集団就職とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 労働 > 就労 > 就職 > 集団就職の意味・解説 

しゅうだん‐しゅうしょく〔シフダンシウシヨク〕【集団就職】

地方中学高校卒業生が、集団都会会社商店などに就職すること。《 春》


集団就職

読み方:シュウダンシュウショク(shuudanshuushoku)

地域中学卒業生がまとまって都会地に出、就職すること

季節

分類 人事


集団就職

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/27 09:09 UTC 版)

集団就職(しゅうだんしゅうしょく)とは、かつて日本で行われていた雇用の一形態であり、地方の新規中等教育機関卒者(中学高校卒)が大都市の企業店舗などへ集団で就職すること[1]


  1. ^ a b c d e 集団就職とは - コトバンク
  2. ^ 時代の流れが図解でわかる。『早わかり昭和史』古川隆久144頁上段12行目 - 13行目
  3. ^ 時代の流れが図解でわかる。『早わかり昭和史』古川隆久144頁上段14行目
  4. ^ 時代の流れが図解でわかる。『早わかり昭和史』古川隆久144頁下段4行目 - 8行目
  5. ^ 1940年に発表された宮本百合子の小説「三月の第四日曜」に、東北から上京する青年たちが描かれている
  6. ^ a b c 畑川剛毅 (2011年7月2日). “昭和史再訪 集団就職始まる 昭和30年3月 金の卵、上野駅に降り立った”. 朝日新聞・夕刊. https://web.archive.org/web/20130623085434/http://doraku.asahi.com/earth/showashi/111122_02.html 2013年3月15日閲覧。  - ウェブアーカイブ
  7. ^ a b 橋本,2005,p.11.
  8. ^ 橋本,2005,pp.10-11.
  9. ^ 『日本近現代史入門 黒い人脈と金脈 単行本』広瀬 隆 (著)452頁
  10. ^ 『日本近現代史入門 黒い人脈と金脈 』広瀬 隆 (著)453頁
  11. ^ 時代の流れが図解でわかる。『早わかり昭和史』古川隆久144頁下段14行目 - 145頁4行目
  12. ^ 時代の流れが図解でわかる。『早わかり昭和史』古川隆久144頁下段9行目 - 13行目
  13. ^ 世界と日本 (新版 ジュニア版・日本の歴史)329頁
  14. ^ 1969年(昭和44年)の第32回衆議院議員総選挙の選挙公報(日本社会党の政治公約)
  15. ^ 鉄道ジャーナル社『鉄道ジャーナル別冊No.34 懐かしの国鉄列車PART I 1980〜1983』p.132-133
  16. ^ 時代の流れが図解でわかる。『早わかり昭和史』古川隆久145頁8行目 - 13行目


「集団就職」の続きの解説一覧



集団就職と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「集団就職」の関連用語

集団就職のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



集団就職のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの集団就職 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS