パイプラインとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > パイプラインの意味・解説 

パイプライン【pipeline】


パイプライン

【英】pipeline

製造業者在庫しているがすでに卸売業小売業販売されていて、まだ消費者には購入されていない物。この在庫製造業者倉庫離れる時、卸売業あるいは小売業者がその在庫の配送コスト引き受ける。

パイプライン

読み方ぱいぷらいん
【英】: pipeline

油・ガス移送するために地上(または地下もしくは海底面(または海底面下)に設置されるパイプ連続的に接合したシステム
パイプラインのうち、坑井からの生産物原油ガス分離・処理基地まで運ぶものを特にフロー・ラインと呼ぶ。また多数坑井からの何本ものフロー・ラインが処理基地集ま全体をギャザリング・システムいう。フロー・ラインのなかの流れ液体気体との二相混合流となり、また水分混入していて腐食進みやすく、またガス・ハイドレート生成する恐れもあるので、メタノールなどの氷点降下剤を注入する原油ガス処理装置分離され原油ガスコンデンセートそれぞれの貯蔵所積出し施設製油所あるいはガス消費地まで、それぞれ原油パイプライン、天然ガスパイプラインとして別々に敷設される。その太さ(口径)は輸送流量に応じて決定され、また輸送距離は目的によるが、長いものは数百kmにおよび、ガスパイプラインでは数千 km達するものもある。石油・ガスを問わず上流側での集油・集ガスのための支線や、下流側での配送distribution)のための分岐支線に対して輸送幹線をなすパイプラインをトランク・ラインという。一定口径のパイプラインにおいて、原油などの液体流量圧力勾配あつりょくこうばい}(P1-P2) / Lに比例しガスの場合それは(P21-P22) / L に比例するしたがって、特に長距離のガスパイプラインの場合には高圧にするほど大量輸送でき、経済的に有利である一般に P1 としては 70 気圧(1,000psi)程度計画される。特に長距離のパイプラインの場合はほぼ 200 ~ 300km ごとに、原油の場合はポンプ・ステーション、ガスの場合はコンプレッサー・ステーションを設けて昇圧する。パイプラインは、外力温度変化風雨火災などの影響減らすために、原則として地下埋設する。車の荷重などによる破壊避けるために土かぶりガスパイプラインで 60cm 以上、石油パイプラインで 1m 以上とする。パイプとしてはライン・パイプという規格鋼管使用し順次溶接接続しレントゲン検査をし、外面塗装あるいはアスファルト・ジュートなどを巻いて防食し、あらかじめ掘った溝に降入し、埋設する海洋におけるパイプラインの敷設にはパイプ・レイ・バージを使用しバージ上でパイプ溶接接続しながら一端から海中投入しつつバージ前に進ませて海底敷設する加重防食とのため、パイプ外側コンクリート層で被覆する一般に海底埋設するこのためにプラフという、船上から操作できる溝掘器を使用する

パイプライン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/02 03:00 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

パイプライン



パイプライン

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 02:25 UTC 版)

名詞

パイプライン

  1. 石油天然ガス輸送するための管。
  2. コンピュータ高速化技術

語源


「パイプライン」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

パイプラインのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



パイプラインのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2022by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2022 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのパイプライン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのパイプライン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS