研究対象とは? わかりやすく解説

研究対象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/05 07:34 UTC 版)

深井だんじり祭り」の記事における「研究対象」の解説

材を使用して製作されるだんじりは、転倒衝突の衝撃などに強い構造しており近年では住宅メーカーによって耐震構造研究にも用いられることがある

※この「研究対象」の解説は、「深井だんじり祭り」の解説の一部です。
「研究対象」を含む「深井だんじり祭り」の記事については、「深井だんじり祭り」の概要を参照ください。


研究対象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/16 04:57 UTC 版)

人間科学」の記事における「研究対象」の解説

元来科学分類である自然科学人間以外物質生物など科学社会科学人間社会科学人文科学人間の文化科学であり、人間そのもの対象とする科学がなかった。 現代社会では人々何らかの形で科学技術の影響を受けておりそれに起因する問題も多い。特に生産活動従事する人々は急速な技術革新直接的に接触する環境あることから極めて多様で多面的な問題に直面することとなった。そこで科学技術人間との相関について、人間性尊重人間能力新たな開発という見地から、従来労働医学労働衛生学精神衛生学などの分野を超え総合的な立場から研究が行われるようになった20世紀初頭からそうした方面への関心が、ヨーロッパ中心に芽生えさまざまな試みがなされてきたが、学部として組織されるようになってきた。日本でも平成になり、各大学新規に学部学科作られ研究されている。

※この「研究対象」の解説は、「人間科学」の解説の一部です。
「研究対象」を含む「人間科学」の記事については、「人間科学」の概要を参照ください。


研究対象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/11 15:29 UTC 版)

オリエント学」の記事における「研究対象」の解説

日本アメリカで一般的な古代オリエント学の扱う「歴史的地域」は研究者の間で十分に合意取りつけられているとは言えないが、一般には、古代オリエント称する地域は、メソポタミア中心に東地中海沿岸地域小アジア(またはアナトリア・トルコ)からレバノン・ヨルダン・シリア・イスラエル・パレスチナ)、アラビア半島諸国、そして東は、イラン/ペルシャから、西側南端は、古代エジプト文明圏である。 オリエント学では、これらの地域古典的文化言語歴史文学宗教・思想芸術など)についての考古学的文献学的研究である。時期的な研究対象としては古代中心であり、それ故に、特に「古代オリエント学」と呼ばれる古代オリエント学は、ヒエログリフ資料を扱うエジプト学楔形文字資料を扱うアッシリア学に2大別される。この立場ではヒエログリフ楔形文字による文化文明終焉した後のオリエント地域は研究対象に入らない言換えると、ヘレニズム時代到来以前であり、前322年アレキサンダー大王による遠征までとされている一方対象とする時期下限延長し古代以後サーサーン朝時代イスラーム化以降の時代オリエント学対象とみなす日本オリエント学のような立場もある(その場合は古代オリエント学とは呼ばれない)。また、オリエント学対象地域今日中東・近東呼ばれる地域とほぼ重なることもあって、対象時期長くとる場合には中東学(中東研究)の領域重複し両者区別がつきにくいこともある。

※この「研究対象」の解説は、「オリエント学」の解説の一部です。
「研究対象」を含む「オリエント学」の記事については、「オリエント学」の概要を参照ください。


研究対象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/07 03:04 UTC 版)

小川晃一」の記事における「研究対象」の解説

西洋政治史学を研究。特に19世紀前半ヨーロッパアメリカの政治思想など研究

※この「研究対象」の解説は、「小川晃一」の解説の一部です。
「研究対象」を含む「小川晃一」の記事については、「小川晃一」の概要を参照ください。


研究対象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/09 06:31 UTC 版)

印章学」の記事における「研究対象」の解説

印章学研究対象とする印章とは、などの素材の上に図像文字刻印し母型呼ばれる硬い物体金属や石)を押したものである封蝋参照)。印章文書法的有効性保証封印による文書の内容秘密の保証所有権明示などの機能を持つ関連学問として古文書学紋章学社会史美術史挙げられる印章学研究15世紀骨董品収集家封蝋についての記録をつけ始め16世紀から17世紀活動発展し広範囲に行われたものである

※この「研究対象」の解説は、「印章学」の解説の一部です。
「研究対象」を含む「印章学」の記事については、「印章学」の概要を参照ください。


研究対象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/22 05:56 UTC 版)

矢田俊隆」の記事における「研究対象」の解説

政治史学及び歴史学研究。特にオーストリアスイスドイツなどを研究また、ハプスブルク帝国研究の第一人者

※この「研究対象」の解説は、「矢田俊隆」の解説の一部です。
「研究対象」を含む「矢田俊隆」の記事については、「矢田俊隆」の概要を参照ください。


研究対象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/05 05:51 UTC 版)

