国立国際医療研究センターとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 建物・施設 > 施設 > 医療機関 > 東京都の医療機関 > 国立国際医療研究センターの意味・解説 

国立国際医療研究センター

【英】:NCGM, National Center for Global Health and Medicine

 国立国際医療研究センターは、1929年陸軍病院として発足戦後厚生省最初国立病院として東京第一病院として発足その後国立病院医療センター改称1986年には、国際協力への医療者を派遣する事を目的国際医療協力部を設置1993年には国際医療協力を旨とし、地球上の全人類が悩まされている疾病克服と健康の増進貢献するナショナルセンターとして、国立国際医療センターとなる。
 センターには、約50名の国際協力専任医療者(医師34名、看護・助産師14名)をかかえる国際医療協力局、全専門科網羅するベッド900病院国際保健感染症などの研究を行っている研究所人材育成を行う看護大学校を持ち日本における国際保健中核施設として位置づけられている。 現在、WHOなどの国連機関10超える世界中の国々(アフリカアジア中南米)へ、医師看護師らの医療従事者派遣し、母子保健感染症保健システム分野において、国際医療協力実施している。
 2010年には、独立法人化され、施設名も独立行政法人国立国際医療研究センターと代わり国際医療協力分野における政策提言人材育成情報発信国際保健ネットワークとなる事が期待されている。(仲佐保)

参照URL国立国医療研究センターホームページ http://www.ncgm.go.jp/

国立国際医療研究センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/08 14:30 UTC 版)

国立研究開発法人国立国際医療研究センター(こくりつこくさいいりょうけんきゅうセンター、英語: National Center for Global Health and Medicine, NCGM)は、日本厚生労働省所管の国立研究開発法人で、国立高度専門医療研究センター(ナショナルセンター)である。




  1. ^ 具体的な活動として、独立行政法人国立国際医療研究センター 肝炎情報センター
  2. ^ 具体的な活動として、(独)国立国際医療研究センター病院 糖尿病・代謝症候群診療部
  3. ^ 以下、研修医の記述については週刊医学界新聞第2495号2002年7月22日 研修医採用戦線異常なし?などを参照。
  4. ^ 山崎清司『国立療養所(中野)生い立ちの真相―江古田村の百姓一揆?幻の江古田城? 研究レポート』中野区江古田史談会、1982年、18頁以下。それどころか、地元民の伝承もない。なお『七十年記念誌』にはこの記載がほぼ消えたものの、国立国際医療センターの5周年記念誌で再び江古田城への言及があった。また、城への言及があっても城主への言及はないことも言説の特徴である。
  5. ^ 経緯は青木純一「結核療養所反対運動と住民意識―大正・昭和前期における公立療養所建設反対運動を比較して―」専修大学社会科学年報第43号pp.153-167にまとめられている。
  6. ^ 山崎前掲。つまり通常起こりうる反対運動はあったが一揆というような暴動ではなかった。
  7. ^ 『創立七十周年記念誌』
  8. ^ 1981年ごろの写真では、英語名が"NAKANO NATIONAL CHEST HOSPITAL"とされている。山崎前掲19頁。なお2010年現在、呼吸器疾患における高度専門医療施設としての役割は国立病院機構近畿中央胸部疾患センターが担っている。
  9. ^ 第126回国会厚生委員会 平成5年5月14日における日本社会党沖田正人の質問に対する答弁による。
  10. ^ 前掲第126回国会厚生委員会議事録
  11. ^ 研究班の目的・沿革 - 熱帯病治療薬研究班・オーファンドラッグ中央保管機関
  12. ^ 研究班が保管している薬剤 - 熱帯病治療薬研究班・オーファンドラッグ中央保管機関
  13. ^ 読売新聞2004年7月23日付朝刊「国際医療センター元部長逮捕 収賄容疑 物品納入絡み現金」
  14. ^ 同上
  15. ^ 第171回国会 101 発見から二十年を迎える旧陸軍軍医学校の人体標本等に関する質問主意書


「国立国際医療研究センター」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「国立国際医療研究センター」の関連用語

国立国際医療研究センターのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



国立国際医療研究センターのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本国際保健医療学会日本国際保健医療学会
Copyright (C) by Japan Association for International Health. All rights reserved,2019.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの国立国際医療研究センター (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS