バイセクシャルとは?

Weblio 辞書 > ヘルスケア > エイズ用語 > バイセクシャルの意味・解説 

バイセクシャル

Bisexual

【概要】 両性愛、または両性愛者性的指向において異性でも同性でも性関係を持つ人。しかしその定義は画一的なものではなく個人によってバリエーションがあるが、本人が気づいていなかったり、無意識否定していることもあり得る。なおHIV感染性的指向とは関係なく、性行為内容によって成立することに留意したい。

《参照》 ヘテロセクシャルホモセクシャル性行為性教育差別


バイセクシャル

作者草間弥生

収載図書蟻の精神病院
出版社而立書房
刊行年月1994.5


両性愛

(バイセクシャル から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/17 13:39 UTC 版)

両性愛(りょうせいあい)、バイセクシュアリティ:bisexuality)[注 1]は、男性にも女性にも見られる、異性・同性にかかわらずいずれの性の人に対しても、的な憧れや情緒的・精神的な魅惑、あるいは性的・肉体的な欲望を抱くような性的指向をいう語。




注釈

  1. ^ バイセクシャリティとも表記。
  2. ^ バイセクシャルとも表記。
  3. ^ 俗語隠語)として「両刀」という言葉もある。
  4. ^ 「pan」、「omni」は英語の接頭語であり、「全ての」という意味を添える。例:Pan-Pacific(パンパシフィック=環太平洋の)
  5. ^ 「バイ」(bi)は英語の接頭語(ラテン語系)であり、「両方の」「二つの」という意味を添える。例:bilingual(バイリンガル=二つの言語を使用できる人)
  6. ^ 「トリ」(tri)は英語の接頭語(ラテン語系)であり、「三つの」という意味を添える。
  7. ^ 「フォビア」は英語の接尾語であり、「〜恐怖症」という意味である。
  8. ^ 同性愛者であることについて非難されるのではないかと恐れること、またそのように恐れる人。
  9. ^ 異性愛者であることについて非難されるのではないかと恐れること。またそのように恐れる人。
  10. ^ 直訳すれば「とりあえず両性愛、あとで同性愛」。日本語にしてもわかるとおり、このスラングには両性愛者に対する誤解を内包している。
  11. ^ down-lowとは英語のスラングであって、隠れてする何かをいう時用いる。このような文脈では特に同性愛のことを指す。
  12. ^ 逆に、有史以前に遡るほど地母神崇拝・生殖器信仰もあり性的な表現には寛容である

出典

  1. ^ [1]
  2. ^ (Oxford English Dictionary, 2nd ed. より出典)
  3. ^ [2][3]
  4. ^ [4]アーカイブされたコピー”. 2006年4月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2006年4月27日閲覧。
  5. ^ [5][6]
  6. ^ [7]
  7. ^ [8]
  8. ^ (El-Rouayheb, 2005, pp. 14-24)より出典
  9. ^ (Monroe, 1997, p. 117)より出典
  10. ^ アーカイブされたコピー”. 2007年1月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年2月17日閲覧。






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「バイセクシャル」の関連用語

バイセクシャルのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



バイセクシャルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2018, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの両性愛 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS