ブロック経済とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 商取引 > 経済 > ブロック経済の意味・解説 

ブロック経済

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/14 15:28 UTC 版)

ブロック経済(ブロックけいざい、英語: bloc economy)とは、世界恐慌後にイギリス連邦フランスなどの植民地を持つ国が、植民地を「ブロック」として、特恵関税を設定するための関税同盟を結び、第三国に対し高率関税や貿易協定などの関税障壁を張り巡らせて、或いは通商条約の破棄を行って、他のブロックへ需要が漏れ出さないようにすることで、経済保護した状態の経済体制


  1. ^ トヨタ自動車75年史 第1部 第1章 第4節 第4項 ハイドラフト精紡機を発売 トヨタ
  2. ^ a b c 日本の産業的発展の社会的形相 フェルナン・モーレット 国際労働局東京支部 1935年2月5日 (原文: INTERNATIONAL LABOUR OFFICE - STUDIES AND REPORTS Series B (Economic Conditions) No. 21 - SOCIAL ASPECTS OF INDUSTRIAL DEVELOPMENT IN JAPAN FERNAND MAURETTE)
  3. ^ ファッショか共産主義か 五来欣造 1933年
  4. ^ a b c 減って来た米棉の消費高 相場低落の大原因 中外商業新報 1930年6月15日
  5. ^ もし『印棉』を買わぬとしたら? 大阪朝日新聞 1933年4月16日
  6. ^ 日本綿布はダンピングだ! 数字が証明する 関税引上と印度の言い分 中外商業新報 1932年8月17日
  7. ^ a b 日印通商条約の廃棄を通告し来る ダンピング防止法の前提 我対印貿易に大打撃 大阪朝日新聞 1933年4月13日
  8. ^ Barry Eichengreen and Jeffrey Sachs(1985), "Exchange Rates and Economic Recovery in the 1930s", The Journal of Economic History[1]
  9. ^ 国境関税の一瞥 十五年の苦闘後特恵関税に均霑 京城日報 1932年3月
  10. ^ 日支関税協定正式調印 時事新報 1930年5月
  11. ^ 動く満蒙 松岡洋右 1931年7月 P.142
  12. ^ 動く満蒙 松岡洋右 1931年7月 P.189
  13. ^ a b c 偉なるかなフランス 独墺関税同盟案撤回さる 東京日日新聞 1931年9月6日
  14. ^ 昭和八年版勞働年鑑 1933年12月23日 協調会
  15. ^ 施政二十五年史 1935年10月1日 朝鮮総督府
  16. ^ 貿易調節及通商擁護ニ関スル法律施行期日ノ件 昭和九年四月二十八日勅令第百十七号
  17. ^ 日印、日濠両会商 努力の重点 大阪毎日新聞 1936年7月25日
  18. ^ 満州国の貿易統制法公布 満州日日新聞 1936年8月16日
  19. ^ 日印通商条約―英国、廃棄を通告 英商務参事官、外務省を訪問 大阪朝日新聞 1936年10月22日
  20. ^ 日印新通商協定 わが国の払った犠牲
  21. ^ 国策の悩み露呈 円ブロック輸出制限 問題の解説 東京朝日新聞 1938年11月3日
  22. ^ 日印会商 関税、当然引下へ インド船の割込み警戒 時の問題 大阪毎日新聞 1939年10月12日
  23. ^ 共同宣言による日印通商条約廃棄 大阪朝日新聞 1939年11月6日


「ブロック経済」の続きの解説一覧



ブロック経済と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ブロック経済」の関連用語

ブロック経済のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ブロック経済のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのブロック経済 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS