感とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 動作 > 動き > の意味・解説 

かん【感】

深く心が動くこと。感動。「感に入る」

物事に接して生ずる心の動き感じ。「今さらの感は否めない」「隔世の感」「親近感

その物事の様子。「安定感」「重厚感

[補説] 23俗に、「やった感」「まったり感」「透(す)け感」など、名詞以外の下に付いて用いられることもある。


かん【感】

[音]カン(呉)(漢)

学習漢字3年

外部の物に触れ心が動く。心の動き。「感激感謝感情・感心・感想感受性哀感共感語感好感実感情感多感痛感反感予感責任感優越感

五感触れてある感じが生じる。「感覚感官感触触感体感臨場感

外部の物に触れ内部変化を生じる。「感染感電感応(かんのう)・感冒感光紙

感冒」の略。「流感


かん【感】

〔名〕

深く心に感じること。感動感慨。感心。

文華秀麗集818上・春左将軍臨況勇山文継〉「微誠有感降恩顧、欲春醪心自寛」〔陸機‐愍思賦序〕

物事にふれて起こる心の動き感じ。きもち。

凌雲集(814)渤海入朝大伴氏上〉「占水上感、就日遙思眷我堯

源氏100114頃)乙女「琴のかむならねど、あやしく物あはれなる夕かな」

神仏霊気などに心が通じてあらわれ反応感応(かんのう)。

古事談121215頃)一「是若大刀御辛樻鎰歟云々天気感」〔淮南子天文訓〕


かん‐・ず【感】

自他サ変〕 ⇒かんずる(感)


かん‐じ【感】

〔名〕 (動詞「かんずる(感)」の連用形名詞化

皮膚などが物に触れ時に生じる感覚感触触覚

吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一「スー持ち上げられた時何だふはふはした感じが有った許りである」

② 人や物事に接してそれから受ける漠然とした印象心に浮かぶ思い

浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉一「始めて出勤した時は異(おつ)な感じがした」

物事にある雰囲気(ふんいき)があること。また、その雰囲気ムード

野分(1907)〈夏目漱石〉四「今のは面白かった。〈略〉非常に感じをよく出す人だ」

④ ききめがあらわれること。また、そのききめ。効験。しるし。「のかんじ」


かん・じる【感】

サ変動詞「かんずる(感)」の上一段したもの

1⃣ 〔自ザ上一〕 =かんずる(感)(一)

良人の自白(1904‐06)〈木下尚江〉中「俊三は左まで感じ様子無く

2⃣ 〔他ザ上一〕 =かんずる(感)(二)

藪の鶯1888)〈三宅花圃〉八「交通貿易にもどの位の不利を感じるかしれん」

青年(1910‐11)〈森鴎外一一「鈍い頭痛がしてゐて、目に羞明(しうめい)を感(カン)じる」

[補注]未然形連用形の「感じ」の形はサ変場合区別しにくいので、この項には上一段であることが明らかな例だけを示した。


かん‐・ずる【感】

1⃣ 〔自サ変〕 [文]かん・ず 〔自サ変

① 心にひびく。心が強く動かされる。感動する。

宇津保(970‐999頃)俊蔭「御門おほきに驚かせ給て、かんぜしめ」

源氏100114頃)横笛「童(わらは)よりいとことなる音を吹き出でしにかんじて」

前世行為報い現われる

平家13C前)三「さればかの信施無慙の罪によって、今生に感ぜられけりとぞ見えたりける」

外物刺激を受けて反応する。

露団々1889)〈幸田露伴〉七「夕日きらきらすると、其熱に感(カン)じて、が青く顕れて」

病気感染する。

和英語林集成初版)(1867)「カゼニ kandzru(カンズル)」

2⃣ 〔他サ変〕 [文]かん・ず 〔他サ変

① 感心するほめたたえる

今昔1120頃か)二「夫、妻の言を聞て、其の心を感じて喜ぶ事、无限くして」

徒然草1331頃)二三八「その詞のあやまらざる事を、人みな感ず

② ある感情感覚をいだいたり、ある考えを浮かべたりする。心に思う。また、刺激によって身心にある感覚生ずる。

当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉五「大に感(カン)ずる所あって、僕は志を決したから」

草枕(1906)〈夏目漱石〉五「罵詈其れ自身別に痛痒感ぜぬが」


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/05 05:33 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「感」を含むページの一覧/「感」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「」が役に立つかも知れません。


出典:『Wiktionary』 (2019/02/03 13:07 UTC 版)

発音

名詞

  1. カン物事見たり聞いたりして心が動くこと。
  2. カン自ら意思関わらず、自然認識されること又はそのような認識

動詞

文語感ず/(口語感じ

  1. カン外界からの刺激感覚器官通し知覚する。
  2. カン性的快感知覚する。また性的快感得やすい体質である。
  3. カン物事に対して中にある感情気持ち表す
  4. カン)心を深く動かされる。
  5. カン病気感染する。
  6. カン感心して褒める
  7. カン前世行為報い現れる

熟語

接尾辞

  1. カン感情感じ

※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



感と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「感」に関係したコラム

  • 為替の変動要因となる経済指標の一覧

    世界各国の発表する経済指標は、為替の変動要因の1つとされています。その中でもアメリカ合衆国やEU諸国など、主要国と呼ばれる国々の発表する経済指標は、米ドル、ユーロなどの主要通貨に影響を及ぼすことがあり...

  • 株式分析の出来高移動平均線とは

    株式分析の出来高移動平均線とは、指定した期間の出来高の平均値をグラフに表したもので、相場の過熱を調べる時に用いられるテクニカル指標です。出来高移動平均は、過去n日間の出来高を合計してnで割った数値で...

  • 株式分析のサイコロジカルラインとは

    株式分析のサイコロジカルラインとは、一定期間の株価の上昇した回数と下降した回数から相場の強さを調べるためのテクニカル指標のことです。サイコロジカルラインは、次の計算式で求めることができます。計算期間を...

  • CFDの原油取引とは

    CFDの原油にはWTI原油とブレント原油があります。WTI(West Texas Intermediate)原油は、米国産の原油のことです。WTI原油スポットともいいます。スポットとは、1回限りの取引...

  • 株式やFX、CFDのギャン理論とは

    株式やFX、CFDのギャン理論とは、ウィリアム・デルバート・ギャン(William Delbert Gann)の考案した相場を張る時のルールのことです。ギャン理論は、「ギャンの価値ある28のルール(G...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「感」の関連用語

感のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



感のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの感 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS