特恵関税とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 税金 > 関税 > 特恵関税の意味・解説 

とっ けいかんぜい とく-くわん- [5] 【特恵関税】

特定国の貨物に対して、他の国よりも低い関税課す制度。主に発展途上国に対して実施される。

特恵関税

開発途上国又は地域原産地とする特定の輸入品について、一般関税率よりも低い税率適用して、開発途上国又は地域輸出所得増大工業化促進を図り、経済発展推進ようとするもの。

※この記事は「税関」ホームページ内の「税関関係用語集」の2008年10月現在の情報を転載しております。



特恵関税と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「特恵関税」の関連用語

特恵関税のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



特恵関税のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
※この記事は「税関」ホームページ内の「税関関係用語集」の2008年10月現在の情報を転載しております。

©2019 Weblio RSS