日本の国際関係とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 日本の国際関係の意味・解説 

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。


日本の国際関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/23 02:21 UTC 版)

日本の国際関係(にほんのこくさいかんけい)では、日本と主要な国家国際機関との関係について述べる。




  1. ^ 日本の戦後補償条約一覧」を参照。
  2. ^ アーカイブされたコピー”. 2012年11月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年7月6日閲覧。, 7 March 2011 (PDF)
  3. ^ パンフレット「日本とカナダ」
  4. ^ Ambassade du Japon au Canada: 80ième anniversaire des relations diplomatiques nippo-canadiennes. Archived 2008年5月1日, at the Wayback Machine.
  5. ^ a b Foreign Ministry of Japan: Episodes in Japan-Canada Relations.
  6. '^ Ambassade du Japon au Canada: 80 années d'histoire, Contact initial. Archived 2008年6月12日, at the Wayback Machine.
  7. ^ Numata, Sadaaki. "Japan-Canada Partnership from a Pacific Perspective," Archived 2011年7月16日, at Archive.is Embassy of Japan in Canada. October 18, 2005.
  8. ^ "Capt. Samuel Robinson, Who Won Fame For Rescue Work in Jap Quake, Dies," New York Times. September 7, 1958.
  9. ^ L'Harmattan web site (in French)
  10. ^ _____. (1922). Prominent People of the Maritime Provinces, p. 193.
  11. ^ カナダ・アメリカ合衆国ご訪問(平成21年)”. 宮内庁 (2009年6月12日). 2012年4月18日閲覧。
  12. ^ 「日本の対中ODAの総額は6兆円を軽く突破し現在も続いている」(NEWSポストセブン2010年10月27日)2013年1月6日閲覧
  13. ^ 台湾出身の黄文雄は、日中関係は「親善」ではなく「友好」であり、「呉越同舟」状態にあるという(支那の本質より)。
  14. ^ 2011年現在、国民党と民主進歩党との二大政党である。
  15. ^ 在大韓民国日本国大使館 韓国政府による日本文化開放政策 Archived 2010年11月14日, at the Wayback Machine. 2003.12.30
  16. ^ 鈴木一司 韓国における日本大衆文化の開放 2004年3月15日
  17. ^ 1996年2月29日毎日新聞記事より。
  18. ^ 牛山隆一 (2010年12月13日). “日タイ貿易、日中に勝る緊密度(アジアBiz新潮流)”. 日本経済新聞. http://www.nikkei.com/news/topic/article/g=96958A9C9381959FE3E3E2E0848DE3E1E3E0E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2;q=9694E0EAE2E1E0E2E3E2E5E0E4E4;p=9694E0EAE2E1E0E2E3E2E5E0E4E1;n=9694E0EAE2E1E0E2E3E2E5E0E4E2;o=9694E0EAE2E1E0E2E3E2E5E0E4E3 2010年12月14日閲覧。 
  19. ^ a b 町村大臣のブルネイ、ベトナム及びカンボジア訪問 (概要と評価) 外務省
  20. ^ インドネシアの警察に対する市民警察活動促進プロジェクトは、日本の交番システムなどをインドネシアにも導入し成果をあげたといわれる。草野厚『ODAの現場で考えたこと』日本放送出版協会 (2010/04)
  21. ^ 知的財産権総局を対象とした知的財産に関する法整備支援[1]や、裁判所を対象とした法整備支援など(2009年まで)インドネシア法整備支援
  22. ^ 日印首脳会談、安保共同宣言に署名”. 産経新聞. 2008年10月22日閲覧。
  23. ^ 二国間関係 - バングラデシュ人民共和国, 日本: 外務省, (2008-03), http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/bangladesh/data.html#05 2013年5月21日閲覧。 
  24. ^ Abdul Matin, Muhammad (2005), “East Asian Security: A Bangladesh Perspective”, in Sisodia, N. S.; Naidu, G. V. C., Changing Security Dynamic in Eastern Asia: Focus on Japan, Bibliophile South Asia, pp. 504–528, ISBN 81-86019-52-9 
  25. ^ Ashrafur Rahman, Syed (2005-12), “Japan's Political and Economic Goals in Bangladesh”, Asian Affairs 27 (4): 41–50, http://www.cdrb.org/journal/2005/4/3.pdf 2013年5月21日閲覧。 
  26. ^ Sri Lanka should make better use of existing trade deals: experts”. Bilaterals.org (2007年9月11日). 2013年6月8日閲覧。
  27. ^ 国名:スリランカ民主社会主義共和国 - 二国間関係”. 外務省. 2013年6月8日閲覧。
  28. ^ 外務省南西アジア課 (2010年12月). “最近のブータン情勢と日本・ブータン関係”. 外務省. 2011年10月8日閲覧。
  29. ^ このため日本人がブラジルを訪問する際には観光でもビザの取得が必要となる。
  30. ^ 一例として、韓国や中国におけるTGV導入、ベトナムにおける原子力発電所や高速鉄道計画での競争が挙げられる。出典:朝日新聞2010年1月17日付 ベトナム、原発導入急ぐ 東南アジア初、受注狙う日仏
  31. ^ 日仏航空機産業による超音速旅客機に関する共同研究について 経済産業省 2005年6月14日(PDF形式)
  32. ^ 三国干渉はドイツにとって極東進出の足がかりにするとともにロシアに極東の権益に関心を持たせることによってヨーロッパや中近東における同国の影響力を下げようという意図があった。成瀬・山田・木村(1997)、p.45
  33. ^ 成瀬・山田・木村(1997)、p.16
  34. ^ ハフナー(1989)、p.89
  35. ^ 『図説 第一次世界大戦 上』、p.165
  36. ^ ハフナー(1989)、p.89・313
  37. ^ 会議開催地は各参加国の輪番制で、(西)ドイツ開催の翌年が日本開催になっている。
  38. ^ 月報KAJIMAダイジェスト 2000 March(2000年3月号)「シリーズ100年をつくる会社(12)」 [2]
  39. ^ JAMA -JAMAGAZINE-ドイツで販売される日本車の多くはEU域内での現地生産車に限られる。
  40. ^ 松尾美江「オランダ日系2世、父捜し―インドネシア駐留兵の子ら 平戸で交流会」『朝日新聞』2008年9月10日付朝刊(長崎)、31頁。
  41. ^ 現在のEUの前身。
  42. ^ 外務省資料、ジェトロ統計より試算。
  43. ^ 製品の5割、原材料の9割がポルトガル産で、ポルトガルから唯一の日本進出企業もコルク製品メーカーである。
  44. ^ レスポンス 2011年2月12日付記事 「日産、ポルトガルで電池工場の建設に着手」
  45. ^ ソロモン諸島基礎データ | 外務省
  46. ^ ソロモンのツアー一覧 | FiveStarClub|海外ツアーの専門店ファイブスタークラブ
  47. ^ 経済産業省HP 日本とインドネシア間の「日・ASEAN包括的経済連携(AJCEP)協定」運用開始に関するお知らせ
  48. ^ 税関HP 日本国とインドネシア共和国の間の「日・ASEAN 包括的経済連携協定 (AJCEP)」の実施
  49. ^ 環太平洋パートナーシップ(TPP)協定の署名 外務省HP
  50. ^ 外務省トップページ > 会見・発表・広報 > 報道発表 > 環太平洋パートナーシップ(TPP)協定の国内手続の完了に関する通報 平成29年1月20日
  51. ^ 環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定(TPP11協定)の署名 外務省HP
  52. ^ 外務省HP トップページ > 会見・発表・広報 > 報道発表 > 環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定(TPP11協定)の国内手続の完了に関する通報
  53. ^ 外務省HP > 会見・発表・広報> 報道発表 > 経済上の連携に関する日本国と欧州連合との間の協定の署名


「日本の国際関係」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「日本の国際関係」の関連用語

日本の国際関係のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



日本の国際関係のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本の国際関係 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS