研究者たちとは? わかりやすく解説

研究者たち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/12 04:21 UTC 版)

プッタタート」の記事における「研究者たち」の解説

プッタタート多くの研究者たちの研究対象になったでも、タイ僧侶の中で際立った存在である。その一部以下に示すと、スウェアラー(Swearer, Donald K.)による著作英語訳等を通した欧米へのプッタタート紹介や、プッタタート思想の特徴を「実存主義的解釈学」と論じたガボード(Gabaude, Louis)、ジャクソンJackson, Peter A.)による近代合理主義民主化からの視点、スワンナー(Suwanna, Satha-Anan)による大乗仏教、特に禅からの視点、そして仏法社会主義に対し実践への応用がないことなどへの批判的研究といったアプローチがある。 日本のアカデミズムプッタタート採りあげたのは、藤吉慈海(1915~1993年)がおそらく最初であろう。彼はアーナーパーナサティに関する簡単な紹介行ったその後人類学社会学宗教学などの諸分野からのアプローチみられる研究者五十音順挙げれば浅見靖仁伊藤友美野津幸治森部一、矢野秀武らが論文など発表しプッタタート生涯、その思想特色影響および日本仏教との比較といった試みがなされている

※この「研究者たち」の解説は、「プッタタート」の解説の一部です。
「研究者たち」を含む「プッタタート」の記事については、「プッタタート」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「研究者たち」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「研究者たち」の関連用語

研究者たちのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



研究者たちのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのプッタタート (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS