スタンプとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 出版 > > スタンプの意味・解説 

スタンプ【stamp】

読み方:すたんぷ

印章。特に、ゴム印また、観光地などで押す記念印判。「—インク

郵便物消印。「ノー—」

切手印紙

商店などが発行するサービス券。

メッセンジャーアプリで、メッセージ添え小さなイラスト


スタンプ

【英】stamp

スタンプとは、一般的には切手」や「刻印」を意味する英語である。IT用語としては、「LINEをはじめとするメッセンジャーアプリにおいて、テキストメッセージ挿入できるイラストを指すことが多い。

LINE」では、喜怒哀楽などの多種多様な感情心境表現したイラストがスタンプとして提供されているテキストメッセージLINEスタンプ添えることで、言葉で表現しにくい感情機微を、簡潔かつ的確に伝えることができる。

また、IT用語としては「タイムスタンプ」や「バージョンスタンプ」などで「スタンプ」の語が用いられる場合があるこれらの語では、スタンプは「特定の情報記録刻印したもの」といった意味合い用いられていることが多い。


スタンプ

名前 StampStumpStamppStumpf

スタンプ(Stamp)

読み方:すたんぷ

  1. 男が女に情交関係を結ぶことをいふ。英語のStamp(スタンプ)「捺印する」意味から転訛したものである。〔情事語〕
  2. 〔不〕「スタンプを押す」と云へば女と肉的関係をすることの隠語。「スタンプド・ガール」は処女でないといふ意。
  3. 情交関係を結ぶこと。スタンプを捺すと云へば女を自分のものにしたこと。尚スタンプは英語のStamp捺印する)から来た言葉。〔花柳界
  4. 男が女に情交関係を結ぶことをいふ。英語のスタンプ「捺印する」意味から転訛したものである。
  5. 〔流〕男が女に情交関係を結ぶこと。
  6. 情交関係を結ぶことをいふ。
  7. 若い男女交合すること。
  8. 男が女に対して性関係を結ぶこと。前橋
  9. 男が女に情交遂行したことに用う、スタンプを捺したの意。
  10. 情交性交)。「押す」ところから。〔不〕

分類 不、情事語、花柳界

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

スタンプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/05 03:39 UTC 版)

スタンプ英語:stamp など)




「スタンプ」の続きの解説一覧

スタンプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/23 04:23 UTC 版)

エキッシュ」の記事における「スタンプ」の解説

初め訪れた駅へチェックインすると、該当駅のスタンプが付与される

※この「スタンプ」の解説は、「エキッシュ」の解説の一部です。
「スタンプ」を含む「エキッシュ」の記事については、「エキッシュ」の概要を参照ください。


スタンプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/13 06:36 UTC 版)

メダル・オブ・オナー ウォーファイター」の記事における「スタンプ」の解説

主人公アメリカTier 1 OperatorNavy SEALs隊員狙撃であることが多い。元は海兵隊所属だったが引き抜かれた。

※この「スタンプ」の解説は、「メダル・オブ・オナー ウォーファイター」の解説の一部です。
「スタンプ」を含む「メダル・オブ・オナー ウォーファイター」の記事については、「メダル・オブ・オナー ウォーファイター」の概要を参照ください。


スタンプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 00:22 UTC 版)

Mnemosyne-ムネモシュネの娘たち-」の記事における「スタンプ」の解説

伝説フリーランステロリスト依頼料見合った高額な切手でしか依頼受けないと言われている。

※この「スタンプ」の解説は、「Mnemosyne-ムネモシュネの娘たち-」の解説の一部です。
「スタンプ」を含む「Mnemosyne-ムネモシュネの娘たち-」の記事については、「Mnemosyne-ムネモシュネの娘たち-」の概要を参照ください。


スタンプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 05:39 UTC 版)

クリケット」の記事における「スタンプ」の解説

ウィケット構成している3本の柱

※この「スタンプ」の解説は、「クリケット」の解説の一部です。
「スタンプ」を含む「クリケット」の記事については、「クリケット」の概要を参照ください。


スタンプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 04:42 UTC 版)

印章」の記事における「スタンプ」の解説

詳細は「スタンプ」を参照 日本において、スタンプと言う場合は、判(またはゴム印)を指すことが多い。スタンプは観光地など記念用に設置されていて、鉄道駅駅スタンプ)や道の駅サービスエリアパーキングエリアサービスエリアパーキングエリアスタンプ)にも設置されるまた、各地スタンプラリー企画されている。中には、紙などを差し込むことで電動押印印字されるスタンプもある。 「バリデーションスタンプ」 (Validation Stamp) は、運送チケット類に押印するスタンプ。航空券発行会社名、地名発行年月日等が刻印されており、このスタンプが押印されていない航空券は有効とみなされない

※この「スタンプ」の解説は、「印章」の解説の一部です。
「スタンプ」を含む「印章」の記事については、「印章」の概要を参照ください。


スタンプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/14 14:40 UTC 版)

ガチャピン☆ボンバーマン」の記事における「スタンプ」の解説

ゲーム中に6つ存在し取得条件それぞれ異なる。

※この「スタンプ」の解説は、「ガチャピン☆ボンバーマン」の解説の一部です。
「スタンプ」を含む「ガチャピン☆ボンバーマン」の記事については、「ガチャピン☆ボンバーマン」の概要を参照ください。


スタンプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/16 09:53 UTC 版)

Touch!ボンバーマンランド」の記事における「スタンプ」の解説

4種類のスタンプがあり、1種類の内、5つのスタンプを集めなければならないゾーン ライバル ボス オタカラ

※この「スタンプ」の解説は、「Touch!ボンバーマンランド」の解説の一部です。
「スタンプ」を含む「Touch!ボンバーマンランド」の記事については、「Touch!ボンバーマンランド」の概要を参照ください。


スタンプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/05 09:20 UTC 版)

西上田駅」の記事における「スタンプ」の解説

西上田駅スタンプは、小県郡青木村にある大法寺国宝三重塔。駅から最寄り国宝文化財となっている。

※この「スタンプ」の解説は、「西上田駅」の解説の一部です。
「スタンプ」を含む「西上田駅」の記事については、「西上田駅」の概要を参照ください。


スタンプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/04 16:42 UTC 版)

LINE (アプリケーション)」の記事における「スタンプ」の解説

予め用意された画像用いて友達会話するスタンプ機能利用できる中には、アニメーションスタンプやボイス入りスタンプもある。無料で利用できるスタンプもあるが、多くのスタンプが有料販売されている。有料のスタンプは、公式スタンプだと240円、クリエイターズスタンプだと120円で購入できる一部例外もある)。スタンプを購入して友達プレゼントするともできる。ただし、PC版利用していてスタンプをプレゼントする場合は、ウェブブラウザ向けスタンプ購入サイトの「LINE STORE」から行必要があるスタ連(スタンプ連打略語)やスタ爆(スタンプ爆弾略語)といった若者言葉誕生しスタ連2017年の「ギャル流行語大賞」の第3位選ばれている。

※この「スタンプ」の解説は、「LINE (アプリケーション)」の解説の一部です。
「スタンプ」を含む「LINE (アプリケーション)」の記事については、「LINE (アプリケーション)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「スタンプ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

スタンプ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/06 17:52 UTC 版)

語源

英語 stamp, 古典ギリシア語 σφραγίς (sphragís)

名詞

スタンプ

  1. 印章
  2. ゴム印
  3. 消印
  4. 切手証紙

関連語


「スタンプ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



スタンプと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

スタンプのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



スタンプのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2022by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリスタンプの記事を利用しております。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスタンプ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのエキッシュ (改訂履歴)、メダル・オブ・オナー ウォーファイター (改訂履歴)、Mnemosyne-ムネモシュネの娘たち- (改訂履歴)、クリケット (改訂履歴)、印章 (改訂履歴)、ガチャピン☆ボンバーマン (改訂履歴)、Touch!ボンバーマンランド (改訂履歴)、西上田駅 (改訂履歴)、LINE (アプリケーション) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのスタンプ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS