児童労働とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 労働 > 就労 > 労働 > 児童労働の意味・解説 

じどう‐ろうどう〔‐ラウドウ〕【児童労働】


児童労働

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/24 01:22 UTC 版)

児童労働(じどうろうどう)とは、15歳未満(就業最低年齢および義務教育年齢)の労働と18歳未満の危険で有害な労働を指す。国際労働機関(ILO)によると、子どもの可能性や尊厳を奪う労働、および子どもの身体的、精神的な発達に有害である労働、そして教育の機会の喪失、中途退学、就学と長時間労働・重労働の両立など、就学に影響を及ぼす労働も含まれる。


  1. ^ Percentage of children aged 5-14 engaged in child labour
  2. ^ 施行令決まる、外国映画の上映数を制限(昭和14年9月23日 東京日日新聞)『昭和ニュース辞典第7巻 昭和14年-昭和16年』p32 昭和ニュース事典編纂委員会 毎日コミュニケーションズ刊 1994年
  3. ^ a b 「グローバルレポート“Accelerating action against child labour”(邦題「反児童労働行動の加速化」)
  4. ^ 2010年のILOレポートでは、2006年に発表された児童労働者数は見積りが少なすぎたとして、2004年時点の児童労働者数を2億1800万人から2億2200万人に訂正。
  5. ^ Accelerating action against child labour. Report of the Director-General, International Labour Conference, 99th session, 2010
  6. ^ “Marking Progress against Child Labour”「児童労働撤廃への前進を記す」
  7. ^ ILO says global number of child labourers down by a third since 2000
  8. ^ 共産党宣言』、第2章:「プロレタリアートと共産主義者」
  9. ^ 資本論』、第1巻第3部第8章
  10. ^ a b 嗜好品の広まりと伝統社会の変質ー 日用品をめぐる近代奴隷制システムと企業専制体制 下山晃(大阪商業大学)、嗜好品文化研究会フォーラム、2013年11月23日 
  11. ^ a b 中村まり・山形辰史編『児童労働根絶に向けた多面的アプローチ』第5章、調査研究報告書、独立行政法人日本貿易振興機構アジア経済研究所、2011年3月
  12. ^ “米GAP、インドの下請け業者で児童労働か”. MODE PRESS (フランス通信社). (2007年10月29日). https://www.afpbb.com/articles/modepress/2304225 2021年8月29日閲覧。 
  13. ^ a b c d e f 中村まり・山形辰史編『児童労働根絶に向けた多面的アプローチ』第一章、調査研究報告書、独立行政法人日本貿易振興機構アジア経済研究所、2011年3月
  14. ^ アイキャン 羽根 (2016年3月17日). “【フィリピン】過酷な路上生活抜け出し、マニラ「路上の若者」がカフェをオープン”. グローバルニュースアジア. http://globalnewsasia.com/article.php?id=3232&&country=12&&p=1 2021年8月29日閲覧。 
  15. ^ “サムスン、中国工場で児童労働の「証拠」 取引を一時停止”. AFP通信. (2014年7月14日). https://www.afpbb.com/articles/-/3020475 2021年8月29日閲覧。 
  16. ^ a b c d 中村まり・山形辰史編『児童労働根絶に向けた多面的アプローチ』第2章、調査研究報告書、独立行政法人日本貿易振興機構アジア経済研究所、2011年3月
  17. ^ 例としておもしろかったのは「アルバイト禁止=勤労の自由を奪う憲法違反」だと高校を訴えた高校生がいるんですよ。”. logmi.jp. logmi.jp. 2022年5月17日閲覧。
  18. ^ “重体の中3死亡 群馬・桐生、バイト中に崩れた壁に下敷き”. 日本経済新聞. 共同通信. (2012年8月7日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG07019_X00C12A8CC0000/ 2021年8月29日閲覧。 
  19. ^ “小6女児接客させた疑いで再逮捕 ガールズバー店長、埼玉県警”. livedoor ニュース. 共同通信. (2014年3月31日). オリジナルの2014年4月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140405155926/http://news.livedoor.com/article/detail/8688126/ 2014年3月31日閲覧。 
  20. ^ “ももクロ妹分12歳アイドルが意識不明、ヘリウム吸い救急搬送”. サンケイスポーツ. (2015年2月5日). https://www.sanspo.com/article/20150205-5Y2UDUDVDNP63FEWGVW6B56XGA 2021年8月29日閲覧。 
  21. ^ “テレ朝社長「退院めど」ヘリウム事故女性”. 日刊スポーツ. (2015年2月24日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1438621.html 2021年8月29日閲覧。 
  22. ^ “中3少女に売春させる 松前消防署員を逮捕”. 日テレNEWS24. (2015年2月12日). オリジナルの2015年2月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150213014955/https://www.news24.jp/articles/2015/02/12/07269134.html 2021年8月29日閲覧。 
  23. ^ “17歳少年を同性愛AVに出演させた疑い、制作会社社長を逮捕”. TBS News i. (2015年11月25日). オリジナルの2015年11月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151127223416/http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2644012.html 2015年11月27日閲覧。 
  24. ^ “中学生の母が書類送検 アイドル界に生息する困った親たち”. 日刊ゲンダイ: pp. 1-2. (2017年1月20日). オリジナルの2017年1月28日時点におけるアーカイブ。. https://archive.ph/OAf2N 2021年8月29日閲覧。 
  25. ^ “北朝鮮:強制労働から成る経済システム 子どもも強制労働 強制収容所送りの実態  新証言”. ヒューマン・ライツ・ウォッチ. (2012年6月13日). https://www.hrw.org/ja/news/2012/06/13/246664 2021年8月29日閲覧。 
  26. ^ a b c 中村まり・山形辰史編『児童労働根絶に向けた多面的アプローチ』第7章、調査研究報告書、独立行政法人日本貿易振興機構アジア経済研究所、2011年3月
  27. ^ “小遣い稼ぐため6歳がビジネス、母親「娘はとても厳しいボスです」。”. Narinari.com. (2014年10月17日). https://www.narinari.com/Nd/20141028414.html 2021年8月29日閲覧。 
  28. ^ ボリビア:10歳の子どもの労働が認められることを憂慮 子どもと青少年に関する新たな法律制定”. 世界の子どもたち. ユニセフ (2014年7月23日). 2021年8月29日閲覧。
  29. ^ Guiding Principles on Business and Human Rights”. 2021年9月1日閲覧。
  30. ^ OECD Guidelines for Multinational Enterprises (2011)”. 2021年9月1日閲覧。
  31. ^ Guidance on social responsibility”. 2021年9月1日閲覧。
  32. ^ The Ten Principles of the UN Global Compact”. 2021年9月1日閲覧。
  33. ^ Child Labour Exists in Japan: Its Forms and Cases (December, 2019)”. 2021年9月1日閲覧。



児童労働

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/06 15:08 UTC 版)

詳細は「児童労働」を参照 児童労働は、搾取工場もたらす最も深刻な影響1つである。国際労働機関(ILO)の2013年調査によると 、2億5000万人以上の子どもが雇用されており、うち1億7000万人が発展途上国繊維および衣料品産業従事している。生計稼ごう期待してバングラデシュインドといった国々少女多く低賃金長時間働くことも厭わないと、Stop Child Labour役員語っている。大半ファッション製造チェーン熟練の低い労働力採用しており、児童労働は成人労働者よりも管理しやすく、綿摘みなど特定の仕事に関して子供の方適していることすらあり、代わりがきかず脆弱なので搾取工場では特に問題となる。

※この「児童労働」の解説は、「搾取工場」の解説の一部です。» 「搾取工場」の概要を見る


児童労働

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/29 02:16 UTC 版)

1833年代、シャフツベリー卿が中心となって労働現場での児童労働を軽減するため一連の工場法制定に向けて動いた10時間法が導入され、綿および羊毛工場で働く子供9歳上でなければならない18歳未満は、1日10時間または土曜日8時を超え働かされないこと、25歳未満夜勤できないことなどを定めた1844年工場法では、 9〜13歳の子供は昼休み1日最大9時間の上限設けられた。工場所有者によるロビー活動激し抵抗にもかかわらず多少なりとも子供のための法的保護設けられたが、チャールズ・ディケンズ小説中産階級人々知らしたようなロンドン孤児ストリートチルドレン苦しみ続いた

※この「児童労働」の解説は、「ヴィクトリア朝」の解説の一部です。» 「ヴィクトリア朝」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「児童労働」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



児童労働と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

児童労働のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



児童労働のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの児童労働 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの搾取工場 (改訂履歴)、ヴィクトリア朝 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS