日本におけるLGBTの権利とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 日本におけるLGBTの権利の意味・解説 

日本におけるLGBTの権利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/17 11:46 UTC 版)

日本では同性愛は違法ではない。同性婚G7国家で唯一認められていない。




出典

  1. ^ 同性愛差別の禁止規定は一部の都市の条例にあるが、国レベルではない(ILGA State sponsored homophobia 2008 Archived 2009年3月6日, at the Wayback Machine.)。
  2. ^ a b アジア太平洋人権情報センター「Japan and Sexual Minorities 2008」には、「日本の文化や日本の主要な宗教は、LGBTへの敵意の歴史を持っていない」と記述している
  3. ^ a b 2015年4月5日産経新聞「性的少数者 就活の実態…偏見、葛藤、一方で少しずつ広がり始める企業の“理解”」
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 「オトコノコノためのボーイフレンド」(1986年発行少年社・発売雪淫社)P34「同棲と結婚」より。
  5. ^ 薩摩藩(現在の鹿児島県)の郷中など、尚武の気風を尊重する地域では男色は奨励され、むしろ女性との交際を蔑む事すらあった。
  6. ^ The Beautiful Way of the Samurai: Native Tradition and Hellenic Echo
  7. ^ 『クレア』(文藝春秋)1991年2月号「ゲイルネッサンス'91」P95「ゲイ世界史」
  8. ^ 小田晋著『性と犯罪の心理』(芸文社)。
  9. ^ NPO法人アカー(OCCUR)公式ページより。
  10. ^ TOKYO HEADLINE Vol.590「TOKYO RAINBOW PRIDE 2013」(2013年4月22日配信)、1994年8月29日付朝日新聞「同性愛者『差別しないで』東京で日本初のパレード 1000人超す参加者が気勢 目立つ若者、名乗りOKも」。
  11. ^ a b c d 「学校教育と社会における性的マイノリティに関する言説研究」(静岡大学 大学教育センター 松尾由希子)。
  12. ^ a b 日本経済新聞「同性愛差別の記述 生徒指導書から削除 文部省」(1994年11月25日)。
  13. ^ 「日本の精神医学は同性愛をどのように扱ってきたか」(社会臨床雑誌第2巻第2号,稲場雅紀,1994年)
  14. ^ 「ソチ五輪見据えた カミングアウト LGBTに対する人権侵害を非難する画期的宣言採択の中で」(yahooニュース 2014年2月6日配信)。
  15. ^ HIV/AIDSの情報を発信する “新宿二丁目の公民館”
  16. ^ パートナーシップ条例成立同性カップル、権利前進毎日新聞2015年4月1日閲覧
  17. ^ 同性カップル証明条例成立-東京・渋谷区で全国初しんぶん赤旗2015年4月1日閲覧
  18. ^ 東京・渋谷区:パートナー初申請…証明書、来月5日交付マ毎日新聞11月2日閲覧
  19. ^ 世田谷区長「最初の一歩」 同性カップルの宣誓証明産経新聞11月2日閲覧
  20. ^ 宝塚市が同性カップル認定へ神戸新聞12月1日閲覧
  21. ^ 男性カップルが里親に 大阪市が異例の認定 日本経済新聞 2017年4月5日
  22. ^ 細田智也 入間市議会議員予定者のこと
  23. ^ “安倍首相夫人、都内のLGBTパレードに参加”. AFPBB News. (2014年4月28日). http://www.afpbb.com/articles/-/3013704 2014年4月30日閲覧。 
  24. ^ 第一九〇回衆第五七号 性的指向又は性自認を理由とする差別の解消等の推進に関する法律案衆議院
  25. ^ a b 性的マイノリティに関する政策調査プロジェクト(愛媛)「回答・2012衆議院選挙 政党別回答①」
  26. ^ a b 「ストップいじめ!ナビ」チャンネル「同性愛者たちが自民党の馳浩衆議院議員に性的マイノリティに対するいじめ対策について要望」(2013-04-04)。
  27. ^ “自民・稲田政調会長「真のチャンピオンは倒れても立ち上がる人」 米シンクタンクで講演(全文)”. 産経ニュース. (2015年10月1日). http://www.sankei.com/politics/news/151001/plt1510010031-n6.html 
  28. ^ 自由民主党 (2016年). “自民党政策BANKⅣ.安全安心”. 2016年6月24日閲覧。
  29. ^ 民進党 (2016年). “民進党政策集-内閣(男女共同参画・子ども)”. 2016年6月22日閲覧。
  30. ^ a b 「民主党の国会議員有志が『性的マイノリティ小委員会』を設置へ」(『いのちリスペクト。ホワイトリボン・キャンペーン』2012年3月18日)
  31. ^ 希望の党 (2017年). “希望の党 政策について”. 2018年1月21日閲覧。
  32. ^ 公明党 (2016年). “《2016参院選の重点政策 希望が、ゆきわたる国へ。”. 2016年6月24日閲覧。
  33. ^ 日本共産党 (2016年). “2016参議院議員選挙/各分野の政策47、性的マイノリティ”. 2016年6月24日閲覧。
  34. ^ 社会民主党政策審議会 (2013年). “参議院選挙公約2013【総合版】”. 2013年6月20日閲覧。
  35. ^ 社会民主党 (2016年). “参議院選挙公約2016 総合版CHANGE 2 くらし”. 2016年6月24日閲覧。
  36. ^ 政策集、緑の党グリーンズジャパン” (2012年). 2013年1月14日閲覧。
  37. ^ 幸福実現党 (2014年). “参院選2016特設サイト日本を変える123の政策-社会保障”. 2016年6月24日閲覧。
  38. ^ 東京・生活者ネットワーク (2015年). “東京・生活者ネットワーク統一地方選挙2015政策-すべての施策を男女平等の視点で見直す”. 2015年5月7日閲覧。
  39. ^ 2014衆議院議員選挙・各党の回答結果
  40. ^ a b c d 『オトコノコのためのボーイフレンド』(1986年,少年社)P186「ゲイはブルジョア的頽廃か」より。
  41. ^ 『Conduct Unbecoming』(Randy Shilts著)[要ページ番号]
  42. ^ マルコポーロ「普段着のゲイ」1994年2月号、P125)
  43. ^ 『プライベート・ゲイ・ライフ』(1991年,伏見憲明,学陽書房)[要ページ番号]
  44. ^ 1991年5月『社会新報』「青年の家合宿で不快な扱い受けたと東京都を相手に裁判」(OCCURメンバーへのインタビュー記事)、1991年8月3日『社会新報』「アジア系活動家たちと交流 ネットワークづくり推進 ~同性愛差別と闘う二グループに同行して~」(サンフランシスコ・ゲイ・プライド・パレードに参加するOCCURとILGA日本への同行取材記事)。
  45. ^ 性同一性障害者と懇談 党国会議員団 戸籍などの問題聞く
  46. ^ Hussein Al-Badri "Tony Kushner's Postmodern Theatre: A Study of Political Discourse" p.68
  47. ^ 市議がツイッターに「同性愛は異常」神奈川NHK2015年12月3日閲覧 - 海老名市議会議員鶴指眞澄(自民党系会派の志政会、発言後会派離脱)の発言
  48. ^ 渋谷区条例「日本の価値観否定」 練馬区議が議会で批判東京新聞2015年12月3日閲覧 - 練馬区議会議員小泉純二(練馬区議会自由民主党)の発言
  49. ^ 今度は岐阜県議会「同性愛は異常」74歳元議長がやじ「個人の認識。撤回する気ない」産経新聞2015年12月12日閲覧 - 岐阜県議会議員藤墳守(県政自民クラブ)の発言
  50. ^ ヒューマン・ライツ・ウォッチ「東京都知事は同性愛者差別発言を撤回すべき」
  51. ^ 石原慎太郎『わが人生の時の時』256頁(新潮社)
  52. ^ [1]
  53. ^ 維新政党・新風オフィシャルページより。
  54. ^ 幸福実現党 (2014年). “幸福実現党政策全体像-社会保障”. 2014年12月26日閲覧。
  55. ^ 日本の人口に占めるキリスト教人口は約1%とされる。「カトリック教会現勢2006」[要ページ番号]によるとカトリック教徒数は0.356%。保守系にかぎらず、左派系も同性愛には否定的であり、保革や左右の政治信条に関わらず、「同性愛は病気であり、治す必要がある」(東京都中野区の北朝鮮への償い運動をしている左派系教会の信者)と断じたり、性別変更や同性婚に反対することが多い。
  56. ^ 文學界2011年9月号。[要ページ番号]
  57. ^ 大島清『ヒトはなぜヒトを愛するのか』
  58. ^ 元治元年5月20日の書簡[要文献特定詳細情報]
  59. ^ 『明治・大正・昭和華族事件録』342頁(千田稔著、新人物往来社)
  60. ^ 佐野眞一『枢密院議長の日記』(講談社現代新書)
  61. ^ 永井和「柳田國男、官界を去る」『立命館文学』第578号、2003年。
  62. ^ 四国新聞「男色の博識披露 菊池寛の手紙見つかる」(2008年8月31日)。
  63. ^ 2007年11月29日伊藤文学のひとりごと「古いゲイ雑誌『同好』を読んで思うこと」
  64. ^ 村松剛『三島由紀夫の世界』
  65. ^ 松本徹、佐藤秀明、井上隆史『三島由紀夫の時代』201頁
  66. ^ 渡部昇一『決定版 人物日本史』
  67. ^ 高橋史朗『「日本を解体する」戦争プロパガンダの現在 WGIPの源流を探る』98頁
  68. ^ 売春防止法は男女間の行為を定義しており、同性間の売春は直接的に禁止していない(Is the age of consent in Japan really 13? Archived 2005年10月25日, at the Wayback Machine.)。
  69. ^ 1873年に規定された鶏姦罪は1880年(明治13年)制定の旧刑法に盛り込まれず("Gregory M. Pflugfelder. Cartographies of Desire: Male-Male Sexuality in Japanese Discourse 1600-1950". H-Net Reviews)。
  70. ^ a b 世界大百科事典「男色」より。
  71. ^ 「地方違式註違条例の施行と運用の実態」 神谷力 (「明治法制史政治史の諸問題」 慶応通信発行 手塚豊教授退職記念論文集編集委員会編集 1977年刊)。例えば東京都違式註違条例を斟酌増減して公布された浜松県違式註違条例(明治6年)には「婦人無故シテ猥リニ断髪相ナラス候事」(169ページ)とある。原典である内閣文庫(独立行政法人国立公文書館)所蔵の熊本県史料も参照のこと。
  72. ^ 強姦罪|性犯罪に強い!東京弁護士法律事務所
  73. ^ 強制わいせつ罪|性犯罪に強い!東京弁護士法律事務所
  74. ^ ストーカー被害対策相談センター
  75. ^ 日本は性的指向を法的に明示して保護していない("Gay scene: Tolerance, legal limbo". Jun Hongo. Japan Times. Tuesday, Dec. 23, 2000)。
  76. ^ 自衛隊は「同性関係が職務やその他の問題に影響しない限りは問題とされない」と回答(LGBT Rights in Japan Archived 2013年11月10日, at the Wayback Machine.)。
  77. ^ 日本は「市民的及び政治的権利に関する国際規約」の締約国である(Japan: Governor Should Retract Homophobic Comments)。
  78. ^ 雇用機会均等法は性的指向による差別禁止への拡大適用を見送っている("A Shadow Report" Gay Japan News May 2009)。
  79. ^ 日本:いじめ防止基本方針が改訂 LGBT生徒の保護 盛り込まれる”. ヒューマン・ライツ・ウォッチ (2017年3月24日). 2017年9月10日閲覧。
  80. ^ 2003年7月10日に「性同一性障害者特例法」成立(What the Diet's been up to lately: revising the law of transgendered people 11 August 2008)。
  81. ^ 手術で「女性」…刑務所も女性施設に 兵庫弁護士会勧告
  82. ^ 性同一性障害に配慮受刑者に長髪、女性服許可(スポニチ)
  83. ^ 『同性婚と国民の権利』憲法学者・木村草太さんは指摘する。「本当に困っていることを、きちんと言えばいい」(2017年5月3日、ハフィントン・ポスト
  84. ^ アーカイブされたコピー”. 2010年12月30日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年12月30日閲覧。
  85. ^ a b 2009/03/27共同通信「海外での同性婚可能に 法務省が新証明書発行へ」
  86. ^ Japan allows its citizens same-sex marriage abroad
  87. ^ 同性結婚、ミッキーマウスも支持 東京ディズニーリゾート - AFP(2012年9月8日閲覧)
  88. ^ 「エルトン・ジョンなどゲイカップルが卵子バンクの大切な顧客」(週刊ポスト2013年12月13日号)[要ページ番号]
  89. ^ 「エルトン・ジョンが代理母出産でパパに」(gladxx 2010/12/30)[要ページ番号]、「ニール・パトリック・ハリスに双子の赤ちゃん誕生」(シネマトゥデイ映画ニュース 2010年10月18日)[要ページ番号]
  90. ^ a b 毎日新聞「同性愛は性非行、と生徒指導書 文部省に使用中止を要請」(1994年8月9日)。
  91. ^ 1980年代の薔薇族の伊藤文学のコラム[要文献特定詳細情報]
  92. ^ 毎日新聞(1993年4月17日)「百科事典に同性愛差別表現、抗議受け2出版社、訂正へ」(百科事典の同性愛に関する表現に差別・偏見がある、と同性愛者の団体《動くゲイとレズビアンの会》から訂正申し入れを受けた大手出版社が、記述の一部を訂正することを決めた。
  93. ^ a b 『聞きたい知りたい「性的マイノリティ」―つながりあえる社会のために』杉山 貴士 日本機関紙出版センター[要ページ番号]
  94. ^ a b c シノドス・ジャーナル「セクシュアルマイノリティと自殺リスク 日高庸晴×荻上チキ」(2012年4月27日)
  95. ^ 半数以上が自殺願望-小学校入学前に違和感47ニュース2015年3月6日閲覧
  96. ^ 全国紙夕刊2010年9月7日の『ニッポン人脈記』「男と女の間には(2)」[要ページ番号]
  97. ^ 性同一性障害に関する診断と治療のガイドライン第4版日本精神神経学会
  98. ^ 札幌医科大学附属病院GIDクリニック札幌医科大学附属病院公式サイト
  99. ^ 東北大学病院婦人科東北大学病院公式サイト
  100. ^ 埼玉医科大学総合医療センター形成外科・美容外科-患者さん向け埼玉医科大学総合医療センター公式サイト
  101. ^ 昭和大学附属烏山病院ジェンダー外来昭和大学附属烏山病院公式サイト
  102. ^ 東京大学医学部附属病院形成外科・美容外科東京大学医学部附属病院公式サイト
  103. ^ 性同一性障害(GID)の外科治療山梨大学医学部附属病院形成外科公式サイト
  104. ^ 岐大形成外科診療内容岐阜大学医学部附属病院形成外科公式サイト
  105. ^ 診療科のご案内-泌尿器科名古屋大学医学部附属病院公式サイト
  106. ^ 大阪医科大学附属滝井病院精神神経科
  107. ^ 大阪医科大学附属滝井病院腎泌尿器科 大阪医科大学附属滝井病院公式サイト
  108. ^ 関西医科大学附属滝井病院精神神経科関西医科大学附属滝井病院公式サイト
  109. ^ 近畿大学医学部奈良病院形成外科・美容外科近畿大学医学部奈良病院公式サイト
  110. ^ 岡山大学病院ジェンダークリニック
  111. ^ 岡山大学病院ジェンダーセンター岡山大学病院公式サイト
  112. ^ 岡山大学病院精神科神経科岡山大学病院公式サイト
  113. ^ 岡山大学病院泌尿器科岡山大学病院公式サイト
  114. ^ 岡山大学病院産科婦人科岡山大学病院公式サイト
  115. ^ 岡山大学病院形成外科岡山大学病院公式サイト
  116. ^ 川崎医科大学附属病院泌尿器科川崎医科大学附属病院公式サイト
  117. ^ 福岡大学病院精神神経科福岡大学病院公式サイト
  118. ^ 長崎大学医学部精神神経科学教室-外来のご案内
  119. ^ 長崎大学病院産科婦人科
  120. ^ 大分大学医学部精神神経医学講座-性同一性障害
  121. ^ 宮崎大学医学部附属病院-病院紹介-精神科宮崎大学医学部附属病院公式サイト
  122. ^ 鹿児島大学大学院医歯学総合研究科-泌尿器科学分野
  123. ^ おきなわジェンダーセンター沖縄県立中部病院
  124. ^ 献血をご遠慮いただく場合 - エイズ、肝炎などのウイルス保有者、またはそれと疑われる方”. 日本赤十字社. 2014年4月9日閲覧。
  125. ^ Senators: Lift Ban on Gays Donating Blood”. CBS (2010年3月4日). 2014年4月9日閲覧。
  126. ^ work with Pride "PRIDE指標2017レポート"12頁, [2], work with Pride, 2017年10月発行,アクセス日:2017年12月20日。
  127. ^ Tom Paine, Azusa Yamashita, "IBM Japan to Set Up LGBT-Inclusive ‘Diversity Committee’", IBM Japan to Set Up LGBT-Inclusive ‘Diversity Committee’ - gayjapannews.com, GayJapanNews, 2008年3月6日.
  128. ^ 大歳卓麻・福田泰弘「多様な人びとの価値観や能力を活かす」『《UCDA》UCDAトーク18:大歳卓麻 (前篇)』ユニバーサルコミュニケーションデザイン協会。
  129. ^ From the book on same-sex partnership in Japan 「同性パートナー生活読本」(http://webcatplus.nii.ac.jp/webcatplus/details/book/6980828.html) by Nagayasu Shibun, 3/2/3003. Published by Ryokufuku Publishing, Tokyo (http://www.ryokufu.com/top.html)
  130. ^ GQ JAPAN (2011年3月16日). “日本の最新LGBT事情 « GQ JAPAN”. 2013年3月23日閲覧。
  131. ^ 性同一性障害者解雇事件の判例文
  132. ^ 2012年11月22日『読売新聞』「性別変更の会社経営者、ゴルフ場に賠償請求」。
  133. ^ 2012年10月1日「伊藤文学のひとりごと」「一枚の写真―女房の久美子も若くてかわいらしい―」より。
  134. ^ a b 『「オカマ」は差別か 「週刊金曜日」の「差別表現」事件 反差別論の再構築へ』(ポット出版)。
  135. ^ a b c d e f g h i j k l 2010年10月17日「3331 Arts Chiyoda」で開催されたシンポジウム「ジェンダー・セクシュアリティの媒介」での三橋順子らの発言より。
  136. ^ 2007年12月28日放送「中居正広の金スマ!波瀾万丈スペシャル」にて。
  137. ^ a b ニコニコ動画「藤井誠二×伏見憲明らがオネエブームを斬る!」
  138. ^ 1980年代頃まで女装者やニューハーフは「ゲイボーイ」といった。比留間久夫の小説「YES YES YES」(1989年)ではトランスセクシュアル(ニューハーフ)のルルとフランソワを「ゲイボーイ」といっている。
  139. ^ 1980年代後半のゲイ雑誌「アドン」か「ざぶ」[要文献特定詳細情報]は森田健作が「オカマが増えて困るんですよ」といったことを編集後記で取り上げ批判した。森田はその直後、片岡鶴太郎の番組[要文献特定詳細情報]にゲスト出演し「男が男を愛そうがいいんですよね。そういう人がいたって」と事実上発言を撤回した。また1990年代、さんまがモノマネ番組に出て聖子のマネをしたゲイを「カマ野郎」と呼んだこともゲイ雑誌[要文献特定詳細情報]が取り上げ批判した(それぞれの出典を探しています。森田発言を批判した「アドン」か「さぶ」の号数(何年何月号)、さんま発言を批判したゲイ雑誌の名前と号数をご存知の方がいましたらお願いします。)
  140. ^ a b 三橋順子「トランスジェンダーとテレビ・メディア -操作されるイメージ-」に、「本来のゲイ業界用語である『おねえ』概念は、女装しない女性的なゲイ」とある。
  141. ^ a b c d 「オトコノコノためのボーイフレンド」(1986年発行少年社・発売雪淫社)P53「オネエコトバ」。
  142. ^ 一例として「オトコノコノためのボーイフレンド」(1986年発行少年社・発売雪淫社)P138。
  143. ^ 1996年6月18日朝日新聞。
  144. ^ 朝日新聞2014年2月4日配信「モスクワ五輪・ミーシャ生みの親“政治の場にしないで”」
  145. ^ 「「ハッテンバ」危うい密室」 朝日新聞、2012年2月1日。

注釈

  1. ^ イギリスでは男性同性愛を禁止したバガリー法(1533年、en)があり最高刑は死刑とされ、同国において男性同性愛が完全に非犯罪化されたのは1967年だった。
  2. ^ が、結婚やシビル・ユニオンと違い、税制上の優遇や相続時の効果など限定的であり、結婚の代替手段とはなっていない。同性愛カップルが養子縁組を結んでいた例として、著名人では俳優の沖雅也と評論家の日景忠男などのケースがある。
  3. ^ 日本社会党向坂逸郎東郷健に「ソビエト共産主義になればお前の病気は治ってしまう。」と発言したが、実際のソ連では同性愛は大粛清の口実の一つとなっていた。後に保坂展人が社民党として謝罪し、社会主義協会も2002年論文内で当時の発言を批判した。ただ向坂本人は自身の発言を撤回していない。[要出典]
  4. ^ しかしゲイドラマ『同窓会』の放映時間帯には、ゲイタウン新宿二丁目が閑散としたほど同ドラマにはゲイの共感者が多かった[要出典]
  5. ^ 鶏姦罪が廃止された背景には、旧刑法草案に関わった仏法学者ボアソナードによるナポレオン法典にソドミー規定がないことや、合意に基づくものは違法でないとの助言があり、司法省も同意したためだった(『矩を踰えて 明治法制史断章』(霞信彦、慶大出版会)「鶏姦罪―施行八年半の軌跡」より)。その他この期間も男色が盛んだった薩長など九州諸藩の政治的影響もあった可能性があるが未検証である[要出典]
  6. ^ 女装しない男性的なゲイ(オネエではないゲイ)もいるが、その頃彼らは可視化されていなかったため、オカマ蔑称の対象とされる以前に社会に存在しないことになっていた。
  1. ^ 国連LGBTコアグループのメンバーは、アルゼンチンブラジルクロアチアエルサルバドルフランスイスラエル、日本、オランダニュージーランドノルウェー米国の11カ国、及び国連人権高等弁務官(UNHCR)、欧州連合(EU)、さらにNGOのヒューマン・ライツ・ウォッチと国際ゲイ&レズビアン人権委員会からなる(2013年時点)。






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「日本におけるLGBTの権利」の関連用語

日本におけるLGBTの権利のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

トウヨウキセワタガイ

荒川・押切の虫の声

可変ターボ

ステファン・S・オズワルド

防噴装置

デッキプレート

滑床水源の森

カンパイ





日本におけるLGBTの権利のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本におけるLGBTの権利 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS