風景とは? わかりやすく解説

ふう‐けい【風景】

読み方:ふうけい

目に映る広い範囲のながめ。景色風光。「山岳―」

ある場面情景ありさま。「ほほえましい親子の―」「新春―」


風景

一般的には光景とか景色の意味持ち伝統的な絵画はそうしたものをモチーフに描いたものを風景画呼んでいる。静物人物などを、外側か見て描く事が絵画自然なありようだとする価値観が、二十世紀初頭画家達によってすでに解体され眼差しが人の内面やものの存在そのもの向けられている以上、風景だけが眺められるもののままであり続けるはずはない。美術において今や風景は、人間存在そのもの内包する場として意識され多様な切り口表現される対象となっている。

モンポウ:風景

英語表記/番号出版情報
モンポウ:風景Paisajes作曲年1942年  出版年1957年  初版出版地/出版社: Salabert 

作品概要

楽章・曲名 演奏時間 譜例
1 泉と鐘 "La fuonte y campana"4分00 No Image
2 湖 "El lago"4分30秒 No Image
3 ガリシア馬車 "Carros deGalicia"4分30秒 No Image

作品解説

2008年7月 執筆者: 和田 真由子

スペイン内戦や、第二次世界大戦勃発身内不幸などが重なり作曲活動ままならないまま10年近く過ごしていたモンポウだったが、1941年パリから故郷バルセロナ戻り積極的な創作活動再開することができるようになった。《風景》は1942年作曲された。全3曲あるが、第1、2曲をまとめて第一巻第3曲が第二巻となっている。

1.泉と鐘 / No.1 "La fuonte y campana":調号なし、4分の2拍子モンポウの家の庭にあった噴水と、そこできかれる鐘の音ノスタルジックに描かれている。Gであらわされる鐘は何度も低音でうちならされ空気優しく包み込む。ここでは10度音程登場する。つづく16分音符は、湧き出てくる水のように奏され透明感のある響き美しい。後にモンポウの妻となるカルメン・ブラーボにささげられ一曲


2.湖 / No.2 "El lago":調号かかれていない。4分の4拍子16分音符響きは非常に繊細で、湖の静かなたたずまい想わせる。その中で息の長い旋律浮き上がるように歌われていく。クワジ・カデンツァで落とされた音が水面広がる波紋となり、つづく32分音符の音型を作っているようだ印象派的な描写面白一曲

3.ガリシア馬車 / No.3 "Carros deGalicia":調号なし。4分の2拍子レント放浪者が歌うガリシアの歌から発想得て作曲された。冒頭から不協和音連なり、より調性あいまいになっている。おさえられ音量の中で同和音が繰り返されており、不安感が増す。緊張感維持し重心安定させて奏する


風景

英語表記/番号出版情報
ジルソン:風景Paysages作曲年: 1899-1901年 
グラナドス:風景Paisaje Op.35
ショーソン:風景Paysage Op.38作曲年1895年  出版年: 1895?年  初版出版地/出版社Baudoux 

風景

作者福永武彦

収載図書福永武彦全集 第4巻 小説 4
出版社新潮社
刊行年月1987.7


風景

作者森野

収載図書お手玉
出版社新風舎
刊行年月2003.10
シリーズ名新風舎文庫


風景

作者八木義徳

収載図書八木義徳全集 7
出版社福武書店
刊行年月1990.9


風景

作者牧田治子

収載図書海辺の青い扉
出版社踏青
刊行年月1991.10


風景

作者北山幸太郎

収載図書ロバ君の問題点
出版社清水書院
刊行年月1996.2


風景

作者三神

収載図書月と五人の男
出版社集英社
刊行年月1996.3


風景

作者堀辰雄

収載図書堀辰雄全集 第1巻
出版社筑摩書房
刊行年月1996.6

収載図書堀辰雄全集 第6巻
出版社筑摩書房
刊行年月1996.12

収載図書堀辰雄初期作品集
出版社軽井沢町教育委員会
刊行年月2004.7

収載図書ザ・堀辰雄全小全一
出版社第三書館
刊行年月2004.12


風景

作者バリー・ユアグロー

収載図書一人の男が飛行機から飛び降りる
出版社新潮社
刊行年月1996.7

収載図書一人の男が飛行機から飛び降りる
出版社新潮社
刊行年月1999.9
シリーズ名新潮文庫


風景

作者井伏鱒二

収載図書井伏鱒二全集 第5巻
出版社筑摩書房
刊行年月1997.3


風景

作者金子律

収載図書この心の底
出版社武蔵野書房
刊行年月2002.10


風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/14 06:44 UTC 版)

風景(ふうけい)は、に見える様子、景色のことである。類義語景観、光景などが挙げられる。絵画作品の題材写真作品の題材にされたり、観光資源として活用される場合もある。


  1. ^ 『月瀬幻影—近代日本風景批評史』中央公論新社、2002年3月、446頁、ISBN 978-4120032509


「風景」の続きの解説一覧

風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/10/16 06:47 UTC 版)

コンパートメント (紋章学)」の記事における「風景」の解説

コンパートメント何らかの陸や海の風景であることがあり、精巧な描写施されていることがあるスコットランドの氏族長の紋章の場合、コンパートメント一族の花で覆われた草原ヴァートマウント」である。また、比較最近カナダ登録されたものでは、ノーザン・ブリティッシュ・コロンビア大学紋章コンパートメントは、ブリティッシュ・コロンビア州固有種であるカーモード・ベアが立つデキスター側が山頂、ウッドランド・カリブーが立つシニスター側が小麦の穂になっており、それらはロン・セバスチャンによってデザインされシャチチャージされている紋章表現水の上にある。 コンパートメントは、地理特定の部分を持っていることがあるケニアの国章コンパートメントケニア山であり、コロンビアのクンデナマルカ県アルベラエスの紋章コンパートメント地球である。

※この「風景」の解説は、「コンパートメント (紋章学)」の解説の一部です。
「風景」を含む「コンパートメント (紋章学)」の記事については、「コンパートメント (紋章学)」の概要を参照ください。


風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/22 06:35 UTC 版)

新荒川大橋」の記事における「風景」の解説

初代新荒川大橋建設工事初代新荒川大橋左岸側橋桁架設工事初代新荒川大橋開通式

※この「風景」の解説は、「新荒川大橋」の解説の一部です。
「風景」を含む「新荒川大橋」の記事については、「新荒川大橋」の概要を参照ください。


風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/22 06:35 UTC 版)

荒川橋梁 (東北新幹線)」の記事における「風景」の解説

左岸上流側低水路より。 荒川橋梁を渡る埼京線列車左岸下流側より。 右岸橋台架け違いになっている

※この「風景」の解説は、「荒川橋梁 (東北新幹線)」の解説の一部です。
「風景」を含む「荒川橋梁 (東北新幹線)」の記事については、「荒川橋梁 (東北新幹線)」の概要を参照ください。


風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/22 06:35 UTC 版)

笹目橋」の記事における「風景」の解説

首都高速5号下り線より戸田市方面を望む戸田市方面を望む

※この「風景」の解説は、「笹目橋」の解説の一部です。
「風景」を含む「笹目橋」の記事については、「笹目橋」の概要を参照ください。


風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/26 03:45 UTC 版)

平和橋 (荒川)」の記事における「風景」の解説

1961年頃の二代目平和橋欄干橋門1928年初代の橋とは異なる。 左岸側残された二代目平和橋主塔および橋台遺構左岸側橋詰より現在の橋を望む右岸橋詰より現在の橋を望む左岸上流側より現在の橋を望む

※この「風景」の解説は、「平和橋 (荒川)」の解説の一部です。
「風景」を含む「平和橋 (荒川)」の記事については、「平和橋 (荒川)」の概要を参照ください。


風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/26 08:59 UTC 版)

荒川大橋」の記事における「風景」の解説

荒川大橋の上より熊谷市方面を望む旧荒川大橋トラス部分2012年撮影

※この「風景」の解説は、「荒川大橋」の解説の一部です。
「風景」を含む「荒川大橋」の記事については、「荒川大橋」の概要を参照ください。


風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/05 17:28 UTC 版)

高橋大橋」の記事における「風景」の解説

右岸下流側から。 右岸上流側から。

※この「風景」の解説は、「高橋大橋」の解説の一部です。
「風景」を含む「高橋大橋」の記事については、「高橋大橋」の概要を参照ください。


風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/01/24 04:44 UTC 版)

飯塚・招木古墳群」の記事における「風景」の解説

招木地区 89号古墳復元飯塚・招木古墳群石碑 89号古墳復元についての案内板

※この「風景」の解説は、「飯塚・招木古墳群」の解説の一部です。
「風景」を含む「飯塚・招木古墳群」の記事については、「飯塚・招木古墳群」の概要を参照ください。


風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/29 00:48 UTC 版)

寄居橋」の記事における「風景」の解説

左岸下流側より望む。 右岸上流側より望む。 左岸側橋詰より望む。 旧橋銘板利用した記念碑金尾の渡し

※この「風景」の解説は、「寄居橋」の解説の一部です。
「風景」を含む「寄居橋」の記事については、「寄居橋」の概要を参照ください。


風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/04 05:30 UTC 版)

フルダ川」の記事における「風景」の解説

概説フルダ川はそのほとんどの区間を、深さの程度に違いはあれ、渓谷流れるが、その両岸雑色砂岩質である。両側広がり所によって高い山となっているこの渓谷開けるのはカッセル盆地出てからである上流:そのほとんどが急勾配の上流部は谷の幅がわずかに250m以下であり、その後500m以下である。アイヒェンツェル付近、すなわちフルダ付近では、谷は幾分その幅を広げるが、その後再び山の斜面の間を流れてゆく。 中流バート・ヘルスフェルトベーブラ付近の谷幅は最大1.3kmにまで広がるが、グックスハーゲンでは再び数百mとなる。 下流エーダー川河口付近から、カッセルフルダ川流れるカールスアウエやフルダアウエといった付近での谷の幅は3km程度にまで広がる。この大都市後は、再び幅数百mしかない狭い渓谷抜けてハン・ミュンデンへと流れてゆく。

※この「風景」の解説は、「フルダ川」の解説の一部です。
「風景」を含む「フルダ川」の記事については、「フルダ川」の概要を参照ください。


風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/05 15:20 UTC 版)

神岡橋 (荒川)」の記事における「風景」の解説

右岸上流側より望む神岡橋新神岡橋左岸側橋詰より望む神岡橋新神岡橋新神岡橋橋銘板

※この「風景」の解説は、「神岡橋 (荒川)」の解説の一部です。
「風景」を含む「神岡橋 (荒川)」の記事については、「神岡橋 (荒川)」の概要を参照ください。


風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/03 07:06 UTC 版)

古隅田川」の記事における「風景」の解説

古隅田川最上流部(下蛭田地区古隅田川旧堤防。古隅田川公園として整備されている。 古隅田川旧堤防の天端。(古隅田川公園内黒沼水田からの排水路左岸に合流するまた、古隅田川旧流路分岐する

※この「風景」の解説は、「古隅田川」の解説の一部です。
「風景」を含む「古隅田川」の記事については、「古隅田川」の概要を参照ください。


風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/14 06:14 UTC 版)

シエラネバダ山脈 (アメリカ合衆国)」の記事における「風景」の解説

ヨセミテ国立公園など景観すばらしさで有名。名称はスペインにある景観のよく似た同名の山脈に由来する

※この「風景」の解説は、「シエラネバダ山脈 (アメリカ合衆国)」の解説の一部です。
「風景」を含む「シエラネバダ山脈 (アメリカ合衆国)」の記事については、「シエラネバダ山脈 (アメリカ合衆国)」の概要を参照ください。


風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/07 10:11 UTC 版)

荒川橋梁 (八高線)」の記事における「風景」の解説

荒川橋梁プレートガーダー左側2径間はポーナル型プレートガーダー橋である。 右岸下流側より。 通常とポーナルとの架け違い部分左岸側橋詰より望む。

※この「風景」の解説は、「荒川橋梁 (八高線)」の解説の一部です。
「風景」を含む「荒川橋梁 (八高線)」の記事については、「荒川橋梁 (八高線)」の概要を参照ください。


風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/11 16:37 UTC 版)

ユトリベルク」の記事における「風景」の解説

山頂部 展望台 ユトリベルクユトリベルク展望台から眺めたチューリッヒ市チューリヒ湖 この項目は、スイス関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(プロジェクト 中央ヨーロッパ / ポータル ヨーロッパ)。

※この「風景」の解説は、「ユトリベルク」の解説の一部です。
「風景」を含む「ユトリベルク」の記事については、「ユトリベルク」の概要を参照ください。


風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/01 14:48 UTC 版)

御成橋 (荒川)」の記事における「風景」の解説

御成橋親柱

※この「風景」の解説は、「御成橋 (荒川)」の解説の一部です。
「風景」を含む「御成橋 (荒川)」の記事については、「御成橋 (荒川)」の概要を参照ください。


風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/01 14:21 UTC 版)

錦桜橋 (渡良瀬川)」の記事における「風景」の解説

右岸下流側より望む。 左岸下流側より望む。

※この「風景」の解説は、「錦桜橋 (渡良瀬川)」の解説の一部です。
「風景」を含む「錦桜橋 (渡良瀬川)」の記事については、「錦桜橋 (渡良瀬川)」の概要を参照ください。


風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/10 01:30 UTC 版)

太郎右衛門橋」の記事における「風景」の解説

左岸上流側低水路より。 左岸上流側より川島方面を望む橋の上から桶川方面を望む川島側から平行する道路旧橋取り付け道路桶川側の親柱掲示されている橋名板。「たろううえもんはし」と記されている。

※この「風景」の解説は、「太郎右衛門橋」の解説の一部です。
「風景」を含む「太郎右衛門橋」の記事については、「太郎右衛門橋」の概要を参照ください。


風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/07 15:18 UTC 版)

登竜橋 (荒川)」の記事における「風景」の解説

右岸橋詰より望む。橋銘板に「とうりゅうはし」と記されている。 左岸側橋詰より望む。 施工中の旧登竜橋大正初期)。 完成祝賀会当日の旧登竜橋。 旧登竜橋を渡る山駕籠大正中期)。 右岸上流側より望む旧登竜橋 登竜橋入口取り付け道路にある三峯神社鳥居登竜橋取り付け道路国道方向を望む三峰山登山道袂より三峯神社方向を望む

※この「風景」の解説は、「登竜橋 (荒川)」の解説の一部です。
「風景」を含む「登竜橋 (荒川)」の記事については、「登竜橋 (荒川)」の概要を参照ください。


風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/11 01:49 UTC 版)

油山」の記事における「風景」の解説

片江展望台からの眺め 片江展望台 油山市民の森山笠の滝 「もーもーらんど」油山牧場 油山市民の森夫婦岩 福岡県福岡市油山遠景脊振山地唐人の舞から

※この「風景」の解説は、「油山」の解説の一部です。
「風景」を含む「油山」の記事については、「油山」の概要を参照ください。


風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/17 04:31 UTC 版)

治水橋」の記事における「風景」の解説

治水橋下部工建設工事1931年頃) 右岸下流側高水敷より。 左岸下流側から見た治水橋2004年1月)。 横堤天端に残る旧治水橋廃道橋の上からさいたま市地方面を望むびん沼川びん沼川高架橋右岸橋詰より望む。 治水橋親柱照明灯齊藤治水翁彰功碑。 治水橋メモリアルモニュメント

※この「風景」の解説は、「治水橋」の解説の一部です。
「風景」を含む「治水橋」の記事については、「治水橋」の概要を参照ください。


風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/13 12:38 UTC 版)

上江橋」の記事における「風景」の解説

上江橋由来碑。初代上江橋描かれレリーフ設置されている。 開通間もない頃の旧上江橋奥にそれまで使われ冠水橋見える。 右岸上流側手前の道は冠水橋続いていた取り付け道路左岸上流側手前大宮国際カントリークラブ左岸下流側旧橋橋脚保存されている。 上江橋より望む入間川上江橋より望む荒川上江橋より望む滝沼川

※この「風景」の解説は、「上江橋」の解説の一部です。
「風景」を含む「上江橋」の記事については、「上江橋」の概要を参照ください。


風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/06 03:29 UTC 版)

虚人たち」の記事における「風景」の解説

描写される風景自体が、小説のために用意されたものであるため、作者詳細設定必要なしとして手を抜いている部分について登場人物発見したりする(家の中にかかっている山水画についての設定決まっていないため、美しいのか汚れているのかも主人公にはわからず山水画という字が書かれているだけという可能性さえある」とされているなど)。 また、登場人物それぞれ全員主人公であるのと同様、風景もそれぞれのドラマ抱えている。たとえば街中自動車で走るシーンでは、窓から見える家や店が、ファミリードラマや不倫物などの舞台となっていることがわかるような描写なされる

※この「風景」の解説は、「虚人たち」の解説の一部です。
「風景」を含む「虚人たち」の記事については、「虚人たち」の概要を参照ください。


風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/17 04:33 UTC 版)

荒川橋梁 (川越線)」の記事における「風景」の解説

荒川橋梁左岸側築堤法面強化されている。 トラス挟んで指扇方面を望む荒川橋梁トラス右岸橋詰より南古谷方面を望む。 塗替塗装前の荒川橋梁薄緑色塗装されている。

※この「風景」の解説は、「荒川橋梁 (川越線)」の解説の一部です。
「風景」を含む「荒川橋梁 (川越線)」の記事については、「荒川橋梁 (川越線)」の概要を参照ください。


風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/17 04:34 UTC 版)

荒川橋梁 (武蔵野線)」の記事における「風景」の解説

右岸上流側より望む。 ボックスガーダー左岸下流側より望む。

※この「風景」の解説は、「荒川橋梁 (武蔵野線)」の解説の一部です。
「風景」を含む「荒川橋梁 (武蔵野線)」の記事については、「荒川橋梁 (武蔵野線)」の概要を参照ください。


風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/03 02:44 UTC 版)

荒川橋梁 (東北本線)」の記事における「風景」の解説

左岸上流より望む2代荒川橋梁奥に建設中旅客線橋脚、および初代荒川橋梁橋脚トラス見える。

※この「風景」の解説は、「荒川橋梁 (東北本線)」の解説の一部です。
「風景」を含む「荒川橋梁 (東北本線)」の記事については、「荒川橋梁 (東北本線)」の概要を参照ください。


風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/10 05:39 UTC 版)

爪木崎」の記事における「風景」の解説

爪木崎灯台空撮 爪木崎爪木崎灯台左の小島爪木島 水仙群生 俵磯柱状節理 爪木崎から東伊豆の海岸。奥の山並は天城山

※この「風景」の解説は、「爪木崎」の解説の一部です。
「風景」を含む「爪木崎」の記事については、「爪木崎」の概要を参照ください。


風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/28 01:53 UTC 版)

高尾橋」の記事における「風景」の解説

右岸下流側より望む。 左岸下流側より望む。 右岸橋詰より望む。

※この「風景」の解説は、「高尾橋」の解説の一部です。
「風景」を含む「高尾橋」の記事については、「高尾橋」の概要を参照ください。


風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/17 17:51 UTC 版)

ツェル・アム・ゼー」の記事における「風景」の解説

ツェラー湖は元より、北に少し延び南のザルツァハ川の方向に拡大した。湖の面積は、時間によって変化する湿地エリア変わってくるが、4.7ピーナッツ状の形状成している地域の山は馬蹄形しており斜面は主に森林アルプス牧草地覆われている。 シュミッテンヘーエ山はツェル・アム・ゼーのホームマウンテンで、主にアルペンスキーハイキングが有名。近くにあるフントシュタイン山(Dog Stone)の2,117mがザルツブルク・グレーワッケ・ゾーンの最高峰

※この「風景」の解説は、「ツェル・アム・ゼー」の解説の一部です。
「風景」を含む「ツェル・アム・ゼー」の記事については、「ツェル・アム・ゼー」の概要を参照ください。


風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/03 00:00 UTC 版)

草加松原」の記事における「風景」の解説

綾瀬川草加松原 百代橋太鼓橋歩道橋長さ62.5m、幅3.5m。松尾芭蕉おくのほそ道冒頭月日百代過客にして」から命名矢立太鼓橋歩道橋長さ96.3m、幅員は4.14mで百代橋の約1.5倍あり、『おくのほそ道』の「行く春啼き魚の 目は泪 これを矢立初めとして」から命名された。

※この「風景」の解説は、「草加松原」の解説の一部です。
「風景」を含む「草加松原」の記事については、「草加松原」の概要を参照ください。


風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/03 07:59 UTC 版)

真名板高山古墳」の記事における「風景」の解説

南側より全景を望む

※この「風景」の解説は、「真名板高山古墳」の解説の一部です。
「風景」を含む「真名板高山古墳」の記事については、「真名板高山古墳」の概要を参照ください。


風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/24 09:48 UTC 版)

フリーラント」の記事における「風景」の解説

島の風景の大半は砂丘からなっている。一部樹木小さな草原がある。島の大部分西部砂地である。そのために、しばしば『北国サハラ』と呼ばれる

※この「風景」の解説は、「フリーラント」の解説の一部です。
「風景」を含む「フリーラント」の記事については、「フリーラント」の概要を参照ください。


風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/29 16:11 UTC 版)

幸魂大橋」の記事における「風景」の解説

戸田市方面を望む和光市方面を望む

※この「風景」の解説は、「幸魂大橋」の解説の一部です。
「風景」を含む「幸魂大橋」の記事については、「幸魂大橋」の概要を参照ください。


風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/08 01:46 UTC 版)

小さき勇者たち〜ガメラ〜」の記事における「風景」の解説

緋島は実在しない架空の島で、鳥羽市神島大王崎合成して作られた。1メートル大のトト語り合うシーン米子浜の岩の上撮影され映り込む熊野灘船舶全て消去することで無音表現している動的ながれきのほとんどはCG合成で、灯台落下シーンでは誰もいないレイヤとがれき、走り出す人物落下する灯台など、複数レイヤ合成している。

※この「風景」の解説は、「小さき勇者たち〜ガメラ〜」の解説の一部です。
「風景」を含む「小さき勇者たち〜ガメラ〜」の記事については、「小さき勇者たち〜ガメラ〜」の概要を参照ください。


風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/09 23:40 UTC 版)

佐久良橋」の記事における「風景」の解説

左岸下流側より望む。 佐久良橋右岸橋詰より望む。 佐久良橋親柱桜の花描かれている。 櫻橋右岸橋詰より望む。 櫻橋左岸側橋詰より望む。

※この「風景」の解説は、「佐久良橋」の解説の一部です。
「風景」を含む「佐久良橋」の記事については、「佐久良橋」の概要を参照ください。


風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/13 15:37 UTC 版)

和銅大橋」の記事における「風景」の解説

和銅大橋の東詰より望む。 和銅大橋の西詰より望む。 和銅大橋親柱。 「和銅大橋完成記念」の石碑

※この「風景」の解説は、「和銅大橋」の解説の一部です。
「風景」を含む「和銅大橋」の記事については、「和銅大橋」の概要を参照ください。


風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/18 21:13 UTC 版)

三十槌橋」の記事における「風景」の解説

左岸下流側より望む。 左岸下流側より遠景を望む左岸側橋詰より望む。 右岸橋詰より望む。

※この「風景」の解説は、「三十槌橋」の解説の一部です。
「風景」を含む「三十槌橋」の記事については、「三十槌橋」の概要を参照ください。


風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/15 15:46 UTC 版)

巴川橋 (荒川)」の記事における「風景」の解説

1950年頃の旧巴川奥の山武甲山右岸橋詰より 左岸側橋詰より

※この「風景」の解説は、「巴川橋 (荒川)」の解説の一部です。
「風景」を含む「巴川橋 (荒川)」の記事については、「巴川橋 (荒川)」の概要を参照ください。


風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/23 04:45 UTC 版)

狐の嫁入り行列」の記事における「風景」の解説

第1回目狐のお面をつけて行列行ったが、特に日没後歩きにくかったため、第2回目以降は参加者の顔をったメイク施し行列運行することになった。このメイク当日行列本体以外の観光客にもメイク施されるまた、津川駅駅員津川インターチェンジ料金所職員果ては警備にあたる警察官機動隊員にまでメイク施され町内中が狐顔染まる。

※この「風景」の解説は、「狐の嫁入り行列」の解説の一部です。
「風景」を含む「狐の嫁入り行列」の記事については、「狐の嫁入り行列」の概要を参照ください。


風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/13 04:51 UTC 版)

大中橋 (荒川)」の記事における「風景」の解説

右岸橋詰より。 新大中橋工事情報板。 新大中橋架設工事右岸橋台)。 新大中橋架設工事左岸橋台)。

※この「風景」の解説は、「大中橋 (荒川)」の解説の一部です。
「風景」を含む「大中橋 (荒川)」の記事については、「大中橋 (荒川)」の概要を参照ください。


風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/16 14:55 UTC 版)

万年橋 (荒川)」の記事における「風景」の解説

左岸上流側より望む。 左岸側橋詰より望む。 右岸橋詰より望む。 右岸側の親柱

※この「風景」の解説は、「万年橋 (荒川)」の解説の一部です。
「風景」を含む「万年橋 (荒川)」の記事については、「万年橋 (荒川)」の概要を参照ください。


風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/16 14:50 UTC 版)

久那橋」の記事における「風景」の解説

右岸下流側より望む。 右岸橋詰より望む。 左岸側橋詰より望む。 旧久那橋橋台跡。 右岸側の親柱久那橋竣工記念碑

※この「風景」の解説は、「久那橋」の解説の一部です。
「風景」を含む「久那橋」の記事については、「久那橋」の概要を参照ください。


風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/09 00:13 UTC 版)

白鳥橋 (荒川)」の記事における「風景」の解説

大滝橋橋脚跡。 の南詰より望む。 白鳥橋より下流側を望む白鳥橋左岸側親柱

※この「風景」の解説は、「白鳥橋 (荒川)」の解説の一部です。
「風景」を含む「白鳥橋 (荒川)」の記事については、「白鳥橋 (荒川)」の概要を参照ください。


風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/09 00:14 UTC 版)

葉暮橋」の記事における「風景」の解説

葉暮橋荒川。 北詰より望む。 葉暮橋親柱秩父鉄道より望む葉暮橋玉淀湖

※この「風景」の解説は、「葉暮橋」の解説の一部です。
「風景」を含む「葉暮橋」の記事については、「葉暮橋」の概要を参照ください。


風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/21 07:04 UTC 版)

志染町戸田」の記事における「風景」の解説

現在は兵庫県道38号三木三田線沿線上に住宅地農地混在しており丹生山の麓に棚田広がる農業地帯で、米と栽培しており、至る所にビニールハウスがある。北部谷間には大小多数ため池立地している。 北側にはひょうご情報公園都市進出しており、工業物流拠点となっている。東側六甲山地の麓に山陽自動車道木見支線通過している。

※この「風景」の解説は、「志染町戸田」の解説の一部です。
「風景」を含む「志染町戸田」の記事については、「志染町戸田」の概要を参照ください。


風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/09 00:13 UTC 版)

高砂橋 (荒川)」の記事における「風景」の解説

左岸下流側より望む。 右岸上流側より望む。 右岸橋詰より望む。 左岸側橋詰より望む。 高砂橋紹介看板

※この「風景」の解説は、「高砂橋 (荒川)」の解説の一部です。
「風景」を含む「高砂橋 (荒川)」の記事については、「高砂橋 (荒川)」の概要を参照ください。


風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/12 20:14 UTC 版)

天王山塚古墳」の記事における「風景」の解説

南側より全景を望む後円部より前方部方向を望む前方部より後円部方向を望む案内板

※この「風景」の解説は、「天王山塚古墳」の解説の一部です。
「風景」を含む「天王山塚古墳」の記事については、「天王山塚古墳」の概要を参照ください。


風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/05 07:49 UTC 版)

秩父橋」の記事における「風景」の解説

中央部付近より左岸側を望む。 旧秩父橋初代秩父橋遺構 初代秩父橋復元された旧秩父橋高欄照明灯秩父橋橋架遊歩道初代秩父橋親柱 秩父橋案内板秩父橋の「田中賞受賞記念碑。 旧秩父橋初代秩父橋橋脚

※この「風景」の解説は、「秩父橋」の解説の一部です。
「風景」を含む「秩父橋」の記事については、「秩父橋」の概要を参照ください。


風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/13 09:46 UTC 版)

皆野橋」の記事における「風景」の解説

右岸上流側より 左岸上流側より 右岸下流側より 右岸橋詰より 左岸側親柱高欄と共に竣工当時のものとは異なる。

※この「風景」の解説は、「皆野橋」の解説の一部です。
「風景」を含む「皆野橋」の記事については、「皆野橋」の概要を参照ください。


風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/16 04:25 UTC 版)

武之鼻橋」の記事における「風景」の解説

右岸側方を望む右岸橋詰より望む。標識は現在は2.0トンである 右岸下流側より望む。

※この「風景」の解説は、「武之鼻橋」の解説の一部です。
「風景」を含む「武之鼻橋」の記事については、「武之鼻橋」の概要を参照ください。


風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/05 09:11 UTC 版)

秋ヶ瀬橋」の記事における「風景」の解説

初代秋ヶ瀬橋1934年)。 右岸上流側低水路から。 右岸上流側から。 さいたま市方面2007年

※この「風景」の解説は、「秋ヶ瀬橋」の解説の一部です。
「風景」を含む「秋ヶ瀬橋」の記事については、「秋ヶ瀬橋」の概要を参照ください。


風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/07 08:27 UTC 版)

開平橋」の記事における「風景」の解説

右岸上流側から。 開平橋の上から上尾方を望む右岸下流側から。

※この「風景」の解説は、「開平橋」の解説の一部です。
「風景」を含む「開平橋」の記事については、「開平橋」の概要を参照ください。


風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/15 21:11 UTC 版)

荒川橋」の記事における「風景」の解説

左岸下流側より望む荒川橋2代目の橋延長部分架かるプレートガーダー橋上り線より3代目の橋を望む下り線より2代目の橋を望む甲府方、上流側設置されている親柱2代目の橋設置されている道路照明灯竣工当時の物とは異なる。 右岸橋詰より甲府方面を望む左岸側橋詰より熊谷方面を望む施工中2代目荒川橋左右に横切る道は初代荒川橋へと続く取り付け道路2代目荒川橋架設工事2代目荒川橋架設工事

※この「風景」の解説は、「荒川橋」の解説の一部です。
「風景」を含む「荒川橋」の記事については、「荒川橋」の概要を参照ください。


風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/09 15:41 UTC 版)

利根川橋梁 (東北本線)」の記事における「風景」の解説

利根川橋より望む。 右岸上流側加須市)より望む。

※この「風景」の解説は、「利根川橋梁 (東北本線)」の解説の一部です。
「風景」を含む「利根川橋梁 (東北本線)」の記事については、「利根川橋梁 (東北本線)」の概要を参照ください。


風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/02 20:38 UTC 版)

栗谷瀬橋」の記事における「風景」の解説

右岸上流側より。 左岸上流側より。 左岸上流側より。 左岸側橋詰より。 栗谷瀬橋側道橋左岸側より。 栗谷瀬橋側道橋右岸側より。 左岸側親柱右岸ポケットパーク栗谷瀬橋側道橋歴版。 栗谷瀬橋紹介看板

※この「風景」の解説は、「栗谷瀬橋」の解説の一部です。
「風景」を含む「栗谷瀬橋」の記事については、「栗谷瀬橋」の概要を参照ください。


風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/01 17:46 UTC 版)

佐保川」の記事における「風景」の解説

奈良市内流れ佐保川中流の堤には両側古くから桜並木があり、春になる花見客訪れて賑わう。また江戸時代には「南都八景」の一つとして佐保川」が挙げられていた。

※この「風景」の解説は、「佐保川」の解説の一部です。
「風景」を含む「佐保川」の記事については、「佐保川」の概要を参照ください。


風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/05 18:12 UTC 版)

親鼻橋」の記事における「風景」の解説

左岸上流側より全景を望む1955年頃の下路式トラス橋時代親鼻橋左岸側橋詰より望む。 旧親鼻橋親柱。「大正三年八月竣工」と刻まれている。 旧親鼻橋親柱間に新設され親鼻橋紹介看板現在の親鼻橋右岸親柱紅簾片岩露頭紅簾片岩残された親鼻橋橋脚礎石煉瓦)の痕跡。 旧親鼻橋右岸側に残された取り付け道路の跡である築堤

※この「風景」の解説は、「親鼻橋」の解説の一部です。
「風景」を含む「親鼻橋」の記事については、「親鼻橋」の概要を参照ください。


風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/08 08:56 UTC 版)

サンピエール島・ミクロン島」の記事における「風景」の解説

マラン島 マラン島難破船 サン=ピエール 冬のサン=ピエール 冬のサン=ピエール 貨物フェリーBBCカリフォルニアノルウェー発ってサン=ピエール到着する2005年 冬のサン=ピエールミクロンの風景 ミクロンラングラード ラングラードからアンス・オ・グヴルヌールをのぞむ

※この「風景」の解説は、「サンピエール島・ミクロン島」の解説の一部です。
「風景」を含む「サンピエール島・ミクロン島」の記事については、「サンピエール島・ミクロン島」の概要を参照ください。


風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/14 14:15 UTC 版)

丸墓山古墳」の記事における「風景」の解説

丸墓山古墳その周辺桜の名所として親しまれている60年ほど前に地元有志植えた墳頂の桜の巨木は、2018年10月台風24号強風五本ある内の一本倒れ史跡保存観点から後継植樹行なわれない方針である。 墳丘周濠 石田堤 古墳脇にある石仏群。元々は墳頂に建てられていた。 さきたま火祭り御神火下り

※この「風景」の解説は、「丸墓山古墳」の解説の一部です。
「風景」を含む「丸墓山古墳」の記事については、「丸墓山古墳」の概要を参照ください。


風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 22:42 UTC 版)

柾谷小路」の記事における「風景」の解説

新潟駅万代シテイ方面から萬代橋を渡ると左側にホテルオークラ新潟がある。1978年建てられ16階建てのホテルで、当時新潟市内では最も高い建造物でもあった。この場所にはかつて新潟中央警察署があったが、1970年昭和45年)には柾谷小路突き当り寄居町交差点奥へと移転している。反対側には美川憲一歌った新潟ブルース」の歌碑がある。この歌の中で萬代橋歌われていることに由来し1989年新潟市100周年記念して建立された。 ここから下大川前通礎町通経て他門川通との交差点である「鏡」に至る。鏡の名前が示すとおり、ここは1970年頃まで他門川という小さな川流れていた。しかし戦後どぶ川のような状態だったと言われている。この付近に旅館多かったが、現在[いつ?]は減り続けている。鏡交差点角には「ここに鏡ありき」の石碑があり、他門川の名前近く公園の名前に残されている。鏡交差点下町方向信濃川河口側)に行くと柳都大橋新潟みなとトンネルへとつながる。2000年頃から本格化した下町道路網整備により、周辺大きく生まれ変わろうとしている。 鏡交差点を過ぎると、上大川前通本町通交差する。このあたりは、柾谷小路から一本下手に当た新堀通にかつて新潟証券取引所新潟商工会議所(現:新潟商工会議所中央会館)があったためか、銀行証券保険会社などが立ち並び金融街の様相を呈している。また本町には古くから市民台所と言われる本町市場」があり、今でこそ数は少なくなったが露店立ち並んでいる。なお、この本町交差点には新潟市道路元標があり、国道7号国道8号国道113号国道289号国道350号始点国道17号国道116号国道402号終点になっている本町通り次に横切通り東堀通で、ここを過ぎると次第賑やかになってくる。このあたりに古くから商店軒を連ねている。次に交差する古町通にはアーケード設置されており、この古町交差点日中スクランブル交差点となり、かつては新潟駅前と並び新潟市内でも有数の人通りであった角に古くから老舗でもある百貨店大和があったが2010年6月25日閉店した大和向かいには三井住友銀行新潟北支店(旧住銀行新潟支店)が長らくあったが、新潟駅前の新潟支店旧さくら銀行新潟支店)に統合された跡地専門学校グループNSG買い取り新しく専門学校建設されている。このNSG系列専門学校古町界隈増えており、学生層が多くなってきたのが近年の特徴でもある。その隣に飲食店ゲームセンター入居する越路会館があったが、2004年末で閉鎖解体され2006年秋跡地に「Co-C.G.」が完成古着屋飲食店など入居した。 この「Co - C.G.」の立地する交差点横切るのが西堀通である。西堀交差点渡った角にある百貨店長らく小林百貨店として営業していたが、1980年新潟三越として生まれ変わった向かい側NEXT21は、1989年まで当地存在した新潟市役所移転後再開発事業として1993年完成した21階建ての超高層ビルである。2002年朱鷺メッセ万代島ビル竣工するまで、新潟市内では最も高い建造物だった。この西堀通地下には1976年出来た地下街西堀ROSAがあり、柾谷小路側に入口がある。BRT萬代橋ライン三越前バス停留所がある。三越小林百貨店時代から大和並び長らく新潟市の2大百貨店として発展してきた。特に戦後には屋上遊園地をめぐって買い物客列を作る時代もあったほどである。1984年万代シテイ新潟伊勢丹開店し、またその後郊外型店舗隆盛の中で古町界隈停滞影響をもろに受けているその後大和閉店以降は古町客足を戻すことは難しく2020年3月22日新潟三越閉店した新潟三越からさらに進むと俗に寺町と言われる一帯がある。柾谷小路からはビルなどに隠れて分かりにくいが、東中通西堀通間に寺社多く32もの寺社があり「寺裏通」という地名もある。近年では寺町見直そうという動き広がっており、寺町を巡るツアー催されている。この先前方右側に日本銀行新潟支店農林中央金庫のある交差点寄居町交差点である。国道116号はここを左折して新潟市役所まで繋が東中通へ続く。直進する住宅街経て1km程で日本海へと通じるが、実際には砂丘上の住宅地を超える坂があり、防砂林あるため海は見渡せない。 この寄居町交差点除き柾谷小路原則として午前7時から午後10時までは右折禁止である。そのため、日中右折をするにはいった左折できる通りに入り、逆コの字型回っていく必要があるこのため事情知らない県外からの観光客タクシー乗って「わざと遠回りした」ということ聞かれるようだ。なお柳都大開通萬代橋東詰めの万代3丁目交差点東港線交差点)では東港線方面への右折は可能となり、また鏡交差点新潟駅方面からの右折終日可能である

※この「風景」の解説は、「柾谷小路」の解説の一部です。
「風景」を含む「柾谷小路」の記事については、「柾谷小路」の概要を参照ください。


風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/17 06:22 UTC 版)

フィヒテル山地自然公園」の記事における「風景」の解説

フィヒテル山地は、テューリンゲンの森フランケンヴァルトオーバープファルツの森エルツ山地交差する位置にあり、広大な森林牧草地がある。フィヒテルドイツの主要な流域一つであり、マイン川ザーレ川エーガー川、ナープ川の源流がある。主要な山にはシュネーベルク標高1,051m)、オクセンコップ(標高1,024m)がある。主要な町はヴンジーデルマルクトレドヴィッツである。

※この「風景」の解説は、「フィヒテル山地自然公園」の解説の一部です。
「風景」を含む「フィヒテル山地自然公園」の記事については、「フィヒテル山地自然公園」の概要を参照ください。


風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/17 09:31 UTC 版)

ゲド州」の記事における「風景」の解説

ゲド州主な川ダワ川ジュバ川である。ダワ川エチオピアゲド州との国境流れる。ただしドーロウ(英語版)県のみはダワ川エチオピア寄り側にある。エチオピア流れるガナレ・ドリャ川(英語版)の名がジュバ川変わるのはゲド州入ってからであるゲドソマリアの中で豊かな景色を持つ地区である。ダーオ地区には岩山があり、基本赤砂であるがジュバ渓谷英語版)沿いに白い砂積もっている。バルデラ県の北西にあるゲルゲル・プライッレは平らな砂地である。地区中央に大昔岩山削ってできた峡谷がある。雨季になると雨水渓谷通って南東に流れる。ゲド州南部赤砂平地である。 ゲド州に多い家畜ラクダソマリ語: geel)、ウシlo)、ヤギari cad)、ヒツジ(iddo)である。ヤギヒツジを同じ群れで飼う人が多く、その群れアリari)と呼ばれる一族数百飼っていることが多い。また、ゲド地区ではウマ繁殖行われており、特にベレド・ハーオの平地や、エルワク県ダマセ町近郊のディルハッラに多い。 ゲド州の行政中心地ガーバハレからベレド・ハーオの方角である北西40 km (25 mi)の位置に、ゲド州で最も高い山、フンバーレ山がある。ベレド・ハーオからは20 km (12 mi)である。バルデラからガーバハレに向かう途中のワーモ・ヤレイの丘を越えると、フンバーレ山の頂点が見えるようになるゲド州山岳地帯には、ゾウチーターなどの大型生息する夜にライオンの雄叫び聞こえることもある。バルデラ県西部、ゲリレーイとファーファドゥーンの間の草原地帯には、ダチョウオリックスキリンイボイノシシハイエナなどが住む。このあたりの地区はゲルゲル、あるいはゲルゲルプレーリーと呼ばれている。 ドーロウからバルデレを流れジュバ川にはクロコダイルカバなどの大型動物住み、ときどき川岸上がっている様子を見るともできる

※この「風景」の解説は、「ゲド州」の解説の一部です。
「風景」を含む「ゲド州」の記事については、「ゲド州」の概要を参照ください。


風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/11 22:20 UTC 版)

桶川市立加納小学校」の記事における「風景」の解説

だいおうまつの木があり、学校のシンボルになっている

※この「風景」の解説は、「桶川市立加納小学校」の解説の一部です。
「風景」を含む「桶川市立加納小学校」の記事については、「桶川市立加納小学校」の概要を参照ください。


風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/26 09:29 UTC 版)

樋詰橋」の記事における「風景」の解説

左岸下流側低水敷より望む。主構造に木材使用されていることが分かる左岸下流側高水敷より望む。 東側より川島町方面を望む左右黄色侵入制限ブロックポール改修されている。 西側より桶川市地方面を望む

※この「風景」の解説は、「樋詰橋」の解説の一部です。
「風景」を含む「樋詰橋」の記事については、「樋詰橋」の概要を参照ください。


風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/02 00:38 UTC 版)

白川橋 (荒川)」の記事における「風景」の解説

施工中の旧白川橋施工中の旧白川橋。 旧白川橋開通式の様子。 旧白川橋渡り初め右岸上流側より望む。 右岸橋詰より望む。 親柱照明灯左岸側現存する白川橋遺構主塔基礎およびコンクリート製の側径間残されている。 三峰口駅構内引き上げ線旧橋アンカレイジ取り付け道路踏切残されている。

※この「風景」の解説は、「白川橋 (荒川)」の解説の一部です。
「風景」を含む「白川橋 (荒川)」の記事については、「白川橋 (荒川)」の概要を参照ください。


風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/20 16:34 UTC 版)

日野鷺橋」の記事における「風景」の解説

遠景上流側より望む。 左岸上流側より望む。 右岸下流側低水路より望む。 日野鷺橋アーチリブ南側より望む。 日野鷺橋の南詰より望む。 親柱の像が設置されている。 親柱。日(太陽)の立体像設置されている。 の北詰にあるボックスカルバート日野鷺橋紹介看板

※この「風景」の解説は、「日野鷺橋」の解説の一部です。
「風景」を含む「日野鷺橋」の記事については、「日野鷺橋」の概要を参照ください。


風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/22 06:00 UTC 版)

金精峠」の記事における「風景」の解説

湯ノ湖男体山戦場ヶ原など奥日光一望できる

※この「風景」の解説は、「金精峠」の解説の一部です。
「風景」を含む「金精峠」の記事については、「金精峠」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「風景」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

風景

出典:『Wiktionary』 (2021/07/20 13:06 UTC 版)

名詞

(ふうけい)

  1. 自然眺め
  2. その様子情景

類義語


「風景」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「風景」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



風景のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
横浜美術学院横浜美術学院
Copyright © 2023 横浜美術学院 AllRights Reserved.
社団法人全日本ピアノ指導者協会社団法人全日本ピアノ指導者協会
Copyright 1996-2023 PianoTeachers' National Association of Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの風景 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのコンパートメント (紋章学) (改訂履歴)、新荒川大橋 (改訂履歴)、荒川橋梁 (東北新幹線) (改訂履歴)、笹目橋 (改訂履歴)、平和橋 (荒川) (改訂履歴)、荒川大橋 (改訂履歴)、高橋大橋 (改訂履歴)、飯塚・招木古墳群 (改訂履歴)、寄居橋 (改訂履歴)、フルダ川 (改訂履歴)、神岡橋 (荒川) (改訂履歴)、古隅田川 (改訂履歴)、シエラネバダ山脈 (アメリカ合衆国) (改訂履歴)、荒川橋梁 (八高線) (改訂履歴)、ユトリベルク (改訂履歴)、御成橋 (荒川) (改訂履歴)、錦桜橋 (渡良瀬川) (改訂履歴)、太郎右衛門橋 (改訂履歴)、登竜橋 (荒川) (改訂履歴)、油山 (改訂履歴)、治水橋 (改訂履歴)、上江橋 (改訂履歴)、虚人たち (改訂履歴)、荒川橋梁 (川越線) (改訂履歴)、荒川橋梁 (武蔵野線) (改訂履歴)、荒川橋梁 (東北本線) (改訂履歴)、爪木崎 (改訂履歴)、高尾橋 (改訂履歴)、ツェル・アム・ゼー (改訂履歴)、草加松原 (改訂履歴)、真名板高山古墳 (改訂履歴)、フリーラント (改訂履歴)、幸魂大橋 (改訂履歴)、小さき勇者たち〜ガメラ〜 (改訂履歴)、佐久良橋 (改訂履歴)、和銅大橋 (改訂履歴)、三十槌橋 (改訂履歴)、巴川橋 (荒川) (改訂履歴)、狐の嫁入り行列 (改訂履歴)、大中橋 (荒川) (改訂履歴)、万年橋 (荒川) (改訂履歴)、久那橋 (改訂履歴)、白鳥橋 (荒川) (改訂履歴)、葉暮橋 (改訂履歴)、志染町戸田 (改訂履歴)、高砂橋 (荒川) (改訂履歴)、天王山塚古墳 (改訂履歴)、秩父橋 (改訂履歴)、皆野橋 (改訂履歴)、武之鼻橋 (改訂履歴)、秋ヶ瀬橋 (改訂履歴)、開平橋 (改訂履歴)、荒川橋 (改訂履歴)、利根川橋梁 (東北本線) (改訂履歴)、栗谷瀬橋 (改訂履歴)、佐保川 (改訂履歴)、親鼻橋 (改訂履歴)、サンピエール島・ミクロン島 (改訂履歴)、丸墓山古墳 (改訂履歴)、柾谷小路 (改訂履歴)、フィヒテル山地自然公園 (改訂履歴)、ゲド州 (改訂履歴)、桶川市立加納小学校 (改訂履歴)、樋詰橋 (改訂履歴)、白川橋 (荒川) (改訂履歴)、日野鷺橋 (改訂履歴)、金精峠 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの風景 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS