超心理学とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 学術 > 分野 > 超心理学の意味・解説 

ちょう‐しんりがく〔テウ‐〕【超心理学】

読み方:ちょうしんりがく

現在の科学では説明不可と思われる精神現象研究する心理学一部門。テレパシー透視予知念力などを扱う。

「超心理学」に似た言葉

超心理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/22 04:21 UTC 版)

本記事では超心理学(ちょうしんりがく、parapsychology)について解説する。


  1. ^ フロイト、ユングらは、心理学を語る上で欠かせない人物らであるが、現在ではこれらの研究を、現代的な意味では心理学と認めない心理学者も多い。
  2. ^ 英語式の発音では「パラサイコロジー」。
  3. ^ ロバート・モリスと3人の同僚は、関連分野におけるさまざまな方法や展開に関する論評をまとめた400ページの分厚い1冊の穏健な教科書を著した。Foundations of Parapsychology (London : Routledge and Kegan Paul, 1986)
  4. ^ 関連項目:対照実験
  5. ^ しかし、そもそも「ゲラーの立ち振る舞いはまったく監視されておらず、程度はともかく、ゲラーに課される試験の準備はゲラー本人の自由にゆだねられていた」という意見もある『「超科学」をきる』化学同人p.125
  6. ^ 大学で終身在職権を得るために必要なことは、どれだけしっかりした結果が出せたかということだからである。
  1. ^ 「超心理学とは、未だに物理的には説明がつかない、心と物、あるいは心同士の相互作用を科学的な方法で探究する研究分野です。」(日本超心理学会HPでの定義文。 2009年1月-2014年9月 確認)
  2. ^ 超心理学の定義は、「既知の自然の法則では説明できない現象を研究する学問」(出典:リン・ピクネット『超常現象の事典』青土社、1994年、ISBN 4-7917-5307-0 p.486)
  3. ^ a b c d e f g 羽仁礼 2001, p. 36.
  4. ^ 羽仁礼『超常現象大事典』
  5. ^ ピーター・バーク 2015, p. 242.
  6. ^ ピーター・バーク 2015, p. 242−243.
  7. ^ a b c d e f g h ピーター・バーク 2015, p. 243.
  8. ^ リン・ピクネット『超常現象の事典』
  9. ^ a b c d e f g h 羽仁礼 2001, p. 486.
  10. ^ a b c 羽仁礼 2001, p. 57.
  11. ^ 『きわどい科学』p.228
  12. ^ a b c 羽仁礼 2001, p. 487.
  13. ^ マイケル・フリードランダー『きわどい科学』白揚社 p.231
  14. ^ a b 羽仁礼 2001, p. 53.
  15. ^ 『超常現象の事典』p.488(元は1990年の原著の情報)
  16. ^ a b c d 『超常現象の事典』p.488
  17. ^ a b ピーター・バーク 2015, p. 244.
  18. ^ マイケル・W. フリードランダー 1997, p. 226.
  19. ^ a b c d マイケル・W. フリードランダー 1997, p. 227.
  20. ^ 「超心理学における7つの誤解」
  21. ^ a b c マイケル・W. フリードランダー 1997, p. 232.
  22. ^ マイケル・W. フリードランダー 1997, p. 236.
  23. ^ マイケル・W. フリードランダー 1997, p. 237-238.
  24. ^ マイケル・W. フリードランダー 1997, p. 238.
  25. ^ Nature 245 (1973)
  26. ^ マイケル・W. フリードランダー 1997, p. 241.
  27. ^ マイケル・W. フリードランダー 1997, p. 242.
  28. ^ 小久保秀之、笠原敏夫 2006「特異現象に関する1990年代の日本の研究」
  29. ^ 石川幹人『超心理学 封印された超常現象の科学』紀伊国屋書店
  30. ^ a b c d 石川幹人『超心理学 封印された超常現象の科学』紀伊国屋書店
  31. ^ 羽仁礼 『超常現象大事典』第2章。成甲書房、2001年。ISBN 978-4880861159
  32. ^ a b c 懐疑論者の事典』 下 p.61
  33. ^ 関連項目:科学における不正行為
  34. ^ 著書『実在の境界領域―物質界における意識の役割 』技術出版 1991年 ISBN 4-906255-07-8
  35. ^ マイケル・W. フリードランダー 1997, p. 237.
  36. ^ a b c マイケル・W. フリードランダー 1997, p. 239.
  37. ^ マイケル・W. フリードランダー 1997, p. 240.



超心理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/29 14:34 UTC 版)

心霊現象」の記事における「超心理学」の解説

心霊現象ほとんどはESPあるいはサイコキネシスとして説明可能とする説もあり、そのような仮説超ESP仮説呼ばれている、ともいう。(→超心理学)

※この「超心理学」の解説は、「心霊現象」の解説の一部です。
「超心理学」を含む「心霊現象」の記事については、「心霊現象」の概要を参照ください。


超心理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/20 03:50 UTC 版)

ジェラルド・ファインバーグ」の記事における「超心理学」の解説

ファインバーグは、エドガー・ミッチェル1974年超能力研究書『Psychic Explorations』の序文寄稿しその中で霊能力存在への支持表明している。彼が提唱したタキオン概念は、予知能力サイコキネシス説明できる主張する一部超心理学者によって提唱されている。しかし、タキオン存在するという科学的証拠はなく、このような超常的な主張疑似科学的であると言われている。

※この「超心理学」の解説は、「ジェラルド・ファインバーグ」の解説の一部です。
「超心理学」を含む「ジェラルド・ファインバーグ」の記事については、「ジェラルド・ファインバーグ」の概要を参照ください。


超心理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/17 07:17 UTC 版)

レインマン (漫画)」の記事における「超心理学」の解説

精神物質の相作用探求し自然科学では解明できない超自然的現象研究する学問

※この「超心理学」の解説は、「レインマン (漫画)」の解説の一部です。
「超心理学」を含む「レインマン (漫画)」の記事については、「レインマン (漫画)」の概要を参照ください。


超心理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 04:42 UTC 版)

既視感」の記事における「超心理学」の解説

超心理学的な見方を好む者などでは、しばしば予知夢関連づけて考察することがある。 @media screen{.mw-parser-output .fix-domain{border-bottom:dashed 1px}}だが「実際にはそうした夢すら見ていない場合多く別の内容である場合も多い」とする批判、また「体験すると同時に過去に同じ体験を夢で見たという記憶作り上げその場合でも夢を見た感じるためだ」という批判もある。[要出典]

※この「超心理学」の解説は、「既視感」の解説の一部です。
「超心理学」を含む「既視感」の記事については、「既視感」の概要を参照ください。


超心理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/17 20:36 UTC 版)

チャールズ・パナティ」の記事における「超心理学」の解説

1971年に、『ニューズウィーク』誌のスタッフとなったパナティは、超心理学に関心寄せ最初の著書『Supersenses: Our Potential For Parasensory Experience』を1974年出版し超感覚的知覚に関する超心理学研究について紹介した。この本は書評において、超能力現象に関する真っ当な調査だと評されたが、「懐疑派納得させるようなものではなく...取り上げられている主題合理性実証的検証には耐えないものであるともされた。その後パナティは、イスラエルの超能力者ユリ・ゲラー出会いゲラーは彼が超能力主張していたスプーン曲げについて、 世界各国科学者調査した22本の論文まとめて出版することを提案しパナティ提案したパナティ編集により、1976年出版された『The Geller Papers』は、出版時に論争巻き起こした何人かの手品師たちは、ゲラーのいう超能力は、手品師技術容易に再現できるものであることを実演してみせた。科学ライターマーティン・ガードナーは、パナティは、ゲラートリックまんまと騙されたのであり、『The Geller Papers』は、「お恥ずかしいアンソロジー」だと書いた。1979年の『Death Encounters』で、パナティ臨床死英語版)の現象について調査し、この主題について、生きようとする意志をもって格闘しながら光明へと向か報告綴っている。『ピッツバーグ・ポスト=ガゼット (Pittsburgh Post-Gazette)』紙のウェンディ・トンプソン・ワーナー (Wendy Thompson Warner) は、「超心理学に関する彼の見解は、その当否別として科学コミュニティにおいて広く定着している懐疑主義槍玉に挙げられてきた」と述べている。 超心理学関係で知られるようになったパナティだったが、他方では1981年に、きょうだいであるマイケルマイケル・ハドソンとともに『The Silent Intruder: Surviving the Radiation Age』という、放射線人体組織相互作用検討する本も刊行した

※この「超心理学」の解説は、「チャールズ・パナティ」の解説の一部です。
「超心理学」を含む「チャールズ・パナティ」の記事については、「チャールズ・パナティ」の概要を参照ください。


超心理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/11 23:56 UTC 版)

霊媒」の記事における「超心理学」の解説

超心理学においては死者交信できる心霊的能力を持つと考えられる人物のことをmedium霊媒呼んでいる。死者テレパシーのように交信をする人を「mental medium 心理的霊媒」と呼び物体浮揚など物理的な現象引き起こす人を「physical medium 物理的霊媒」と呼んでいる。物理的霊媒に関して説明すると、かつて欧米では暗闇部屋でしか交霊会開かずそこで物理的不可思議な現象呈示していた者が多数いたわけなのだが、そういう人物調査してみたところ詐術だと発覚した事例も多い、が、信憑性明らかでない人物も多い。 生死について、「肉体死後何らかの意識的存在残っているのだ、それは死後生存しているのだ」とする考え方(=サバイバル仮説)と、その対立仮説として「肉体死後にそれは生き残っていないのだ」とする考え方(=ノン・サバイバル仮説)があるが、超心理学では超ESP仮説心霊的に得たとされる情報も、ESP用いれば実在する人や物から情報読み取ることができる、そういう考え方説明しうる、とする仮説)が提示されており、厳密な実験によって霊媒によって通常の能力では得られるはずのない、死者に関する正確な情報得られ場合でも、それを死後生存よるもの解釈することは可能だとしても、死後生存証拠だと断定することはできない、という理屈になってしまっているので、死後生存の証明実際上かなり困難だ、と考えられている。 超心理学的研究によって、「霊媒」と呼ばれていない一般人でも、何らかのpsi的な能力いうのは多少なりともある、と理解されるようになってからは、超心理学では霊媒という語は、それ以前のような意味に限定されるものではなくなってきた。

※この「超心理学」の解説は、「霊媒」の解説の一部です。
「超心理学」を含む「霊媒」の記事については、「霊媒」の概要を参照ください。


超心理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/25 13:58 UTC 版)

逆因果律」の記事における「超心理学」の解説

逆因果律予知のようないくつかの霊能力的な現象発生する主張されているが、そのような現象存在証明されていない。 たとえば、心理学者のダリル・ベムは実験被験者2組カーテン見せ、どちらの後ろに絵があるかを推測するよう指示したが、被験者推測するまでカーテン後ろに絵を表示しなかった。 一部結果では、エロチック画像だった時の成功率高く事前スクリーニングアンケートで「刺激求めている」と特定され被験者がさらに高いスコア付けている(p-17)。 しかし、この方法論強く批判されており、これらの結果無視されている 。 超心理学者Helmut Schmidtは、逆因果律量子力学的正当化提示し最終的には実験により、逆因果律サイコキネシスを通して放射性崩壊操作する能力実証されたと主張したこれらの結果とその根底にある理論は、主流科学コミュニティによって否定されたが、境界科学的にいくらかの支持得ている [要ページ番号] [要ページ番号] 。 逆因果律祈り癒し関連付ける取り組み同様に行われている 。

※この「超心理学」の解説は、「逆因果律」の解説の一部です。
「超心理学」を含む「逆因果律」の記事については、「逆因果律」の概要を参照ください。


超心理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/05 07:50 UTC 版)

ディーン・ラディン」の記事における「超心理学」の解説

ラディンは、1988年1993年1998年2005年に超心理学会長選出され多くの超心理学の記事や、超常現象裏付ける論文書き、また一般大衆に向けて2冊著作 The Conscious Universe と『量子宇宙からみあう心たち』を出版したラディンにとって、超心理学はほかの科学と同様再現性があると考えているが、社会学者のエリック・グッド(英語版によればこの分野研究再現困難で理解完全ではない:157ラディンによる超常的な主張は、懐疑的かつ主流科学コミュニティ厳しく却下されてきており、一部人々彼は疑似科学だと示したり彼は自然科学誤解していると指摘している:158物理学者ロバート・L・パークによれば長年膨大なデータ収集されたが、その結果実験開始時よりも説得力失っているものである超常現象研究は、ほかの科学の領域と同じ水準保てているとラディン主張しているが、多くの超心理学者そのような見解には同意せず、一貫性再現性科学的な基準満たしていないということ公然と認めるものだと、レイ・ハイマンが記している人間精神乱数生成装置に対して超自然的影響を与えるというラディンらの主張を、心理学者デイビッド・B・ウィルソンウィリアム・R・シェイディッシュがPsychological Bulletinにおいて批判したラディン超常現象量子力学から説明しようとするが、そのような考えある種量子力学疑似科学だとする物理学者によって批判されている。

※この「超心理学」の解説は、「ディーン・ラディン」の解説の一部です。
「超心理学」を含む「ディーン・ラディン」の記事については、「ディーン・ラディン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「超心理学」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

超心理学

出典:『Wiktionary』 (2021/10/05 19:20 UTC 版)

発音

  • (東京) ちょーしんりがく [chòóshíńríꜜgàkù] (中高型 – [5])
  • IPA(?): [t͡ɕo̞ːɕĩnɾʲiɡa̠kɯ̟ᵝ]

名詞

心理学 (ちょうしんりがく)

  1. 現代科学では説明できないような精神現象研究する心理学の一分野

翻訳


「超心理学」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



超心理学と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「超心理学」の関連用語

超心理学のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



超心理学のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの超心理学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの心霊現象 (改訂履歴)、ジェラルド・ファインバーグ (改訂履歴)、レインマン (漫画) (改訂履歴)、既視感 (改訂履歴)、チャールズ・パナティ (改訂履歴)、霊媒 (改訂履歴)、逆因果律 (改訂履歴)、ディーン・ラディン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの超心理学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS