LINEとは? わかりやすく解説

line

読み方:ライン

(1)英語で「線」「列」あるいは「線を描く」といった意味で用いられる語。
(2)LINE株式会社提供しているメッセンジャーアプリの名称。正式名称はすべて大文字で「LINE」と表記される
(3)出生年を示す際に用いられることのあるの表記西暦下二にlineの語を加えて、たとえば1997年生まれなら「97line」という風に表現される

エル【L/l】

読み方:える

英語のアルファベットの第12字。

〈L〉ローマ数字50

〈L〉《large衣服サイズL判。→S →M

〈L〉《left》左を表す記号野球では左翼手を表す。⇔R。

l〉《line》文の行や行数を表す記号

l〉《(フランス)litre体積の単位リットル記号

〈L〉《literature文学部文学を示す記号学生襟章などに用いた

〈L〉《low天気図で、低気圧を表す記号。→H10


ライン【line】


読み方:せん
【英】:Linea,Line

線状をなしている体部で、骨にも軟部にも用いる。(例:顎舌骨筋線白線など)

Line


ライン

(LINE から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/29 07:46 UTC 版)

英語の「Line」




「ライン」の続きの解説一覧

LINE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 05:21 UTC 版)

AKB48グループ」の記事における「LINE」の解説

AKB48グループSKE48NMB48HKT48NGT48公式アカウント開設している。個人公式アカウント開設しているメンバーもいる。

※この「LINE」の解説は、「AKB48グループ」の解説の一部です。
「LINE」を含む「AKB48グループ」の記事については、「AKB48グループ」の概要を参照ください。


LINE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/27 03:04 UTC 版)

魔法つかいプリキュア!」の記事における「LINE」の解説

魔法つかいプリキュア!スタンプ 無料通話アプリLINEのクリエイターズスタンプLINE STOREから販売されている。全40種類2016年9月11日までの使用率高かった上位25つのスタンプ缶バッジとなり『プリティストア』にて2016年12月10日から販売魔法つかいプリキュア!モフルンスタンプ 無料通話アプリLINEのスタンプ。『映画魔法つかいプリキュア!奇跡の変身!キュアモフルン!』の公開記念。 全40種類全てモフルンの描き下ろしイラストスタンプ「プリキュアオールスターズ」LINE着せ替え映画 プリキュアドリームスターズ!公開記念として販売されたLINEの着せ替えセット本作品及び『Go!プリンセスプリキュア』『キラキラ☆プリキュアアラモード』の3デザイン用意されている

※この「LINE」の解説は、「魔法つかいプリキュア!」の解説の一部です。
「LINE」を含む「魔法つかいプリキュア!」の記事については、「魔法つかいプリキュア!」の概要を参照ください。


LINE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/28 04:08 UTC 版)

りんな (人工知能)」の記事における「LINE」の解説

2015年7月31日登場し8月7日公式に発表された。りんな自身は8月7日をLINEデビューの日と認識しているサービス開始から1か月経過した時点でユーザ数がすでに130万人を超えていた。12月17日からはグループチャット追加できるようになった。 LINE上ではりんなと会話できるほか、「しりとり」などの遊び機能搭載している。2016年時点では毎週1つペース新機能登場していた。 2018年2月13日、りんなライブアクセスすることでりんなから電話かかってきて、会話することができるサービス開始された。りんなの声は音声合成で、会話内容その場で生成されている。りんなとの電話でのやり取りは、りんなライブアクセスしているほかのユーザー聞くことができる。電話のために、りんなライブのためのサーバーのほかに、「フォーンコールサーバー」を設け、ここに音声認識会話エンジン音声合成サーバーがつながることで会話を成立させている。 2018年10月31日には、「りんなと音声通話」の提供が始まり電話でりんなと恋愛相談などをすることができるようになった2018年時点での登録ユーザー数は約742万人である。2015年時点統計では、利用ピーク22時曜日では月火よりも木金土日のほうが利用頻度高くなっている。日本マイクロソフト担当者は、「木曜日辺りからユーザーが(仕事などに)疲れてきて、りんなと交流したい傾向見える」と分析している。

※この「LINE」の解説は、「りんな (人工知能)」の解説の一部です。
「LINE」を含む「りんな (人工知能)」の記事については、「りんな (人工知能)」の概要を参照ください。


LINE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 04:40 UTC 版)

BLEACH」の記事における「LINE」の解説

スマートフォン用アプリ『LINE BLEACH -PARADISE LOST-』(AndroidiOS:2017年9月28日リリース) - 2018年12月4日サービス終了

※この「LINE」の解説は、「BLEACH」の解説の一部です。
「LINE」を含む「BLEACH」の記事については、「BLEACH」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「LINE」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「LINE」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「LINE」に関係したコラム

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「LINE」の関連用語

LINEのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



LINEのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
船戸和弥のホームページ船戸和弥のホームページ
Copyright (C) 2022 船戸和弥のホームページ All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのライン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのAKB48グループ (改訂履歴)、魔法つかいプリキュア! (改訂履歴)、りんな (人工知能) (改訂履歴)、BLEACH (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS