就業とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 労働 > 就労 > 就業 > 就業の意味・解説 

しゅう‐ぎょう〔シウゲフ〕【就業】

読み方:しゅうぎょう

[名](スル)

その日業務に従事すること。仕事に取りかかること。「毎朝定時に―する」

職業につくこと。


労働

(就業 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/14 21:20 UTC 版)

労働(ろうどう、: Labor)とは、人間自然に働きかけて、生活手段生産手段などをつくり出す活動のこと[1]経済学)。からだを使って働くこと[2]


  1. ^ 広辞苑 第五版 p.2845
  2. ^ 大辞泉
  3. ^ a b c ブリタニカ百科事典
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『哲学思想事典』岩波書店、1998年、1736-1737頁。 
  5. ^ OECD (2019), Self-employment rate (indicator). doi: 10.1787/fb58715e-en (Accessed on 08 September 2019)
  6. ^ 宇城輝人「働くことと雇われることのあいだ : 賃労働の過去と現在」『フォーラム現代社会学』第11巻、2012年、 81-89頁、 doi:10.20791/ksr.11.0_81
  7. ^ 基本的人権3 東京大学社会科学研究所 東京大学出版会 1968年 p201-202
  8. ^ 知識ゼロからの聖書 大島力 幻冬舎 2011年 ISBN 9784344902244 p28-29
  9. ^ a b 水墨創世記 司修・画、月本昭男・訳 岩波書店 2011年 ISBN 9784000237260 p26
  10. ^ 宗教と資本主義の興隆、上巻―歴史的研究― リチャード・ヘンリー・トーニー著 出口勇蔵・越智武臣訳 岩波書店 1956年 ISBN 9784003421116 p183
  11. ^ 精神障害のある人の人権 関東弁護士会連合会 明石書店 2002年 ISBN 9784750316215 p39-40
  12. ^ 読売新聞2020年12月20日付朝刊言論面
  13. ^ 「多様な正社員」について 厚生労働省
  14. ^ 国際労働基準(基準設定と監視機構) 国際労働機関
  15. ^ 筒井淳也、前田泰樹 『社会学入門:社会とのかかわり方』 有斐閣 <有斐閣ストゥディア> 2017年、ISBN 9784641150461 pp.84-87.
  16. ^ 無償労働”.知恵蔵.コトバンク. 2018年9月18日閲覧。



就業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/03 06:33 UTC 版)

駿河台大学」の記事における「就業」の解説

キャリア支援システム導入している。 求人企業情報 公務員講座 キャリアカレッジ講座 保護者向けサポート

※この「就業」の解説は、「駿河台大学」の解説の一部です。
「就業」を含む「駿河台大学」の記事については、「駿河台大学」の概要を参照ください。


就業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 13:08 UTC 版)

アパルトヘイト」の記事における「就業」の解説

アパルトヘイト以前から存在した上記の1911年の「鉱山労働法(英語版)」、1913年の「原住民土地法英語版)」、1926年の「産業調整法をはじめとする各種法律によって、黒人には低賃金所得のみがあてがわれ南アフリカ資本主義発達したアパルトヘイト本格化すると、1951年の「原住民建築労働者法(英語版)」や、1953年の「原住民労働者法(英語版)」、1956年の「産業調停法英語版)」など、就業制限に限らず各種の待遇制限で、白人労働者には手厚い保護を与える一方で黒人労働者には劣悪な労働条件課した黒人白人経営する農園工場働き1970年には平均して白人工業労働者黒人の6倍、白人鉱業労働者黒人21倍の給料を得るようになっていた。 こうした方針は「南アフリカにはたくさんの民族住んでいて、それぞれ違う伝統文化言語を持っている。それぞれの民族独自に発展すべきだ。アパルトヘイト差別ではなく分離発展である」という多文化主義による合理的な政策であると主張されていた。

※この「就業」の解説は、「アパルトヘイト」の解説の一部です。
「就業」を含む「アパルトヘイト」の記事については、「アパルトヘイト」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「就業」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

就業

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 13:59 UTC 版)

名詞

 しゅうぎょう

  1. 業務従事すること。
  2. 職業を持っていること。

発音(?)

しゅ↗ーぎょー

対義語

動詞

活用

サ行変格活用
就業-する

「就業」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



就業と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「就業」の関連用語

就業のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



就業のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの労働 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの駿河台大学 (改訂履歴)、アパルトヘイト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの就業 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS