フリーランスとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > フリーランスの意味・解説 

フリーランス

英語:freelance

フリーランスの意味とは

フリーランスとは、企業や団体に所属することなく、個人として仕事請け負う活動契約形態、および、そのような形で仕事請け負う人。フリーランスは、英語で「freelance」と表記する。「freelance」の語源は、自由な立場であることを表す「free」とを表す「lance」が組み合わさったものである中世ヨーロッパ時代傭兵団に所属せず、戦争のたびに傭兵団と契約して戦地赴く人々のことをフリーランサーfree lancer)と呼んだことに由来して、企業に属さず働く人たちのことをフリーランス、フリーランサー称するようになった

フリーランスの主な職種

フリーランスで働く人が多い職種としては、エンジニアデザイナーライターイラストレーター翻訳家通訳などが挙げられる

フリーランスになる方法とフリーランスのための保険「小規模企業共済」のメリット

フリーランスになるには、特別な資格手続きを必要としない。ただし、個人事業主として開業届を出しておくことによって得られるメリットがある。なお、開業届の正式名称書類は「個人事業開業廃業届出書」であり、提出先事業を行う最寄り税務署となる。

開業届を提出するメリットの一つとして考えられるのが、税務に関する青色申告が可能になるということ白色申告よりも青色申告の方控除される額が大きく、同じ売上場合可処分所得手取り)が多くなる。また、赤字翌年以降に繰り越していくことが可能になるので節税効果が高くなる。たとえば、開業初年度仕事少なく赤字になり、二年目以降に黒字であったとしても、繰り越し赤字二年目黒字相殺して納税対象の利益減らすことが出来る。

開業届を出すメリットとしては「小規模企業共済」にも加入できるという点が挙げられる小規模企業共済とは、廃業時に生活資金支払われる制度のことで、「退職金と同じような扱いを受けることができる」「事業用の資金借り入れることもできる」という利点がある。共済加入するための掛け金は、全額損金扱い経費として処理できる)となるので節税効果もある。

フリーランスが請求書を発行する時や、支払いをする時の消費税と源泉徴収税の扱い

2020年1月現在の法令によると、売上高1000万未満または開業から2年間は消費税納税義務免除される仕組みになっていて、フリーランスの立場で働く人たちも該当する。ただし、納税義務免除されていても、フリーランスが請求書発行するときは相手方消費税請求しても問題はない。

売上金額に応じて、フリーランスを含むすべての人(事業主)は確定申告によって税金支払必要がある。ただし、以下に該当する報酬場合は、フリーランスの取引先(フリーランスからの請求書を受けて支払いを行う側)が源泉徴収税を差し引いて、差し引いた分を納税する義務を負う。


  1. 原稿料講演料、デザイン料など
  2. 弁護士公認会計士司法書士等へ払う報酬
  3. 社会保険診療報酬支払基金支払診療報酬
  4. プロ野球選手プロサッカー選手モデル等に支払報酬
  5. 芸能人芸能プロダクションを営む個人支払われる報酬
  6. 宴会等で接待を行うコンパニオン支払われる報酬
  7. 契約金など役務の提供を約することにより一時に支払契約金
  8. 広告宣伝のための賞金馬主支払競馬賞金


留意するべきは「1」のデザイン料であり、これに「ウェブサイト制作費用」は該当しない。つまり、「ウェブサイトデザイン」は源泉徴収対象となるが「ウェブサイトプログラミング設計など」は源泉徴収対象とはならないということである。

フリーランスとして仕事を得るための方法、フリーランスのデメリット

時間や場所に束縛されず働くことのできるフリーランスだが、競争激しく仕事がない、または仕事があっても報酬安く生活ができないといった問題点がある。最近では就業したまま副業もする就労スタイル認め企業も増えてきたので、いわゆるダブルワークとしてフリーランスとしての活動に取り組む人も増えつつある。

仕事を得るために、副業として取り組める業務仲介しているサービスいわゆる副業サイト)に登録する人も多い。ランサーズクラウドワークスココナラなどのサービスをはじめとして、副業紹介サイト複数あるが、ひとつの案件に対して応募する人の多い傾向があり受注単価安くなってしまう可能性もある。

フリーランスに関連するWebサイト






フリーランス

英語:freelance

 フリーランス(freelance)とは、特定の事業者所属せず(専属でなく)自由契約仕事請け負っていること、および、そのような働き方を意味する表現いわゆる自由業。フリーランスで活動している人を「フリーランサーfreelancer)」という。

仕事について「フリー仕事をしている」という風に述べ場合、この「フリー」は「フリーランス」を略した言い方解釈できる。なおフリーランスという言葉自体も「フリーfree)+ランスlance)」という2語が結合した単語である。

フリーランスは、特定の組織所属せず複数組織関わり仕事をこなす働き方であり、独立して事業活動営んでいるという意味合いの強い表現といえる。フリーランスと同様複数組織関わり仕事をこなす」働き方あり、かつ「本業をひとつに絞らない」「複数仕事並行してこなす」「本業以外の仕事にも取り組む」といった働き方は、特に「パラレルキャリア」と呼ばれることがある

フリーランス【freelance】

フリーランサー」に同じ。

中世ヨーロッパで、主君を持たず自由契約によって諸侯雇われ騎士傭兵(ようへい)。


フリーランス freelance

全体 ★☆☆☆ 60歳以上 ★☆☆☆

凡例

自由契約

パソコンインターネットを使って活動するフリーランス自由契約の若い芸術家が多いことから

意味説明

特定の組織などに所属せず,自由な立場活動すること

その他の言い換え語例

自由契約者


フリーランス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/12 17:10 UTC 版)

フリーランス: freelance)は、特定の企業団体組織に専従しておらず、業務委託により自らの技能を提供することにより社会的に独立した個人事業主である[1]。日本では法令上の用語ではないが、自由業または自由職業[2]とも呼ばれる。この形態により請け負った業務を遂行する人をフリーランサーまたはフリーエージェントとも呼ぶ。




「フリーランス」の続きの解説一覧

フリーランス

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 09:52 UTC 版)

名詞

フリーランス

  1. 自由業個人事業
  2. 自由業者個人事業主

語源

類義語

語義


「フリーランス」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「フリーランス」の関連用語

フリーランスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



フリーランスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2022 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
独立行政法人国立国語研究所独立行政法人国立国語研究所
(c)2022 The National Institute for Japanese Language
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフリーランス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのフリーランス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS