アイルランド系とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > アイルランド系の意味・解説 

アイルランド人

(アイルランド系 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/13 06:11 UTC 版)

アイルランド人は、アイルランド島を舞台に形成され、現在西ヨーロッパ、特にアイルランドに居住するケルト系民族をさす。




  1. ^ The island history, discoverireland.com
  2. ^ American FactFinder, United States Census Bureau. “U.S. Census Bureau, 2007”. Factfinder.census.gov. 2010年5月30日閲覧。
  3. ^ “One in four Britons claim Irish roots”. BBC News. (2001年3月16日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/1224611.stm 2010年3月28日閲覧。 
  4. ^ Ethnocultural portrait of Canada”. Statistics Canada (2006年). 2008年7月4日閲覧。
  5. ^ The 2006 Australian Census reports 1.9 million people of Irish ancestry in the 2001 Census. Up to two ancestries could be chosen. Recent increases in the number who identify as Australian suggest that this number is an underestimate of the true number with Irish ancestry. With that being said, the number claiming Irish ancestry from the previous census actually more than doubled. One reason, an improved image of what it means to be Irish according to the census experts, making Australians more proud to state their Irish ancestry. Also the Australian Embassy in Dublin states that up to 30 percent of Australians have some degree of Irish ancestry.[1].
  6. ^ An Irish Argentine in the Easter Rising[リンク切れ]
  7. ^ Bowcott, Owen (2006年9月13日). “More Britons applying for Irish passports | UK news | guardian.co.uk”. The Guardian (London). http://www.guardian.co.uk/britain/article/0,,1871753,00.html 2009年12月31日閲覧。 
  8. ^ a b Helgason, A; Sigureth; Nicholson, J; et al. (September 2000). "Estimating Scandinavian and Gaelic ancestry in the male settlers of Iceland". Am. J. Hum. Genet. 67 (3): 697–717. doi:10.1086/303046. PMC 1287529. PMID 10931763.


「アイルランド人」の続きの解説一覧

アイルランド系

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/03 09:21 UTC 版)

ローレンス (マサチューセッツ州)」の記事における「アイルランド系」の解説

アイルランド系移民ローレンスの町が生まれた頃から入って来ており、1840年代アイルランドから多くの国民出て行かせることになったジャガイモ飢饉時期一致している。1845年から1848年建設されたグレート・ストーン・ダムが、ほとんどアイルランド系労働者によって建設されたばかり繊維工場動力与えたこの地域で最初のアイルランド系移民は、メリマック川の南、キングストン通りとサウスブロードウェイの交差点近くに入った。その掘っ立て小屋の町は建設されるダム接近してあり、川の北でニューイングランド農園少女工場労働者として惹きつけたエセックス・コーポレーションの家の並びからは遠かったアイルランド系移民宗教的需要はイマキュレイト・コンセプション教会で対応され、1846年チェスナット通りホワイト通りの角近くに建てられローレンスでは初のカトリック教会となった1848年12月、ジェイムズ・オドネル牧師が旧セントメアリー教会建設した1827年にはアイルランド系の町に90以上の掘っ立て小屋建っていた。1869年、アイルランド系はサウスブロードウェイに独自の教会であるセントパトリック教会建てられるだけの資金集めることができていた。

※この「アイルランド系」の解説は、「ローレンス (マサチューセッツ州)」の解説の一部です。
「アイルランド系」を含む「ローレンス (マサチューセッツ州)」の記事については、「ローレンス (マサチューセッツ州)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「アイルランド系」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「アイルランド系」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

アイルランド系のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アイルランド系のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアイルランド人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのローレンス (マサチューセッツ州) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS