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「のう胞」の関連用語

のう胞のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



のう胞のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
VOL-NetVOL-Net
Copyright(C) 2002-2019 声を聴き合う患者たち&ネットワーク「VOL-Net」. All Rights Reserved.
歯イタッ!でどっとこむ歯イタッ!でどっとこむ
Copyright (C) 2019 haitade.com All Rights Rserved,
歯イタッ!でどっとこむ教えて歯科用語

©2019 Weblio RSS