心地とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 比喩 > しんじ > 心地の意味・解説 

しん‐じ〔‐ヂ〕【心地】

《「しんち」とも》仏語

心を大地にたとえていった語。

戒のこと。心にこうしようと思う意業(いごう)であるのでいう。

菩薩(ぼさつ)の修行の各階位における心のこと。

禅宗で、心の本性、すなわち心性をいう。


しん‐ち【心地】

⇒しんじ(心地)


ここ‐ち【心地】

外界からの刺激に対して起こる心の状態。心持ち気持ち気分。「心地よさそうに眠る」「生きた心地もしない

気持ち[用法]

物事対する心の持ち方。考え思慮心構え

「まだいと若き―に」〈源・空

気分悪くなること。病気

「―などのむつかしき頃、まことまことし思ひ人の言ひなぐさめたる」〈・二六五〉

(「心地する」の形で)…のようなありさま、…の感じである、という意を表す。ようす。けはい。風情

人柄のたをやぎたるに、強き心をしひて加へたれば、なよ竹の―して、さすがに折るべくもあらず」〈源・帚木

[補説] 1場合複合語の下の部分構成するときは「履きごこち」「夢見ごこち」のように「…ごこち」となる。

[下接語] (ごこち)居心地風邪(かぜ)心地・着心地座り心地旅心地・寝心地乗り心地人心地夢心地夢見心地酔い心地


しん‐じ〔‐ヂ〕【心地/芯地】

帯や洋服の襟などのにする布地。麻毛芯接着芯など多種ある。


しんじ 【心地】

仏教用語シンチとも。戒のことをいう。心の働き意業)を支えるので地という。また本性をいう。菩薩修行段階である十信十住十行・十回向十地五十位を総称して心地ともいう。心地を観じ妄想を解くことを教える経に『心地観経』(正名大乗生心観経。唐の般若訳。八巻)があり、四恩父母衆生国王三宝の恩)を説く経として有名。



心地と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「心地」の関連用語

心地のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



心地のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.

©2021 Weblio RSS