法哲学」の記事における「研究対象」の解説

次にあげる法本質論その他の4つ大別され独立した形で論じられることは多い。このうち法本質論論者センテンス投影される程度表面化せず、法観念論法意味論いわゆる狭い意味の法哲学であり、『法哲学』等題する書物中には法観念論のみを扱うものもある。なお、これら4つ相互に関連した内容含んでいる。現代では、一方において法制度運用推進し他方において法制度変遷および崩壊させる可能性のあるコンピューターシステム左右されない法理論求められており、法価値形式法論理それぞれに胚胎される内在的外在的法認識とその結合の法技術理論への関心持たれはじめている。これは、平たく言えばさまざまな価値組み合わせ理論その実的形性の問題関心である。 法本質論 法の規範化・対象化について、一般論を行うものである前者後者ともに人的内面性および行為(性)が扱われるが、研究者間で最も見解の分かれるもの多様である多様の点については、かつて、矢部貞治指摘した政治学研究者の数だけ存在するというものと同様である。 法観念論 法について、現実制度必然的前提とすることなくさまざまな立場から、理念的な面にも及んで一般論を行うものである。 ・法価値論 「法はどうあるべきか」という当為を問う分野である。法の中心的価値である正義問題正義論)や自然法問題を扱うものであり、法哲学問題領域としては最も古い。 ・法概念論 「法とは何か」という存在を問う分野である。法・国家・権利などの基本概念の定義や相互の関係、法秩序構造に関する考察を扱う。 法意味論 法について、現実制度および一般論考察により、特に、法の社会的効果および影響から法の意味分析するものである例えば、憲法民法・刑法また商法など法典をもつ基本法分類上用いられる形式的意味の法,実質的意味の法、さらに、固有の意味の法(または法の大原則ないし指導原理)とよばれるものの意味するところの関係から法の動態考察されるちなみに形式的意味の法は制定改廃時の主張に、実質的意味の法は運用実態認識に、固有の意味の法は各法が他の法と区別されるべき本質議論に、それぞれの意味の源泉がある。また、理論上概念的には、形式的意味の法は法の具体性と、実質的意味の法は法の抽象性一般性近接している。したがって、それぞれのの意味間の関連構図本来的にはなく、例えば、形式vs実質という構図別の要因により成り立つことなどが考察される。 ・法変遷固有の意味の法(または法の大原則ないし指導原理)における理念史的主張に関する考察である。ここでは、例えば、近代的意味の憲法飛鳥時代いわゆる国憲としての十七憲法な史的性質のあるさまざまなものが考察対象となる。なお、かつて、憲法に関し条文解釈上の前提論として限定的に用いられたことがあった(橋本博士)。 法学方法論 法解釈機能方法等を考察するものである具体的には、法的推論分析等がある一方法解釈における比較衡量利益衡量利益考量)の位置付け等、法価値論密接に結びつくものもあり、学問として内容一定していない。なお、法の正統性正当性に関する議論扱われるが、法的観念論異なり現実法制度前提とするところが異なっている。例えば、形式的意味における法の動態を、固有の意味のの方向性からの考察により、正統性理論構成を行う。 ・法機能論(法作用論) 従来行為規範としての法・裁判規範としての法、という法の役割着目して論じられものである。法への機能的側面からの考察は、平野龍一の提唱によって始まったものである法機能論は、制定法個別分野を超え、より一般化した抽象概念的な法について妥当すべきであるかについて見解一致しない一般的な法の目的に関し制定法観点からすれば公法においては妥当するが、契約当事者等の主体性法の目的密接な私法では異なからである。なお、法作用というときは、客観性がより強調され公法視点前面に出る。 法教育論(法学教育論) 法の理解について、講学上または一般市民の法の認識に関して体系的な考察をするものである例えば、法学における論理的体系的学習判例学習の関係から、それらの一方的偏重与え影響考察などを行う。法は社会紛争の解決目的のひとつとし、判例はその具体化であるが、限られた法的判断あるために法の一般的理解結びつかないから、法の規範的性質規律目的理解及ばずそのために法の一般的体系的理解必要とされることなどが明らかにされる

※この「研究対象」の解説は、「法哲学」の解説の一部です。
「研究対象」を含む「法哲学」の記事については、「法哲学」の概要を参照ください。


研究対象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/05 21:25 UTC 版)

歴史地理学」の記事における「研究対象」の解説

日本の歴史地理学扱われる主な研究対象挙げた全ての対象網羅しているわけではなく区分便宜的なものである多くのテーマは、歴史学考古学建築史など地理学以外の学問おいても研究されている。

※この「研究対象」の解説は、「歴史地理学」の解説の一部です。
「研究対象」を含む「歴史地理学」の記事については、「歴史地理学」の概要を参照ください。


研究対象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 14:26 UTC 版)

生化学」の記事における「研究対象」の解説

生化学研究対象とする生化学プロセス大きく二つ分けるならば、物質代謝遺伝子発現である。前者今日でも生化学分野であるが、後者1980年代以降急速な進展より分子生物学あるいは分遺伝学といった一大学問領域形成している。 生体内物質代謝のほとんどには酵素関与見られる逆に酵素有する基質特異性により、代謝反応各段階にはそれぞれ固有の酵素関連しているので物質代謝研究することは裏返して見るならば酵素研究することでもある酵素タンパク質発現化学物質介した情報伝達システムによる酵素機能調節は分子生物学でも研究される「セントラルドグマ」として知られる遺伝子発現機構1950年代ワトソンクリック提唱したDNAモデル起源を持つ、遺伝子発現機構主体であるDNARNA、リボゾーム・タンパク質、リプレッサー・タンパク質早くから研究されているが、その機能調節機構は複雑かつ精密であり、今日でも分子生物学バイオインフォマティクス重要な研究テーマである。

※この「研究対象」の解説は、「生化学」の解説の一部です。
「研究対象」を含む「生化学」の記事については、「生化学」の概要を参照ください。


研究対象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 06:24 UTC 版)

高橋五郎」の記事における「研究対象」の解説

中国については、大学1年生のときから、愛知大学前身校、上海にあった東亜同文書院大学から愛知大学引き上げてこられた数多く教員から臨場感あふれる実態背景について教育を受ける機会があった。土地制度経済学的理論について磯部俊彦(元千葉大学教授)、齋藤仁宇野弘蔵門下、元千葉大学教授)、土地合体資本論について旗手勲古島敏雄直系、元愛知大学教授)、玉城哲水利制度灌漑制度経済学的理論構築ウイットフォーゲル批判、元専修大学教授)、協同組合理論については近藤康男批判を通じて独自の理論構築した三輪昌男(「協同組合基礎理論」は不朽の名作、元国学院大学教授)や竹中久二夫(元東京農業大学教授)、中国農業問題についての研究方法成果は、これらの理論的蓄積を踏まえて各地における実態調査経験を軸に研究深める高橋独特の中国研究方法を持っているといえる世間でいう中国そのものについての研究家ではなく高橋自身によると「中国における農業農村農民および食料社会・経済問題」の研究家である。つまり中国研究者ではないのだという。言い換えると、現在の研究対象となっている中国農業中国国家属す農業そのものが研究対象なのではなく、中国内における農作物どのような環境農地農民)によって作られどのような生産なされているかについて研究している。高橋にとって、中国そのもの研究上の舞台のような位置づけなのだそうだここから、国や地域比較農業研究視座明確に見えている高橋日本全国農村隈なく歩いたことはもちろんアメリカ西欧旧東欧、アジア、オセアニア各国農村歩き比較するために、統一された農業研究方法必要性痛感したという。中国省・自治区直轄市のうちまだ訪問していないのは、チベット自治区新疆ウイグル自治区海南省貴州省広西チワン族自治区。その高橋がいうには、訪問したうち中国で最も自然が美しいのは青海省、最も数多く訪問したのは河北省山東省山西省陝西省寧夏自治区河南省である。現代中国研究方法論に強い関心寄せ現代中国論の泰斗ひとりである加々美光行氏等と「現代中国学」構築をめざす研究活動にも参加してきた。現代中国政治論に関しては、特に毛里和子氏や建営氏に多く学んだといい、交流続けている。 中国一流大学研究所政府機関勤務する育てた研究者多数中国高橋ゼミ同窓会を持つ。

※この「研究対象」の解説は、「高橋五郎」の解説の一部です。
「研究対象」を含む「高橋五郎」の記事については、「高橋五郎」の概要を参照ください。


研究対象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/07 22:45 UTC 版)

中村敏子 (政治学者)」の記事における「研究対象」の解説

思想史としての福沢諭吉研究のみならず、政治思想における女性及び家族位置付け政治理論研究

※この「研究対象」の解説は、「中村敏子 (政治学者)」の解説の一部です。
「研究対象」を含む「中村敏子 (政治学者)」の記事については、「中村敏子 (政治学者)」の概要を参照ください。


研究対象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/08 10:14 UTC 版)

クィア理論」の記事における「研究対象」の解説

クィア理論主要な研究企図は、現在進行中のジェンダーセクシュアリティ性科学類型化分類について再考することである。例えば、「ホモセクシュアルとは何であるか?」という問いは、ホモセクシュアル範疇再考したり、ホモセクシュアル構築過程について本質はあるのかという問い可能にするまた、黒人系の英国籍をもったレズビアンは、南アジアゲイ男性異なった生活経験をしているのか」など、これまで一面的とらえてきたゲイレズビアンなどの範疇カテゴリー)の中にある差異問い直すことも行われている。 クィア理論は、もともと、ジェンダー・セクシュアリティの諸問題において、自然的必然的本質的な立場をとらず、ジェンダーセクシュアリティ文化的に構築されているという地点地平時空から出発した言語自体恣意的な差異体系であるという、20世紀言語論的転回を受けて、「言語恣意的構築され差異体系であること(構築主義的な見方)」、「規範的な性[要曖昧さ回避]にあてはまらないものは、排除されるか、言説増産によって、一定の位置追いやられること(ミシェル・フーコーが『性の歴史I 知への意志』で指摘)といった問題意識に基づき同一性規範主体産出問題について活発に論を展開している。

※この「研究対象」の解説は、「クィア理論」の解説の一部です。
「研究対象」を含む「クィア理論」の記事については、「クィア理論」の概要を参照ください。


研究対象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/29 07:38 UTC 版)

月脚達彦」の記事における「研究対象」の解説

19世紀末から20世紀前半にかけて朝鮮思想史。特に近代朝鮮半島における国民国家ナショナリズム形成・展開に焦点当てて文化史社会史観点から研究している。また、日韓を軸として東アジアの歴史教育歴史認識問題に関心を持っている。

※この「研究対象」の解説は、「月脚達彦」の解説の一部です。
「研究対象」を含む「月脚達彦」の記事については、「月脚達彦」の概要を参照ください。


研究対象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 01:01 UTC 版)

脳機能マッピング」の記事における「研究対象」の解説

サルの脳を並行的に研究している機関もある。サルの脳は、ヒトのそれにある程度似ており、また倫理的に実験がしやすく、侵襲的手法使った大胆な研究可能であるそのような研究得られ新たな発見ヒトの脳研究活用することもおこなわれている。

※この「研究対象」の解説は、「脳機能マッピング」の解説の一部です。
「研究対象」を含む「脳機能マッピング」の記事については、「脳機能マッピング」の概要を参照ください。


研究対象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/21 04:03 UTC 版)

古書体学」の記事における「研究対象」の解説

古書体学の研究対象は、文書用いられている文字運筆(ductus)などで、字体字形識別することで、その文書作成され特定の時代と地域関連づけるまた、紙や羊皮紙など文書使用されている媒体筆記具インクなどの記録材料判型文書における印章レイアウトなども研究対象としている。

※この「研究対象」の解説は、「古書体学」の解説の一部です。
「研究対象」を含む「古書体学」の記事については、「古書体学」の概要を参照ください。


研究対象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/19 16:37 UTC 版)

人口地理学」の記事における「研究対象」の解説

人口地理学の研究対象は、大きく人口分布人口規模空間的パターン)、人口構造の空間的パターン人口変動の空間的パターン人口移動分類することができる。

※この「研究対象」の解説は、「人口地理学」の解説の一部です。
「研究対象」を含む「人口地理学」の記事については、「人口地理学」の概要を参照ください。


研究対象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/18 05:39 UTC 版)

大気科学」の記事における「研究対象」の解説

日本では気象学の別名として使われることが多いが、「大気科学」の語は、気象学の研究対象が広がってきたことで新たに広い範囲を指す言葉が必要となって作られたもので、「大気科学」「気象学」ともにほぼ同じ意味の言葉だと見ることもできる。 また最近では地球以外の天体惑星限らない)の大気研究対象とすることもありこの場合惑星科学一分野となる。

※この「研究対象」の解説は、「大気科学」の解説の一部です。
「研究対象」を含む「大気科学」の記事については、「大気科学」の概要を参照ください。


研究対象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/10 16:49 UTC 版)

沼田良」の記事における「研究対象」の解説

行政学地方自治論が専門で、特に市民参加協働自治基本条例について研究地方分権道州制議会基本条例なども研究この他外国スイスイギリスアメリカオランダなど)の地方自治制度も研究対象にしている。

※この「研究対象」の解説は、「沼田良」の解説の一部です。
「研究対象」を含む「沼田良」の記事については、「沼田良」の概要を参照ください。


研究対象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/04 08:22 UTC 版)

認知心理学」の記事における「研究対象」の解説

認知心理学は、知覚理解記憶思考学習推論問題解決など人間高次認知機能を研究対象とし、脳科学神経科学神経心理学情報科学言語学人工知能計算機科学などとの関わりあいの中で認知科学呼ばれる事もあるこの場合心理学の手に留まらず、認知心理学による研究成果広く基づきコンピュータの処理モデル構築する事やそれを用いて人の認知モデル再検証する事等も含む。最近では意識感情感性といった問題に取り組むようになってきている。

※この「研究対象」の解説は、「認知心理学」の解説の一部です。
「研究対象」を含む「認知心理学」の記事については、「認知心理学」の概要を参照ください。


研究対象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/27 01:18 UTC 版)

馬瀬良雄」の記事における「研究対象」の解説

長野県方言八丈方言北部伊豆諸島方言東京方言など。

※この「研究対象」の解説は、「馬瀬良雄」の解説の一部です。
「研究対象」を含む「馬瀬良雄」の記事については、「馬瀬良雄」の概要を参照ください。


研究対象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/07 07:54 UTC 版)

固体物理学」の記事における「研究対象」の解説

扱うべき対象は、その名の通り固体固体(内)に関するいろいろな物理現象である。量子力学統計力学応用して、主に微視的側面から物質の性質研究する他の物理学分野と同様大きく分けて理論的アプローチ実験的アプローチによって研究が行われる。 現象としては、電気電子的なもの磁気的なもの、熱的なもの、力学的なものなどが挙げられる固体自身も、金属合金)、半導体絶縁体有機物結晶ガラスアモルファス)、セラミックス鉱物など多様な形態をなしている。 また固体物理学では、多様な結晶構造結合様式金属結合共有結合イオン結合等)を扱うこととなる。

※この「研究対象」の解説は、「固体物理学」の解説の一部です。
「研究対象」を含む「固体物理学」の記事については、「固体物理学」の概要を参照ください。


研究対象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/11 08:35 UTC 版)

廣重力」の記事における「研究対象」の解説

脳ホルモン行動などの神経内分泌学生物時計領域神経科学対象とするが、科学価値観心脳問題(特に意識など)といった科学教育にも力を注いでいる。

※この「研究対象」の解説は、「廣重力」の解説の一部です。
「研究対象」を含む「廣重力」の記事については、「廣重力」の概要を参照ください。


研究対象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/28 06:56 UTC 版)

アカハライモリ」の記事における「研究対象」の解説

イモリ類は胚発生実験材料としてもよく用いられる。特に、シュペーマンが胚域の交換移植実験などを通じて形成体発見するのにイモリ用いた一連の実験有名である

※この「研究対象」の解説は、「アカハライモリ」の解説の一部です。
「研究対象」を含む「アカハライモリ」の記事については、「アカハライモリ」の概要を参照ください。


研究対象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/07 20:28 UTC 版)

毒性学」の記事における「研究対象」の解説

普通、生物としてヒトまたは家畜対象とする野生生物対象とする生態毒性学(Ecotoxicology)は別分野することが多い環境毒性学Environmental toxicology)は生態毒性学と同じ意味に使うことが多い(「環境中有害物質による毒性の科学の意味にも用いる)。 対象生物の名冠してたとえば「植物毒性学」とか「魚毒性」といった用語も用いられる特定の対象生物にだけ毒性発現することを指して選択毒性」という。たとえば抗生物質病原菌だけに、殺虫剤対象とする害虫だけに選択毒性発揮するのが望ましい。 なお俗に病原体病原性強さ指して毒性」というが、これは普通、毒性学範囲には入れない病原体の出す毒素そのものは扱う)。

※この「研究対象」の解説は、「毒性学」の解説の一部です。
「研究対象」を含む「毒性学」の記事については、「毒性学」の概要を参照ください。


研究対象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/13 02:42 UTC 版)

野崎久和」の記事における「研究対象」の解説

専門は、国際関係論。特に、現代国際政治経済秩序動向国際秩序についてを研究するほか、イラクインドネシア等の発展途上国民主化活動経済体制構築動向イラク戦争についても対象としている。

※この「研究対象」の解説は、「野崎久和」の解説の一部です。
「研究対象」を含む「野崎久和」の記事については、「野崎久和」の概要を参照ください。


研究対象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/17 08:30 UTC 版)

泉久雄」の記事における「研究対象」の解説

前述の通り家族法であるが、わけても相続法においては日本における第一人者

※この「研究対象」の解説は、「泉久雄」の解説の一部です。
「研究対象」を含む「泉久雄」の記事については、「泉久雄」の概要を参照ください。


研究対象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/02 23:59 UTC 版)

向田直範」の記事における「研究対象」の解説

景品表示法や、消費者保護規制緩和消費者保護広告規制などの消費者保護法にとどまらず東アジアでの経済法運用研究など幅広く研究展開している。

※この「研究対象」の解説は、「向田直範」の解説の一部です。
「研究対象」を含む「向田直範」の記事については、「向田直範」の概要を参照ください。


研究対象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/03 00:03 UTC 版)

稗貫俊文」の記事における「研究対象」の解説

専門独占禁止法中心とする経済法あるものの、会社法に近い企業結合規制知的財産権独占禁止法さらには国際経済法までも研究対象とする

※この「研究対象」の解説は、「稗貫俊文」の解説の一部です。
「研究対象」を含む「稗貫俊文」の記事については、「稗貫俊文」の概要を参照ください。


研究対象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/17 05:29 UTC 版)

量子化学」の記事における「研究対象」の解説

量子化学はその黎明期において、分子構造化学結合成り立ちについて理論的解明分子構造に起因する分光学物性理解大きく寄与した実際の分子量子化学理解することは、多数電子原子核とから構成される多体問題波動方程式の解求めることに相当する計算化学発達していない当時としては、量子化学学問領域展開する為に分子構造モデル簡素化する多種多様近似法模索された。また波動方程式の解求め場面おいても摂動論変分法による近似利用したしたがっ当時量子化学定性的予測をするのにとどまっていた。とは言うものの量子化学によりそれまで理論的説明付け困難であった分子分光学電子スペクトル振動スペクトル回転スペクトル核磁気共鳴スペクトルなどの性質分子構造関連付け共有結合分子間力原理の解明フロンティア軌道理論を代表とする半定性的化学反応理解など、他の化学分野への貢献大きなものがあった。 1980年代以降の急速なコンピュータ処理速度増大計算機科学発展とは計算化学にも波及し変分法り発展し第一原理計算法により精密な解を求めることを可能にした。近年において量子化学により化学結合分子微細構造との関連分子間相互作用励起状態解明反応ポテンシャルエネルギー面予測することで化学反応特性予測するなど定量的予測可能になった。同時に量子化学適用対象簡単なモデル化した分子だけではなく実際の有機化合物錯体化合物高分子生体関連物質固体表面での界面化学解析など多種多様化学分野及んでいる。

※この「研究対象」の解説は、「量子化学」の解説の一部です。
「研究対象」を含む「量子化学」の記事については、「量子化学」の概要を参照ください。


研究対象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/16 02:48 UTC 版)

大濱徹也」の記事における「研究対象」の解説

日本の近現代史および宗教史研究していた。

※この「研究対象」の解説は、「大濱徹也」の解説の一部です。
「研究対象」を含む「大濱徹也」の記事については、「大濱徹也」の概要を参照ください。


研究対象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/28 02:00 UTC 版)

鴻常夫」の記事における「研究対象」の解説

研究領域商法全般だが、特に、社債法の研究業績をあげ、海事法学も詳しい。

※この「研究対象」の解説は、「鴻常夫」の解説の一部です。
「研究対象」を含む「鴻常夫」の記事については、「鴻常夫」の概要を参照ください。


研究対象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/07 08:01 UTC 版)

デザイン学」の記事における「研究対象」の解説

@media screen{.mw-parser-output .fix-domain{border-bottom:dashed 1px}}デザイン学の研究対象は「モノ・コト」、「ハード・ソフト」、「構造・機能」など、複数分類視点存在するため、単純なツリーとして分類することは好ましくないが、美術系大学における学科編成学会発表におけるセッション分けでは、情報グラフィックサウンド)、環境都市環境建築空間)、工業(プロダクト・インテリア)といった3つの区分前提とすることが多い。[要出典] デザイン学は、分析実用的な探究モードを通してデザインとその効果について批判的理解追求する学問。その起源はより大きなテーマやより多様な主題を含むようにゆっくりと拡大する前にその分野最初に始まったデザインの歴史 までたどることができ、その観点から米国学問分野創始者1人であるVictor Margolinは、デザイン学様々なデザイン学からなる用語として提案し、それらを互いに関連づけるものとして提案。 非常に学際的な分野として、デザイン学多くの奨学金パラダイムを参照し、デザイン知識どのように開発され明確にされ、伝達されるかに焦点当てている。 それゆえそれは、分野自体からの主要な思想家理論家Victor MargolinClive DilnotRichard Buchananなど )から、 人文科学などのいくつかの関連分野からも( 文学 、 芸術視覚学 、 文化学社会科学人類学政治学社会学 )、 科学工学物質学、 神経学技術学引き出され広範囲進化する方法論と理論組み込んでいる。 デザイン学はまた建築アーバンデザイン都市計画政策 、そして空間研究の分野学術的な仕事生み出します。 デザインスタディは、物、場所、システム考慮するだけでなく、それらの意味、文脈可能性および結果調査するデザイン学では、デザイン実際のところはるかに広いパラダイム1つ側面にすぎないことを認識。 それは過去と現在個人的および文化的価値形成することにおけるデザインの役割、特にそれらが未来をどのように形成するに照らして調査し調査し、そして質問する。 デザインスタディーの主題本質的に流動的ですが、 倫理環境持続社会持続可能性といった幅広いテーマ中心にして活動している。 アメリカ作家編集者教育者であるSusan Yelavichは、デザイン学の形を示す。「デザイン本質内向き焦点を当てるものと、それを形作る状況外に向けて描くもの、そして逆にデザインというもの」の二つ視点取り入れてます。意図的であろうとなかろうと変化します。」 デザイン研究科修士課程プログラムは、アメリカ合衆国ではカーネギーメロン大学デザイン大学院ハーバード大学デザイン大学院パーソンズ美術大学デザイン大学院 、 、およびIITデザイン研究所行われている。 日本について下記#大学院での教育を参照デザイン学科組織的な研究分野として、デザイン学科目実践世界における介入としてのデザインに関する分野。それはそれ自身学術的および専門的な談話デザインについて考え方法に関する理論的な見解 - その性質目的エージェンシー構成エンゲージメント配置責任倫理政治問題環境持続性潜在性代替先物である。それは、その調査デザインとは何かについて規範的な定義に限定するではなく学術調査デザイン実践との間の描写相乗効果を分析することによって様々な方法論を用いて達成できる可能性理解することを目的とする。そして批判理論展開するデザイン学科目は下にリストされている慣習からのアプローチ利用して現代実践のさまざまなモード代替の未来を提案実現するためにデザイン分野再考し方法分析している。 情報デザイン視覚デザイングラフィックイラストピクトグラムCIVI等)・サウンドデザイン w:Sound design 音響デザイン サービスデザイン商業デザイン・カラーユニバーサルデザイン ウェブデザイン エディトリアルデザイン ゲームデザイン インタラクションデザイン キャラクターデザイン トータルデザイン パッケージデザイン パブリックデザイン ヴィジュアルコミュニケーションデザイン・トランスポーテーションデザイン・アパレルクリエーション・メディアアートインスタレーション *モニターグラフィックスデザイン 環境デザイン都市デザイン建築デザイン照明デザイン スペースデザイン 造園ランドスケープアーキテクチュア 生態学的デザインBiological designエコロジカルデザイン景観デザイン バイオイノベーティブデザイン インタラクションデザイン構造デザイン・ランドスケープデザイン・空間デザイン・エクステリアデザイン・ガーデンデザイン・フラワーデザイン 鉄道デザイン 道路デザイン カーデザイン工業デザイン・プロダクトデザイン・インテリアデザイン・クラフトデザイン・ファッションデザイン ペーブメントデザイン ペルソナデザイン メカニックデザイン メタデザイン 美学デザイン美学とは、美しさ味覚観点から見た製品視覚的な魅力意味し製品優れた美的感覚与えることで、使い勝手ユーザーエクスペリエンス向上することが研究によって証明されている応用アート コンセプチュアル・デザイン 工学的デザインEngineering design 構成デザイン w:Configuration design 参加型デザイン 共同デザイン コミュニケーションデザイン クリティカルデザイン 社会イノベーションのためのデザイン デザイン・マネジメント 先端デザイン ソフトウェアデザイン 組織デザイン Organization design デザインサーベイ プロセスデザイン ブランディング セルフビルド(DIY) - 「プロの」デザイナー活動関数としてとらえられるデザイン」と、商品デザイン生産および消費確立されたサイクル一部であることの間のインターフェースである。そして「Do It Yourself」は、自主制作自主制作のアマチュアデザインのより民主的なデザインプロセスであり、作成され商品エンドユーザーにより近いところ行われる生産活動です。 体験デザインユーザーエクスペリエンスデザイン ユーザー中心設計 経験デザイン 重要性 ユニバーサルデザイン ユニバーサルサウンドデザイン モジュラーデザイン モーショングラフィックデザイン w:Motion graphic design 投機的デザイン システム設計 情報アーキテクチャ システムアーキテクチャ システムデザイン w:Systems design システムモデリング w:Systems modeling トランジションデザイン ソーシャルデザイン 自国デザイン バナキュラーデザイン ゲノムデザイン学

※この「研究対象」の解説は、「デザイン学」の解説の一部です。
「研究対象」を含む「デザイン学」の記事については、「デザイン学」の概要を参照ください。


研究対象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/23 09:29 UTC 版)

位相空間論」の記事における「研究対象」の解説

もう少し詳細に位相空間論における基本概念の定義とそれらに関する定理やその証明について述べる。基本概念としては 開集合閉集合開核閉包近傍近縁コンパクト性連結性連続写像数列収斂有向点族ネット)とフィルター種々の分離公理可算公理第一可算公理/第二可算公理) などがある。 他にもより進んだ概念が現れるが、数学のほかの分野への言及なしに、これらの基本概念直接的に関係するのがふつうである集合論位相幾何学 (set-theoric topology) は、そういった概念が集合論実質的な関係を持つのはいつかというような問題研究つきものである位相幾何学のほかの主要な分野には代数的位相幾何学幾何的位相幾何学微分位相幾何学などがあるが、一般位相幾何学はその名称が示唆するように、それらの分野に対する共通の基盤与えものである点集合位相幾何学重要な変形版が非点集合位相幾何学 (pointless topology, point-free topology) で、これは点集合基礎とする点集合位相幾何学異なり、束や特にと場所の圏論研究を通じ位相的概念構築を行うものである

※この「研究対象」の解説は、「位相空間論」の解説の一部です。
「研究対象」を含む「位相空間論」の記事については、「位相空間論」の概要を参照ください。


研究対象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/29 03:36 UTC 版)

須田賞」の記事における「研究対象」の解説

当該年度(1月から12月)に発表された緑内障に関する研究論文対象となる。眼科関係医学雑誌への募集広告掲載の他、日本緑内障学会評議員大学教授へ推薦日本緑内障学会から依頼している自薦他薦問わない選定日本緑内障学会定められた選考委員会で行う。 当初は原則として研究論文1編に対し受賞と共に助成金100万円が助成されたが、1992年第6回より研究論文2編を受賞とし、現在では毎年2~3件の優れた緑内障研究に対して、1件100万円が助成されている受賞者官報公示されると共に日本緑内障学会席上授賞式が行われる。

※この「研究対象」の解説は、「須田賞」の解説の一部です。
「研究対象」を含む「須田賞」の記事については、「須田賞」の概要を参照ください。


研究対象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/23 02:00 UTC 版)

グローバル・スタディーズ」の記事における「研究対象」の解説

グローバル化結果どのような影響引き起こされるかや、国家経済社会文化、および人々相互関係変化影響考察することが多い。現在の研究における中心的な話題として、国家安全保障外交について、参加民主主義とそれを促進する市民権あり方世界市場における競争力獲得方法などが挙げられる。[要出典]

※この「研究対象」の解説は、「グローバル・スタディーズ」の解説の一部です。
「研究対象」を含む「グローバル・スタディーズ」の記事については、「グローバル・スタディーズ」の概要を参照ください。


研究対象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/04 09:20 UTC 版)

文書形式学」の記事における「研究対象」の解説

文書形式学の研究対象となる文書は、印章などがある法的効力存在示された文書限られる国際組織として国際文書形式学委員会Commission Internationale de Dip lomatique)がある。

※この「研究対象」の解説は、「文書形式学」の解説の一部です。
「研究対象」を含む「文書形式学」の記事については、「文書形式学」の概要を参照ください。


研究対象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/26 06:20 UTC 版)

田中修 (経済学者)」の記事における「研究対象」の解説

北海道における場所請負制度や炭鉱炭山における囚人の強制労働炭山鉄道経済効果研究この他開拓期から昭和期に至るまで北海道経済史研究

※この「研究対象」の解説は、「田中修 (経済学者)」の解説の一部です。
「研究対象」を含む「田中修 (経済学者)」の記事については、「田中修 (経済学者)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「研究対象」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「研究対象」の関連用語

研究対象のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



研究対象のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの深井だんじり祭り (改訂履歴)、人間科学 (改訂履歴)、オリエント学 (改訂履歴)、小川晃一 (改訂履歴)、印章学 (改訂履歴)、矢田俊隆 (改訂履歴)、法哲学 (改訂履歴)、歴史地理学 (改訂履歴)、生化学 (改訂履歴)、高橋五郎 (改訂履歴)、中村敏子 (政治学者) (改訂履歴)、クィア理論 (改訂履歴)、月脚達彦 (改訂履歴)、脳機能マッピング (改訂履歴)、古書体学 (改訂履歴)、人口地理学 (改訂履歴)、大気科学 (改訂履歴)、沼田良 (改訂履歴)、認知心理学 (改訂履歴)、馬瀬良雄 (改訂履歴)、固体物理学 (改訂履歴)、廣重力 (改訂履歴)、アカハライモリ (改訂履歴)、毒性学 (改訂履歴)、野崎久和 (改訂履歴)、泉久雄 (改訂履歴)、向田直範 (改訂履歴)、稗貫俊文 (改訂履歴)、量子化学 (改訂履歴)、大濱徹也 (改訂履歴)、鴻常夫 (改訂履歴)、デザイン学 (改訂履歴)、位相空間論 (改訂履歴)、須田賞 (改訂履歴)、グローバル・スタディーズ (改訂履歴)、文書形式学 (改訂履歴)、田中修 (経済学者) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS