行き着くとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 行き着くの意味・解説 

いき‐つ・く【行(き)着く】

[動カ五(四)ゆきつく


ゆき‐つ・く【行(き)着く】

[動カ五(四)

目的地に着く。到着する。いきつく。「道に迷ったすえ、やっと—・く」

事が最終的局面迎える。限界達する。いきつく。「事態は—・くところまで来た」

すっかり酒に酔う。いきつく

大臣より先へ酒に—・き」〈浮・禁短気・六〉

すっかり夢中になる。ほれこむいきつく

小田巻といふ太夫、かの男に—・いて」〈浄・嫗山姥

一面にゆきわたって付く。

白き物の—・かぬ所は、まことにくろき庭にむら消えたる心地し」〈能因本・三〉


いき‐つ・く【行着】

〔自カ五(四)

目的地たどりつく到着する。また、目ざした状態に達する。ゆきつく

大和(947‐957頃)一〇一「五条にぞ少将の家あるにいきつきてみれば」

続け精力資力等が最後ところにくる。いきづまる

浄瑠璃心中天の網島(1720)中「治兵身代いきついての金につまってなんどと」

③ すっかり酒に酔う。酔いつぶれる

浮世草子けいせい伝受紙子(1710)三「たとへ酒にいきついてもきづかい事がない」

④ 命がつきる。死ぬ。

浮世草子浮世親仁形気(1720)四「当年中にいきつく老人も見へわたれば」

(5) すっかり惚(ほ)れてしまう。心底好きになる

浄瑠璃加増曾我(1706頃)三「大磯のとらがこと、十郎めがいきついて、誰がよぶでも来ると聞」


ゆき‐つ・く【行着】

〔自カ五(四)

進んで行って目的地たどりつく到着する。いきつく

大和(947‐957頃)御巫附載やうやう近く、すざかの間に来て、この車にゆきつき、なほうたひければ」

資力気力精力などが最後のところ・段階に至る。いきつく

浮世草子商人軍配団(1712か)二「大名借の中間へ入て、おもはぬ大損をしてゆきつき」

③ すっかり酒に酔う。酔いつぶれるいきつく

浮世草子傾城色三味線(1701)京「むしゃうに飲で、かたはしから行(ユキ)つくを、すぐに床へかたづけ

④ すっかり夢中になる。ほれこむいきつく

浄瑠璃嫗山姥(1712頃)二「又同じ廓に小田巻と云太夫彼の男にゆき付て」

(5) 一面付着する。行きわたってつく。

能因本(10C終)三「顔のきぬもあらはれ、白き物のゆきつかぬ所は、まことに黒き庭にのむら消たる心ちし」



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「行き着く」の関連用語

行き着くのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



行き着くの意味のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS