心地とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 比喩 > しんじ > 心地の意味・解説 

しん‐じ〔‐ヂ〕【心地】

《「しんち」とも》仏語

心を大地にたとえていった語。

戒のこと。心にこうしようと思う意業(いごう)であるのでいう。

菩薩(ぼさつ)の修行の各階位における心のこと。

禅宗で、心の本性、すなわち心性をいう。


しん‐ち【心地】

⇒しんじ(心地)


ここ‐ち【心地】

外界からの刺激に対して起こる心の状態。心持ち気持ち気分。「心地よさそうに眠る」「生きた心地もしない

気持ち[用法]

物事対する心の持ち方。考え思慮心構え

「まだいと若き—に」〈源・空

気分悪くなること。病気

「—などのむつかしき頃、まことまことし思ひ人の言ひなぐさめたる」〈・二六五〉

(「心地する」の形で)…のようなありさま、…の感じである、という意を表す。ようす。けはい。風情

人柄のたをやぎたるに、強き心をしひて加へたれば、なよ竹の—して、さすがに折るべくもあらず」〈源・帚木

[補説] 1場合複合語の下の部分構成するときは「履きごこち」「夢見ごこち」のように「…ごこち」となる。

[下接語] (ごこち)居心地風邪(かぜ)心地・着心地座り心地旅心地・寝心地乗り心地人心地夢心地夢見心地酔い心地


しん‐じ〔‐ヂ〕【心地/芯地】

帯や洋服の襟などのにする布地。麻毛芯接着芯など多種ある。


しんじ 【心地】

仏教用語シンチとも。戒のことをいう。心の働き意業)を支えるので地という。また本性をいう。菩薩修行段階である十信十住十行・十回向十地五十位を総称して心地ともいう。心地を観じ妄想を解くことを教える経に『心地観経』(正名大乗生心観経。唐の般若訳。八巻)があり、四恩父母衆生国王三宝の恩)を説く経として有名。

ここち

(心地 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/05 05:00 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「ここち」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「ここち」を含むページの一覧/「ここち」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「ここち」が役に立つかも知れません。

関連項目





心地と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「心地」の関連用語

心地のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



心地のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのここち (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS