BuzzFeed_Japanとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > BuzzFeed_Japanの意味・解説 

BuzzFeed Japan

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/16 06:24 UTC 版)

BuzzFeed Japan株式会社(バズフィードジャパン)は、オンラインメディアBuzzFeed(バズフィード)の日本版、及びハフポスト日本版を運営する[5]、2015年に設立された東京都千代田区に本社を置く日本の会社。アメリカ合衆国BuzzFeedと日本のヤフージョイントベンチャー[6]として設立され、2021年にはザ・ハフィントン・ポスト・ジャパン株式会社と合併、朝日新聞社が出資者に加わった。


  1. ^ a b “BuzzFeed Japan 代表取締役社長にスコット・マッケンジーが就任” (プレスリリース), BuzzFeed Japan, (2019年1月17日), https://www.buzzfeed.com/buzzfeedpress/buzzfeed-japan-scottmackenzie 2019年1月27日閲覧。 
  2. ^ a b BuzzFeed Japan株式会社 決算公告
  3. ^ a b BuzzFeed Japan株式会社 第6期決算公告
  4. ^ “バズフィードジャパンとハフポスト日本版、合併へ”. 朝日新聞. (2021年3月31日). https://www.asahi.com/articles/ASP306KK8P30ULFA02K.html 2022年4月18日閲覧。 
  5. ^ a b c 山川晶之 (2016年1月20日). “ゆるいネタから政治経済ニュースまで「BuzzFeed Japan」創刊、強力な編集体制で記事はすべて独自制作”. Impress. 2016年4月21日閲覧。
  6. ^ BuzzFeed Japan、思わぬ大物を創刊編集長に起用”. TechCrunch (2015年10月17日). 2015年10月17日閲覧。
  7. ^ バズフィード日本版、今冬開設へ 広告はヤフーが独占販売”. AdverTimes (2015年8月18日). 2015年10月17日閲覧。
  8. ^ a b まつもとあつし 新興メディア・バズフィードは日本でもバズるのか 2016年3月11日
  9. ^ a b “フェイクニュースと戦うメディアでありたい」 創刊一周年を迎えたBuzzFeed Japanに潜入”. Abema Times. (2017年1月26日). https://times.abema.tv/articles/-/1935453 2019年1月27日閲覧。 
  10. ^ 籏智広太 (2017年1月25日). “ニンテンドースイッチの記事で「はちま起稿」がデマ、任天堂が完全否定”. BuzzFeed Japan. https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/korean-news-xyz 2019年1月27日閲覧。 
  11. ^ 井指啓吾; 山光瑛美 (2016年10月5日). “【シン・ゴジラ】まとめサイトが流した「北米で酷評の嵐」は本当か?”. BuzzFeed Japan. https://www.buzzfeed.com/jp/keigoisashi/shin-godzilla-false-rumor 2019年1月27日閲覧。 
  12. ^ 徳重辰典 (2016年10月21日). “ニンテンドースイッチの記事で「はちま起稿」がデマ、任天堂が完全否定”. BuzzFeed Japan. https://www.buzzfeed.com/jp/tatsunoritokushige/matomematadema 2019年1月27日閲覧。 
  13. ^ 米ハフポストを買収で合意 ネットメディアのバズフィード”. 共同通信 (2020年11月20日). 2021年3月31日閲覧。
  14. ^ a b c BuzzFeed Japanと「ハフポスト日本版」運営元が合併 各メディアは存続”. ITmedia NEWS (2021年3月31日). 2021年3月31日閲覧。
  15. ^ 日本版BuzzFeed創刊編集長就任のお知らせ”. ヤフープレスルーム (2015年10月16日). 2015年10月17日閲覧。
  16. ^ バズフィード・ジャパン社長に前クリテオ代表の上野正博氏 #宣伝会議 | AdverTimes(アドタイ) 販促会議 編集部2016.04.01 掲載
  17. ^ BuzzFeed Japan、朝日放送グループホールディングス、バリューコマースとの資本業務提携に関するお知らせ,BuzzFeed Japan,2022年5月16日
  18. ^ ニュースやエンタメなどのオンラインメディアを展開するBuzzFeed Japan との資本業務提携のお知らせ,朝日放送グループホールディングス,2022年5月16日
  19. ^ バリューコマース、BuzzFeed Japan株式会社との 資本業務提携に関するお知らせバリューコマース,2022年5月16日
  20. ^ a b “【都知事選】「朝鮮人、あるいはサル」公然と叫ぶ桜井候補。在特会前会長の狙いは?”. BuzzFeed japan. (2016年7月18日). https://megalodon.jp/2016-0718-0845-13/https://www.buzzfeed.com:443/satoruishido/20160717-tochijisen-sakurai 2016年7月20日閲覧。 
  21. ^ a b c “【東京都知事選】桜井誠氏の演説「朝鮮人あるいは左翼」を「朝鮮人あるいはサル」と誤記 バズフィード・ジャパンが訂正して謝罪”. 産経ニュース (産経新聞). (2016年7月20日). https://www.sankei.com/article/20160720-VCUPOYL4GBLVJOVZGS47ER5FYA/ 2016年7月20日閲覧。 
  22. ^ 古田大輔 (2016年7月18日). “@masurakusuo” (日本語). Twitter. 2019年1月27日閲覧。
  23. ^ “BuzzFeed、ウィキ「規約違反」で記事修正 「ソースは本人」企画にネット呆れ”. J-CASTニュース . (2018年7月18日). https://www.j-cast.com/2018/07/18334128.html?p=all 2019年7月15日閲覧。 
  24. ^ 「誰かを傷つけていることを、知ってほしい」成人誌がコンビニから消える意味」” (日本語). BuzzFeed. 2019年1月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月25日閲覧。


「BuzzFeed Japan」の続きの解説一覧

「BuzzFeed Japan」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

BuzzFeed_Japanのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



BuzzFeed_Japanのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのBuzzFeed Japan (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS