エイズとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > エイズの意味・解説 

エイズ(えいず)

後天性免疫不全症候群。特にアフリカ猛威をふるう

1999年現在でエイズに感染している人の合計は、世界で3430万人である。このうちサハラ以南のアフリカでの感染者数は2450万人と、エイズ感染者の71.4%が同地域に集中している。

今やアフリカ大陸は「瀕死大陸」とさえ呼ばれている。1日1万人以上の人がエイズに感染し年間での新規感染者400万人にも及ぶ。母親から子供への感染多く感染者のうち15歳未満の子供は50万人もいた。

アフリカでエイズが蔓延している理由として(1)避妊への心理的抵抗感文化的宗教的理由避妊行わない。つまりセックス際にコンドーム用いない(2)エイズ教育の不足…エイズの危険性知られていない不特定多数とのセックス避け教育されていない(3)貧国が多い…エイズ対策財源がないなどがあげられる

エイズの感染経路には、感染者との性交渉のほか、妊婦HIVエイズウイルス)が胎児感染する母子感染輸血などの血液移動により感染する血液感染などがある。しかし、日常生活において感染することはない

このままペース感染者増えつづけると、「南アフリカジンバブエでは15歳未満若者半分将来エイズで死亡する」(国連エイズ計画)と言われている。

サハラ以南のアフリカではもともと貧しい上、エイズが広がれば労働人口失われ、るる国が貧しくなる。特にエイズ患者20代30代多く事態深刻さ増している。サミットではこれらの問題含めて主要議題として議論される

(2000.07.12更新


エイズ


後天性免疫不全症候群

「生物学用語辞典」の他の用語
病名疾患名治療など:  壊血病  多発性硬化症  奇形腫  後天性免疫不全症候群  心不全  心筋梗塞  感染症

エイズ


エイズ

名前 Ades

後天性免疫不全症候群

(エイズ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/20 09:49 UTC 版)

後天性免疫不全症候群(こうてんせいめんえきふぜんしょうこうぐん、英語: Acquired immune deficiency syndrome, AIDSエイズ))は、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)が免疫細胞に感染し、免疫細胞を破壊して後天的に免疫不全を起こす疾患[2]。照屋勝治はエイズを慢性ウイルス血症による「全身性炎症性疾患」としている[3]性感染症の一つ。HIVに感染しただけでAIDSを発症するのではなく、HIVに感染した人が、免疫能の低下により23の合併症のいずれかを発症した状態のことをいう[4]


  1. ^ (Excel) Global health estimates: Leading causes of DALYs (Report). 世界保健機関. (2020-12). Download the data > GLOBAL AND BY REGION > DALY estimates, 2000–2019 > WHO regions. https://www.who.int/data/gho/data/themes/mortality-and-global-health-estimates/global-health-estimates-leading-causes-of-dalys 2021年3月27日閲覧。. 
  2. ^ ストップエイズ!今は「不治の特別な病」ではなく、コントロール可能な病気です。まずは早めに「HIV検査」を”. 政府広報オンライン. 2013年5月31日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 照屋勝治「HIV治療の最前線」『日本内科学会雑誌』Vol.102 (2013) No.12 p.3244-3252, doi:10.2169/naika.102.3244
  4. ^ HIVとAIDSについて”. 北海道大学病院HIV診療支援センターHIV相談室 (2019年). 2019年9月17日閲覧。
  5. ^ a b エイズ「死の病」脱し完治へ研究/HIV感染 薬生涯のみ続け発症おさえる/ウイルス消すワクチン 5年以内に治験構想朝日新聞』朝刊2021年12月22日(医療面)2021年12月24日閲覧
  6. ^ a b 9.後天性免疫不全症候群 厚生労働省
  7. ^ 国立国際医療研究センター エイズ治療・研究開発センター 水島大輔「PrEPの基礎知識
  8. ^ ランセット』(Volume 387, Issue 10013, 2–8 January 2016, Pages 53-60) 「Pre-exposure prophylaxis to prevent the acquisition of HIV-1 infection (PROUD): effectiveness results from the pilot phase of a pragmatic open-label randomised trial
  9. ^ Huffington Post(2015年12月02日)「欧米で話題の"PrEP"って何?HIV感染しなくなるって本当?
  10. ^ BuzzFeed Japan Medical(2017年11月17日)「世界で広がる新しいHIV感染予防策「PrEP(プレップ)」日本でも議論へ
  11. ^ “Mechanisms of CD4+ T lymphocyte cell death in human immunodeficiency virus infection and AIDS”. J. Gen. Virol. 84 (7): 1649–1661. (2003). doi:10.1099/vir.0.19110-0. PMID 12810858. 
  12. ^ International Committee on Taxonomy of Viruses (2002年). “61. Retroviridae”. National Institutes of Health. 2006年6月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年6月25日閲覧。
  13. ^ International Committee on Taxonomy of Viruses (2002年). “61.0.6. Lentivirus”. National Institutes of Health. 2006年4月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年6月25日閲覧。
  14. ^ Lévy, J. A. (1993). “HIV pathogenesis and long-term survival”. AIDS 7 (11): 1401–10. doi:10.1097/00002030-199311000-00001. PMID 8280406. 
  15. ^ Smith, Johanna A.; Daniel, René (Division of Infectious Diseases, Center for Human Virology, Thomas Jefferson University, Philadelphia) (2006). “Following the path of the virus: the exploitation of host DNA repair mechanisms by retroviruses”. ACS Chem Biol 1 (4): 217–26. doi:10.1021/cb600131q. PMID 17163676. 
  16. ^ Martínez, edited by Miguel Angel (2010). RNA interference and viruses : current innovations and future trends. Norfolk: Caister Academic Press. p. 73. ISBN 978-1-904455-56-1. https://books.google.com/books?id=C5TY8W74scIC&pg=PA73 
  17. ^ Gerald B. Pier, ed (2004). Immunology, infection, and immunity. Washington, D.C.: ASM Press. p. 550. ISBN 978-1-55581-246-1. https://books.google.com/books?id=kBb-wYsMHEAC&pg=PA550&lpg=PA550 
  18. ^ a b c “Hybrid Spreading Mechanisms and T Cell Activation Shape the Dynamics of HIV-1 Infection”. PLOS Computational Biology 11 (4): e1004179. (2015). doi:10.1371/journal.pcbi.1004179. PMID 25837979. 
  19. ^ “HIV-1 cell to cell transfer across an Env-induced, actin-dependent synapse”. Journal of Experimental Medicine 199 (2): 283–293. (2004). doi:10.1084/jem.20030648. PMID 14734528. 
  20. ^ “Avoiding the void: cell-to-cell spread of human viruses”. Nature Reviews Microbiology 6 (11): 815–826. (2008). doi:10.1038/nrmicro1972. PMID 18923409. 
  21. ^ “Cell-to-cell spread of HIV permits ongoing replication despite antiretroviral therapy”. Nature 477 (7362): 95–98. (2011). doi:10.1038/nature10347. PMID 21849975. 
  22. ^ Gilbert, PB et al. (February 28, 2003). “Comparison of HIV-1 and HIV-2 infectivity from a prospective cohort study in Senegal”. Statistics in Medicine 22 (4): 573–593. doi:10.1002/sim.1342. PMID 12590415. 
  23. ^ Reeves, J. D.; Doms, R. W (2002). “Human Immunodeficiency Virus Type 2”. J. Gen. Virol. 83 (Pt 6): 1253–65. doi:10.1099/vir.0.18253-0. PMID 12029140. 
  24. ^ HIV検査・相談マップ
  25. ^ a b HIV検査まめ知識(HIV検査・相談マップ)
  26. ^ 核酸増幅試験(社団法人 日本血液製剤協会)
  27. ^ HIV検査Q&A(HIV検査・相談マップ)
  28. ^ 寄付・献血・ボランティア|エイズ、肝炎などのウイルス保有者、またはそれと疑われる方”. 日本赤十字社. 2011年11月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年5月31日閲覧。
  29. ^ ふたつのウインドウ・ピリオドとは
  30. ^ a b “HIV感染者の平均余命、今では一般とほぼ変わらず=英研究”. BBC news Japan (BBCワールドジャパン). (2017年5月11日). http://www.bbc.com/japanese/39880346 2017年5月11日閲覧。 
  31. ^ 「アフリカ経済論」p204-205 北川勝彦・高橋基樹編著 ミネルヴァ書房 2004年11月25日初版第1刷
  32. ^ a b HIV治療について 北海道大学病院HIV診療支援センターHIV相談室
  33. ^ a b c “Current status of HIV infection: a review for non-HIV-treating physicians”. Int J Dermatol 46 (12): 1219–28. (2007). doi:10.1111/j.1365-4632.2007.03520.x. PMID 18173512. 
  34. ^ Mandell, Bennett, and Dolan (2010). Chapter 118.
  35. ^ UNAIDS, WHO (2007年12月). “2007 AIDS epidemic update (PDF)”. 2008年3月12日閲覧。
  36. ^ a b “HIV-1 infection in rural Africa: is there a difference in median time to AIDS and survival compared with that in industrialized countries?”. AIDS 16 (4): 597–632. (2002). doi:10.1097/00002030-200203080-00011. PMID 11873003. 
  37. ^ (PDF) Progression and mortality of untreated HIV-positive individuals living in resource-limited settings: update of literature review and evidence synthesis. UNAIDS Obligation HQ/05/422204. (2006). オリジナルのApril 9, 2008時点におけるアーカイブ。. http://data.unaids.org/pub/Periodical/2006/zwahlen_unaids_hq_05_422204_2007_en.pdf 2008年3月19日閲覧。. 
  38. ^ a b Antiretroviral Therapy Cohort Collaboration (2008). “Life expectancy of individuals on combination antiretroviral therapy in high-income countries: a collaborative analysis of 14 cohort studies”. Lancet 372 (9635): 293–9. doi:10.1016/S0140-6736(08)61113-7. PMC 3130543. PMID 18657708. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3130543/. 
  39. ^ Schackman BR, Gebo KA, Walensky RP, Losina E, Muccio T, Sax PE, Weinstein MC, Seage GR 3rd, Moore RD, Freedberg KA. (2006). “The lifetime cost of current HIV care in the United States”. Med Care 44 (11): 990–997. doi:10.1097/01.mlr.0000228021.89490.2a. PMID 17063130. 
  40. ^ a b c d Vogel, M; Schwarze-Zander, C; Wasmuth, JC; Spengler, U; Sauerbruch, T; Rockstroh, JK (July 2010). “The treatment of patients with HIV”. Deutsches Ärzteblatt international 107 (28–29): 507–15; quiz 516. doi:10.3238/arztebl.2010.0507. PMC 2915483. PMID 20703338. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2915483/. 
  41. ^ van Sighem, AI; Gras, LA; Reiss, P; Brinkman, K; de Wolf, F; ATHENA national observational cohort, study (June 19, 2010). “Life expectancy of recently diagnosed asymptomatic HIV-infected patients approaches that of uninfected individuals”. AIDS (London, England) 24 (10): 1527–35. doi:10.1097/QAD.0b013e32833a3946. PMID 20467289. 
  42. ^ UNAIDS 2011 pg. 150–160
  43. ^ Smith, [edited by] Blaine T. (2008). Concepts in immunology and immunotherapeutics (4th ed.). Bethesda, Md.: American Society of Health-System Pharmacists. p. 143. ISBN 978-1-58528-127-5. https://books.google.com/books?id=G46DrdlxNJAC&pg=PA143 
  44. ^ a b Cheung, MC; Pantanowitz, L; Dezube, BJ (Jun–Jul 2005). “AIDS-related malignancies: emerging challenges in the era of highly active antiretroviral therapy”. The oncologist 10 (6): 412–26. doi:10.1634/theoncologist.10-6-412. PMID 15967835. 
  45. ^ “The impact of host genetics on HIV infection and disease progression in the era of highly active antiretroviral therapy”. AIDS 17 (Suppl 4): S51–S60. (2003). doi:10.1097/00002030-200317004-00006. PMID 15080180. 
  46. ^ Lawn SD (2004). “AIDS in Africa: the impact of co-infections on the pathogenesis of HIV-1 infection”. J. Infect. Dis. 48 (1): 1–12. doi:10.1016/j.jinf.2003.09.001. PMID 14667787. 
  47. ^ Campbell GR; Pasquier E; Watkins J et al. (2004). “The glutamine-rich region of the HIV-1 Tat protein is involved in T-cell apoptosis”. J. Biol. Chem. 279 (46): 48197–48204. doi:10.1074/jbc.M406195200. PMID 15331610. 
  48. ^ “The C terminus of HIV-1 Tat modulates the extent of CD178-mediated apoptosis of T cells”. J. Biol. Chem. 280 (46): 38376–39382. (2005). doi:10.1074/jbc.M506630200. PMID 16155003. 
  49. ^ Tuberculosis”. Fact sheet 104. World Health Organization (2012年3月). 2012年8月29日閲覧。
  50. ^ World Health Organization (2011年). “Global tuberculosis control 2011”. 2012年9月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年8月29日閲覧。
  51. ^ Pennsylvania, Editors, Raphael Rubin, M.D., Professor of Pathology, David S. Strayer, M.D., Ph.D., Professor of Pathology, Department of Pathology and Cell Biology, Jefferson Medical College of Thomas Jefferson University Philadelphia, Pennsylvania ; Founder and Consulting Editor, Emanuel Rubin, M.D., Gonzalo Aponte Distinguished Professor of Pathology, Chairman Emeritus of the Department of Pathology and Cell Biology, Jefferson Medical College of Thomas Jefferson University, Philadelphia, (2011). Rubin's pathology : clinicopathologic foundations of medicine (Sixth ed.). Philadelphia: Wolters Kluwer Health/Lippincott Williams & Wilkins. p. 154. ISBN 978-1-60547-968-2. https://books.google.com/books?id=wb2TzY9AgJ0C&pg=PA154 
  52. ^ Woods, S.; Moore, D.; Weber, E.; Grant, I. (2009). “Cognitive neuropsychology of HIV-associated neurocognitive disorders”. Neuropsychology review 19 (2): 152–168. doi:10.1007/s11065-009-9102-5. PMC 2690857. PMID 19462243. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2690857/. 
  53. ^ Brown, T.; Qaqish, R. (2006). “Antiretroviral therapy and the prevalence of osteopenia and osteoporosis: a meta-analytic review”. AIDS (London, England) 20 (17): 2165–2174. doi:10.1097/QAD.0b013e32801022eb. PMID 17086056. 
  54. ^ Nicholas, P.K.; Kemppainen, J.K.; Canaval, G.E. et al. (February 2007). “Symptom management and self-care for peripheral neuropathy in HIV/AIDS”. AIDS Care 19 (2): 179–89. doi:10.1080/09540120600971083. PMID 17364396. 
  55. ^ “AIDS-related malignancies”. Nature Reviews Cancer 2 (5): 373–382. (2002). doi:10.1038/nrc797. PMID 12044013. 
  56. ^ “Therapy insight: AIDS-related malignancies – the influence of antiviral therapy on pathogenesis and management”. Nat. Clin. Pract. Oncol. 2 (8): 406–415. (2005). doi:10.1038/ncponc0253. PMID 16130937. 
  57. ^ Post, F. .; Holt, S. . (2009). “Recent developments in HIV and the kidney”. Current opinion in infectious diseases 22 (1): 43–48. doi:10.1097/QCO.0b013e328320ffec. PMID 19106702. 
  58. ^ a b “Prolongation and quality of life for HIV-infected adults treated with highly active antiretroviral therapy (HAART): a balancing act”. J. Antimicrob. Chemother. 61 (3): 469–73. (March 2008). doi:10.1093/jac/dkm499. PMID 18174196. http://jac.oxfordjournals.org/cgi/pmidlookup?view=long&pmid=18174196. 
  59. ^ Fact sheet
  60. ^ 「アフリカ経済論」p195-196 北川勝彦・高橋基樹編著 ミネルヴァ書房 2004年11月25日初版第1刷
  61. ^ 「アフリカ 苦悩する大陸」ロバート・ゲスト著 伊藤真訳 2008年5月15日 東洋経済新報社 p106-107
  62. ^ 「アフリカ 苦悩する大陸」ロバート・ゲスト著 伊藤真訳 2008年5月15日 東洋経済新報社 p99-110
  63. ^ 「アフリカ 苦悩する大陸」ロバート・ゲスト著 伊藤真訳 2008年5月15日 東洋経済新報社 p178
  64. ^ 池谷和信編著 『ボツワナを知るための52章』 明石書店 2012年 280-282ページ
  65. ^ 平成26(2014)年エイズ発生動向年報 表2 平成26(2014)年末におけるHIV感染者およびAIDS患者の国籍別、性別、感染経路別累計”. 厚生労働省エイズ動向委員会 (2015年5月27日). 2015年10月18日閲覧。
  66. ^ Gusa, Aa; Buller, Rs; Storch, Ga; Huycke, Mm; MacHado, Lj; Slater, Ln; Stockham, Sl; Massung, Rf (Jul 2006). “Chimpanzee reservoirs of pandemic and nonpandemic HIV-1.” (Free full text). Science 313 (5786): 523-6. PMC 2442710. PMID 16728595. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2442710/?tool=pubmed. 
  67. ^ エイズ情報net:疫学


「後天性免疫不全症候群」の続きの解説一覧

エイズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 07:42 UTC 版)

感染症の歴史」の記事における「エイズ」の解説

詳細は「後天性免疫不全症候群」、「ヒト免疫不全ウイルス」、および「薬害エイズ事件を参照 1981年6月アメリカロサンゼルスに住む同性愛男性4人に初め発見され症例報告された新興感染症である。ただし、これはエイズと正式に認定できる初めての例で、疑わしい症例はすでに1950年代から報告されており、中部アフリカ各地などで「痩せ病」(slimming disease)という疾患群報告されていた。1982年7月、この病気AIDS後天性免疫不全症候群)と名づけられ、1984年にはエイズウイルス発見された。1981年症例報告後、わずか10年程度感染者世界中で100万人にまで広がった日本では1986年昭和61年)の松本事件1987年昭和62年)の神戸事件高知事件など「エイズ・パニック」と称される一連のパニック引き起こされた。これは、行政当局医療機関あり方問題がなかったわけではなかったが、むしろパニック仕立て上げていったのはマスメディアであったアメリカでエイズが広がり始めた当初原因不明死の病に対する恐怖感に加えて感染者同性愛者麻薬常習者多かったことから感染者に対して社会的な偏見持たれることも多かったアメリカは、「エイズ・パニック」を体験した最初のであった。 現在は、病原体としてヒト免疫不全ウイルスHIV)が同定され異性間性行為による感染出産時母子感染起こりうることが広く知られるようになった。しかし、未だこの病気に対する知識の不足から来る差別偏見みられる日本では、おもに血友病患者に対して非加熱製剤治療使用したことから多数HIV感染者およびエイズ患者生む薬害エイズ事件ひきおこし大きな社会問題となったそれ以外HIV感染する可能性はHIV感染者との性行為あるため相手HIV感染していないことが確実でなければ性行為おこなわないか、あるいはコンドーム用いて感染可能性をなくすことが大切であるまた、早期に治療開始するためには、HIV抗体検査英語版)が必要である。 エイズは、アメリカをはじめ世界各地患者感染者増加しており、現代医療大きな課題といえる各国でエイズ予防キャンペーン繰り広げられている。

※この「エイズ」の解説は、「感染症の歴史」の解説の一部です。
「エイズ」を含む「感染症の歴史」の記事については、「感染症の歴史」の概要を参照ください。


エイズ(数か月)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/19 17:16 UTC 版)

猫後天性免疫不全症候群」の記事における「エイズ(数か月)」の解説

激し削痩貧血白血球減少症免疫不全による悪性腫瘍(がん)、日和見感染症などがおこる。

※この「エイズ(数か月)」の解説は、「猫後天性免疫不全症候群」の解説の一部です。
「エイズ(数か月)」を含む「猫後天性免疫不全症候群」の記事については、「猫後天性免疫不全症候群」の概要を参照ください。


エイズ (AIDS)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 21:08 UTC 版)

ウイルスの社会史」の記事における「エイズ (AIDS)」の解説

詳細は「後天性免疫不全症候群を参照 ヒト免疫不全ウイルス (HIV) は、感染治療されなければ後天性免疫不全症候群 (AIDS) を引き起こすウイルスである。ほとんどのウイルス学者は、HIVの起源は20世紀サブサハラアフリカであると考えており、7000万人上がウイルス感染した2011年までに、3500万人がAIDS死亡した推計されており、有史以来最も破壊的な流行1つであると考えられている。HIV1型 (HIV-1) は、20世紀最後の四半世紀出現した最も重大なウイルスの1つである。1981年に5人の若い同性愛者男性の死を報告する科学論文発表されAIDSによる死亡知られることとなったウイルスの流行と、ウイルス数十年にわたって静かに出現してきていたことについて、その全貌を知る者はいない。 HIVは、20世紀初期にアフリカチンパンジーヒト間の種の壁越えた。続く年代には、アフリカ大規模な社会変動社会不安生じたかつてない規模人口移動大多数人々田舎の農村から拡大する都市部移動しウイルス離れた地域から人口密度が高い都市圏広がったAIDS潜伏期間は約10年であり、世界的な流行1980年代初頭始まったいうのは信頼性が高い。当時HIV流行について多くの責任転嫁がなされ、汚名着せられた。HIVパンデミック起源についての「出アフリカ」説はアフリカ人には良く受け止められず、彼らは見当違いの非難を受けていると感じたそのため、1987年世界保健総会で、HIVは「不明な地理的起源から自然に発生した」とする決議採択された。 HIVパンデミック共同体脅威となり、世界中で社会の変化もたらされた。セクシャリティについての意見がよりオープンに議論されるようになったかつてはタブーであった性行為薬剤使用について助言が、多くの政府医療供給者後援のもとでなされるようになった。特により貧し国々では、抗レトロウイルス薬の提供と費用倫理に関する議論によって医療不平等浮き彫りとなり、広範囲に及ぶ立法変化刺激された。発展途上国ではHIVAIDS影響甚大なものであり、医療防衛公務員主要組織深刻な混乱生じた。また平均余命低下し例えジンバブエでは、1991年には79年であった平均余命2001年には39年にまで低下した

※この「エイズ (AIDS)」の解説は、「ウイルスの社会史」の解説の一部です。
「エイズ (AIDS)」を含む「ウイルスの社会史」の記事については、「ウイルスの社会史」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「エイズ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

エイズ

出典:『Wiktionary』 (2018/07/01 20:35 UTC 版)

名詞

エイズ

  1. AIDS後天性免疫不全症候群)のカナ音写

「エイズ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

エイズのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



エイズのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2022 時事用語のABC All Rights Reserved.
財団法人和歌山県人権啓発センター財団法人和歌山県人権啓発センター
Copyright (C) 2022 財団法人和歌山県人権啓発センター All rights reserved.
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
花王ロリエ花王ロリエ
Copyright © 1994-2022 KAO CORPORATION. All Rights Reserved.
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2022, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
日本国際保健医療学会日本国際保健医療学会
Copyright (C) by Japan Association for International Health. All rights reserved,2022.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの後天性免疫不全症候群 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの感染症の歴史 (改訂履歴)、猫後天性免疫不全症候群 (改訂履歴)、ウイルスの社会史 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのエイズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS