勘違いとは? わかりやすく解説

カン違い

読み方:カンちがい
別表記:かん違い、勘違い

事実とは違った風に理解認識すること、および、そのような状況のこと。基本的には「勘違い」と漢字表記されるが、非難めいた否定的なニュアンス抑える意味で敢えて「カン違い」とカナ交じり表記される場合少なくない

かん‐ちがい〔‐ちがひ〕【勘違い】

読み方:かんちがい

[名](スル)間違って思い込むこと。思い違い。「何か―しているんじゃないか」


勘違い

作者高井信

収載図書ショート・ショート劇場 3
出版社双葉社
刊行年月1986.7
シリーズ名双葉文庫

収載図書夢中の人生
出版社講談社
刊行年月1988.3

収載図書ショートショート日本語あそぼう
出版社筑摩書房
刊行年月2003.12
シリーズ名ちくま文庫


勘違い―酸性空洞の神秘

作者由良三郎

収載図書殺人集中治療室看護婦瑠美子の名推理
出版社祥伝社
刊行年月1994.4
シリーズ名ノン・ポシェット


勘違い

作者サトウトシオ

収載図書ちょっとミステリー砂糖と塩のミックスショート・ショート集
出版社批評
刊行年月1994.10


勘違い

作者野間永義

収載図書窮すれば
出版社文芸社
刊行年月2001.5


勘違い

作者勝目梓

収載図書もうひとつ理由
出版社双葉社
刊行年月2001.8

収載図書もうひとつ理由
出版社双葉社
刊行年月2004.8
シリーズ名双葉文庫


勘違い

作者源慎

収載図書小さなホテル物語
出版社新風舎
刊行年月2004.9
シリーズ名新風舎文庫


勘違い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/21 08:34 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「勘違い」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「勘違い」を含むページの一覧/「勘違い」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「勘違い」が役に立つかも知れません。

関連項目



勘違い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/15 01:51 UTC 版)

スグリーヴァ」の記事における「勘違い」の解説

ヴァーリンアスラのマーヤーヴィンと対立し、マーヤーヴィンを倒すべく住処である洞窟にのりこんだとき、スグリーヴァヴァーリン命令洞窟入口見張っていた。しかし1年経ってもヴァーリン戻ってこなかった。そのうち洞窟内からマーヤーヴィンの絶叫聞こえてきて、さらに何者かの血が流れてきた。スグリーヴァ確認せずヴァーリン殺された勘違いし洞窟塞いでキシュキンダー戻った。しかし実際は、マーヤーヴィンの絶叫ヴァーリン倒され死の間際発したものであり、血もマーヤーヴィンのものであったヴァーリン入口まで戻ってきたが、塞がっていて出ることができなかった。

※この「勘違い」の解説は、「スグリーヴァ」の解説の一部です。
「勘違い」を含む「スグリーヴァ」の記事については、「スグリーヴァ」の概要を参照ください。


勘違い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/19 19:32 UTC 版)

痴漢男」の記事における「勘違い」の解説

痴漢男痴漢間違えた女性推定身長155cm、推定体重50kg。普段はファミレスアルバイトしているフリーター

※この「勘違い」の解説は、「痴漢男」の解説の一部です。
「勘違い」を含む「痴漢男」の記事については、「痴漢男」の概要を参照ください。


勘違い?

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/04 10:06 UTC 版)

加藤の乱」の記事における「勘違い?」の解説

2007年6月29日衆議院安倍内閣不信任決議案提出された際、加藤賛成意味する白票を持って壇上上がった。「加藤の乱」の再発かと一時危惧されたが、加藤白票を渡す直前あわてて自分の席に戻り反対意味する青票持ち替えた本人曰く与党議員法案採決でよく白票を使うために起きた単なる勘違いであったとのことだが、「本音賛成だったのではないか」という周りの声もある。

※この「勘違い?」の解説は、「加藤の乱」の解説の一部です。
「勘違い?」を含む「加藤の乱」の記事については、「加藤の乱」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「勘違い」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

勘違い

出典:『Wiktionary』 (2021/08/20 06:58 UTC 版)

この単語漢字
かん
常用漢字
ちが
常用漢字
音読み 訓読み

名詞

(かんちがい)

  1. 間違って思い込んでしまうこと[1]

「勘違い」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「勘違い」の関連用語

勘違いのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



勘違いのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの勘違い (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのスグリーヴァ (改訂履歴)、痴漢男 (改訂履歴)、加藤の乱 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの勘違い (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS